ワークシートのデータ リストに小計を挿入する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[小計] コマンドを使用して、列のリストで小計と総計を自動的に計算できます。

重要: Excel のテーブルでは、小計はサポートされていません。 Excel のテーブルを使用している場合、[小計] コマンドは淡色表示されます。 表に小計を追加するには、最初にテーブルを標準のデータ範囲に変換してから、小計を追加する必要があります。 これにより、テーブルの書式設定を除くすべてのテーブル機能がデータから削除されることに注意してください。 または、ピボットテーブルを作成することもできます。

小計を挿入する場合:

  • 小計     SUBTOTAL 関数を使用して、合計平均など、 _ z0z_を使って計算します。 各列に複数の種類の集計関数を表示できます。

  • 総計     は、小計の値ではなく、 _ z0z_から派生しています。 たとえば、 average集計関数を使用する場合、[総計] 行には、小計行の値の平均ではなく、リスト内のすべての詳細行の平均が表示されます。

自動集計の例

ブックが自動的に数式を計算するように設定されている場合は、詳細データの編集に応じて小計と総計の値が自動的に再計算されます。 [小計] コマンドを使用すると、各小計の詳細行の表示と非表示を切り替えることができるように、リストのアウトラインも作成されます。

注: 小計を含むデータをフィルター処理すると、小計が非表示になることがあります。 それらを再び表示するには、すべてのフィルターをクリアするフィルターの適用について詳しくは、「クイックスタート: オートフィルターを使用してデータをフィルター処理する」をご覧ください。

  1. 小計を計算するデータの各列に1行目のラベルがあり、各列に同じようなファクトが含まれていること、および範囲に空白行または空白列が含まれていないことを確認してください。

  2. 範囲内のセルを選択します。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    1レベルの小計を挿入する

    次の例に示すように、データグループに対して1レベルの小計を挿入できます。

    自動集計の例

    1. "スポーツ" 列の各変更度

    2...売上列の小計を行います。

    1. グループ化するデータを含む列を並べ替えるには、その列を選び、[データ] タブの [並べ替え & フィルター ] で、[昇順で並べ替え] または [降順で並べ替え] をクリックします。

    2. [データ] タブの [アウトライン] で [小計] をクリックします。

      Outlook のリボンの画像

      [小計] ダイアログボックスが表示されます。

    3. [各変更の単位] ボックスで、小計を設定する列をクリックします。 たとえば、上の例を使用する場合は、[スポーツ] を選びます。

    4. [使用する関数] ボックスで、小計の計算に使用する集計関数をクリックします。 たとえば、上の例を使用する場合は、[合計] を選択します。

    5. [小計の追加先] ボックスで、小計を計算する値を含む各列のチェックボックスをオンにします。 たとえば、上の例を使用する場合は、[売上] を選択します。

    6. 各小計の後に自動改ページを挿入する場合は、[グループ間で改ページする] チェックボックスをオンにします。

    7. [詳細] 行の上に集計行を指定するには、[データの下に集計を表示する] チェックボックスをオフにします。 [詳細] 行の下に集計行を指定するには、[集計のデータの下] チェックボックスをオンにします。 たとえば、上の例を使用している場合は、このチェックボックスをオフにします。

    8. 必要に応じて、手順 1 ~ 7 を繰り返して、別の集計関数を使って小計をさらに追加することもできます。 既存の小計を上書きしないようにするには、[現在の小計を置き換える] チェックボックスをオフにします。

    ネストした小計のレベルを挿入する

    次の例に示すように、入れ子になった下位グループの入れ子になった下位グループの小計を挿入できます。

    外側の小計とネストした小計の例

    1. 外部の地域の列に変更があった場合

    2...その地域の売上と、内側のスポーツ列の変更ごとに小計を出します。

    1. グループ化するデータを含む列を並べ替えるには、その列を選び、[データ] タブの [並べ替え & フィルター ] で、[昇順で並べ替え] または [降順で並べ替え] をクリックします。

    2. 外側の小計を挿入します。

      外側の小計を挿入する方法

      1. [データ] タブの [アウトライン] で [小計] をクリックします。

        Outlook のリボンの画像

        [小計] ダイアログボックスが表示されます。

      2. [各変更の単位] ボックスで、外側の小計の列をクリックします。 たとえば、上の例を使用している場合は、[地域] をクリックします。

      3. [使用する関数] ボックスで、小計の計算に使用する集計関数をクリックします。 たとえば、上の例を使用する場合は、[合計] を選択します。

      4. [小計の追加先] ボックスで、小計を計算する値を含む各列のチェックボックスをオンにします。 上の例では、[売上] を選択します。

      5. 各小計の後に自動改ページを挿入する場合は、[グループ間で改ページする] チェックボックスをオンにします。

      6. [詳細] 行の上に集計行を指定するには、[データの下に集計を表示する] チェックボックスをオフにします。 [詳細] 行の下に集計行を指定するには、[集計のデータの下] チェックボックスをオンにします。 たとえば、上の例を使用している場合は、このチェックボックスをオフにします。

      7. 必要に応じて、手順 1 ~ 6 を繰り返して、別の集計関数を使用して小計を追加することもできます。 既存の小計を上書きしないようにするには、[現在の小計を置き換える] チェックボックスをオフにします。

    3. ネストした小計を挿入します。

      ネストした小計を挿入する方法

      1. [データ] タブの [アウトライン] で [小計] をクリックします。

        Outlook のリボンの画像

        [小計] ダイアログボックスが表示されます。

      2. [各変更の単位] ボックスで、[ネストした小計] 列をクリックします。 たとえば、上の例を使用する場合は、[スポーツ] を選びます。

      3. [使用する関数] ボックスで、小計の計算に使用する集計関数をクリックします。 たとえば、上の例を使用する場合は、[合計] を選択します。

        必要に応じて、その他のオプションを選びます。

      4. [現在の小計を置き換える] チェックボックスをオフにします。

    4. 前の手順を繰り返して、ネストされている小計をさらに追加します。

ヒント: 小計と総計のみの概要を表示するには、行番号の横にあるアウトライン記号(z0z_)をクリックします。 各小計の詳細行を表示または非表示にするには、[ z0z_ ] と [ z2z_ ] の記号を使用します。

  1. 小計を含む範囲内のセルを選択します。

  2. [データ] タブの [アウトライン] で [小計] をクリックします。

    Outlook のリボンの画像

  3. [小計] ダイアログボックスで、[すべて削除] をクリックします。

ページの先頭へ

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×