ワークシートのスペルをチェックする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ワークシートのテキストのスペルをチェックするには、[校閲]、[スペル チェック] の順にクリックします。

ヒント:  F7 キーを押すこともできます。

スペル チェック機能を使用するときには、次のように処理が実行されます。

  • 1 つのセルを選んでスペル チェックを実行した場合、コメント、ページのヘッダー、フッター、グラフィックスを含むワークシート全体がチェックされます。

  • 複数のセルを選んだ場合は、それらのセルのみがチェックされます。

  • 数式バー内の単語のスペル チェックを行うには、それらの単語を選びます。

注: 数式が含まれているセルのスペル チェックは行われません。

入力しながらスペルを修正する

オートコンプリートとオートコレクトでは、入力中に入力ミスを修正することができます。

既定でオンになっているオートコンプリートは、他のセルのエントリと一致させることで入力するときの精度を維持できるようにします。ただし、セル内の個々の単語はチェックしません。オートコンプリートは、数式を作成するときに便利な場合があります。

オートコレクトは、数式のテキストのエラーを修正するだけでなく、ワークシート コントロール、テキスト ボックス、グラフのラベルのエラーも修正します。使用方法を次に示します。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [文章校正] カテゴリの、[オートコレクトのオプション] をクリックし、最も可能性が高い入力ミスを確認します。

注:  ダイアログ ボックス内のテキストにオートコレクトを使用することはできません。

その他のリソース

確認することもできます。 リサーチ類義語辞典とスペル チェックおよび言語について詳しくは、翻訳します。

スペル チェック、類義語辞典、翻訳のオプション

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×