ワークシートのコントロールをグループ化、コピー、移動、または配置する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォームに追加した後、ワークシート フォームに ActiveX コントロールの移動、またはコントロールを適切に設計された、作成するのにはユーザーのわかりやすいフォーム配置] グループで、コピーすることがあります。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

コントロールをグループ化、グループ解除、または再グループ化する

1 つまたは複数のコントロールをコピーする

1 つまたは複数のコントロールを移動する

前方または後方オブジェクト積み重ね順でコントロールを移動します。

コントロールを配置して整列する

コントロールをグループ化、グループ解除、または再グループ化する

複数のコントロールをグループ化すると、コントロールを結合して 1 つのコントロールとして操作できるようになります。たとえば、グループ内のすべてのコントロールを 1 つの単位としてサイズ変更または移動できます。

注: フォーム コントロールや ActiveX コントロールは、描画ツールまたは SmartArt ツールのオブジェクト (図形や SmartArt グラフィックなど) と一緒のグループに含めることはできません。

次のいずれかの操作を行います。

コントロールをグループ化する

  1. ActiveX コントロールが含まれている場合は、次の手順を実行します。

    1. [開発] タブが表示されていることを確認します。

      [開発] タブを表示する

      1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

      2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

        リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

    2. デザイン モードで作業していることを確認します。[開発] タブの [コントロール] で ボタン イメージ (デザイン モード) をオンにします。

  2. グループ化するコントロールを選択します。詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  3. 選択項目を右クリックし、[グループ化] をポイントして、[グループ化] をクリックします。

コントロールをグループ解除する

  1. ActiveX コントロールが含まれている場合は、次の手順を実行します。

    1. [開発] タブが表示されていることを確認します。

      [開発] タブを表示する

      1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

      2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

        リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

    2. デザイン モードで作業していることを確認します。[開発] タブの [コントロール] で ボタン イメージ (デザイン モード) をオンにします。

  2. グループ化を解除するグループを選択します。詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  3. 選択項目を右クリックし、[グループ化] をポイントして、[グループ解除] をクリックします。

    1. グループを解除するには、表示されるメッセージ ボックスの [はい] をクリックします。

    2. 個別のコントロールを変更するには、目的のコントロールが使用できるようになるまで、コントロールの選択とグループ解除を続けます。

コントロールを再グループ化する

  1. ActiveX コントロールが含まれている場合は、次の手順を実行します。

    1. [開発] タブが表示されていることを確認します。

      [開発] タブを表示する

      1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

      2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

        リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

    2. デザイン モードで作業していることを確認します。[開発] タブの [コントロール] で ボタン イメージ (デザイン モード) をオンにします。

  2. グループ化されていた、コントロールのいずれかを選択します。詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  3. 選択項目を右クリックし、[グループ化] をポイントして、[再グループ化] をクリックします。

ページの先頭へ

1 つまたは複数のコントロールをコピーする

1 つまたは複数のコントロールをコピーするには、いくつかの方法があります。

注: フォーム コントロールや ActiveX コントロールは、描画ツールまたは SmartArt ツールのオブジェクト (図形や SmartArt グラフィックなど) と一緒のグループに含めることはできません。

[コピー] と [貼り付け] を使用する

  1. ActiveX コントロールが含まれている場合は、次の手順を実行します。

    1. [開発] タブが表示されていることを確認します。

      [開発] タブを表示する

      1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

      2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

        リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

    2. デザイン モードで作業していることを確認します。[開発] タブの [コントロール] で ボタン イメージ (デザイン モード) をオンにします。

  2. コントロールまたはコントロールを選択します。詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  3. コントロールの複製を 1 つ作成するには、[ホーム] タブの [クリップボード] で ボタン イメージ (コピー) をクリックし、 ボタン イメージ (貼り付け) をクリックします。

    複数の複製を作成するには、必要な数のコピーが作成されるまで貼り付けを繰り返します。

キーボードとマウスを使用する

  1. ActiveX コントロールが含まれている場合は、次の手順を実行します。

    1. [開発] タブが表示されていることを確認します。

      [開発] タブを表示する

      1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

      2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

        リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

    2. デザイン モードで作業していることを確認します。[開発] タブの [コントロール] で ボタン イメージ (デザイン モード) をオンにします。

  2. コントロールまたはコントロールを選択します。詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  3. Ctrl キーを押しながらコントロールをドラッグします。

    複数の複製を作成するには、必要な数のコピーが作成されるまでドラッグを繰り返します。

ページの先頭へ

1 つまたは複数のコントロールを移動する

1 つまたは複数のコントロールを移動するには、いくつかの方法があります。

注: フォーム コントロールや ActiveX コントロールは、描画ツールまたは SmartArt ツールのオブジェクト (図形や SmartArt グラフィックなど) と一緒のグループに含めることはできません。

マウスを使用する

  1. ActiveX コントロールが含まれている場合は、次の手順を実行します。

    1. [開発] タブが表示されていることを確認します。

      [開発] タブを表示する

      1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

      2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

        リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

    2. デザイン モードで作業していることを確認します。[開発] タブの [コントロール] で ボタン イメージ (デザイン モード) をオンにします。

  2. コントロールまたはコントロールを選択します。詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  3. コントロールの上へポインタを移動し、ポインタが十字形に変わったら、選択した 1 つまたは複数のコントロールを別の場所にドラッグします。

キーボードを使用する

  1. ActiveX コントロールが含まれている場合は、次の手順を実行します。

    1. [開発] タブが表示されていることを確認します。

      [開発] タブを表示する

      1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

      2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

        リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

    2. デザイン モードで作業していることを確認します。[開発] タブの [コントロール] で ボタン イメージ (デザイン モード) をオンにします。

  2. コントロールまたはコントロールを選択します。詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  3. 1 ピクセル単位でコントロールを移動するには、方向キーを押します。

ページの先頭へ

オブジェクトの重なり順序においてコントロールを前面または背面に移動する

描画キャンバス上のコントロールおよびその他のオブジェクトは、追加するごとに個別のレイヤとして自動的に積み重ねて配置されます。コントロールが重なっている、つまり一番上のコントロールの一部がその下のコントロールを覆っている場合、重なり順序を確認できます。

注: フォーム コントロールと ActiveX コントロールでは、描画ツールまたは SmartArt ツールのオブジェクト (図形や SmartArt グラフィック) とは異なるオブジェクト重なり順序が使用されます。

  1. ActiveX コントロールが含まれている場合は、次の手順を実行します。

    1. [開発] タブが表示されていることを確認します。

      [開発] タブを表示する

      1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

      2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

        リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

    2. デザイン モードで作業していることを確認します。[開発] タブの [コントロール] で ボタン イメージ (デザイン モード) をオンにします。

  2. コントロールを選択します。詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  3. 選択内容を右クリックし、[順序] をポイントして、次のいずれかの操作を行います。

    1. コントロールを重なり順序の 1 つ上のレイヤに移動するには、[前面へ移動] をクリックします。

    2. コントロールを重なり順序の一番上のレイヤに移動するには、[最前面へ移動] をクリックします。

    3. コントロールを重なり順序の 1 つ下のレイヤに移動するには、[背面へ移動] をクリックします。

    4. コントロールを重なり順序の一番下のレイヤに移動するには、[最背面へ移動] をクリックします。

ページの先頭へ

コントロールを配置して整列する

重要: 次の手順を実行するには、[描画ツール] タブの [配置] ボタンのメニューをクイック アクセス ツールバーに追加する必要があります。

クイック アクセス ツールバーに [描画ツール] タブから [整列] ボタンのメニューを追加します。

  1. クイック アクセス ツールバーの横の矢印をクリックし、[その他のコマンド] をクリックします。

  2. [コマンドの選択] の [すべてのコマンド] をクリックします。

  3. 一覧で、 ボタン イメージ (配置) を選択します。

  4. [追加] をクリックし、[OK] をクリックします。

注: フォーム コントロールや ActiveX コントロールは、SmartArt ツールのオブジェクト (図形や SmartArt など) と一緒のグループに含めることはできません。

すべてのコントロールをグリッドまたは図形に揃えて配置する

次のいずれかの操作を行います。

  • すべてのオブジェクトをセルの左上隅に揃えるには、クイック アクセス ツールバーボタン イメージ (配置) の横の矢印をクリックし、 ボタン イメージ (グリッド線に合わせる) をクリックします。

    位置合わせ機能は、枠線がオンとオフのどちらであるかに応じて機能します。Alt キーを押しながらコントロールまたはオブジェクトを移動することで、コントロールをセルの枠線に揃えることもできます。

  • コントロールを移動または描画するときに、他の図形の水平方向および垂直方向の端に自動的に揃えるには、クイック アクセス ツールバーボタン イメージ (配置) の横の矢印をクリックし、 ボタン イメージ (図形に位置を合わせる) をクリックします。

端を基準にしてコントロールを配置する

重要: コントロールを配置すると、相互に重なって表示されることがあります。コントロールを配置するコマンドを実行する前に、意図したとおりにコントロールを相対的に配置します。

  1. ActiveX コントロールが含まれている場合は、次の手順を実行します。

    1. [開発] タブが表示されていることを確認します。

      [開発] タブを表示する

      1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

      2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

        リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

    2. デザイン モードで作業していることを確認します。[開発] タブの [コントロール] で ボタン イメージ (デザイン モード) をオンにします。

  2. コントロールを選択します。詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  3. コントロールを配置するには、クイック アクセス ツールバーボタン イメージ (配置) の横の矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    1. 一番上のコントロールを基準にしてコントロールを配置するには、 ボタン イメージ (上揃え) をクリックします。

    2. 一番下のコントロールを基準にしてコントロールを配置するには、 ボタン イメージ (下揃え) をクリックします。

    3. 左端のコントロールを基準にしてコントロールを配置するには、 ボタン イメージ (左揃え) をクリックします。

    4. 右端のコントロールを基準にしてコントロールを配置するには、 ボタン イメージ (右揃え) をクリックします。

コントロールを水平方向または垂直方向に揃えて配置する

  1. ActiveX コントロールが含まれている場合は、次の手順を実行します。

    1. [開発] タブが表示されていることを確認します。

      [開発] タブを表示する

      1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

      2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

        リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

    2. デザイン モードで作業していることを確認します。[開発] タブの [コントロール] で ボタン イメージ (デザイン モード) をオンにします。

  2. コントロールを選択します。詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  3. コントロールを配置するには、クイック アクセス ツールバーボタン イメージ (配置) の横の矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    1. コントロールを水平方向に揃えて配置するには、 ボタン イメージ (上下中央揃え) をクリックします。

    2. コントロールを垂直方向に揃えて配置するには、 ボタン イメージ (左右中央揃え) をクリックします。

コントロールを左右または上下に整列する

  1. ActiveX コントロールが含まれている場合は、次の手順を実行します。

    1. [開発] タブが表示されていることを確認します。

      [開発] タブを表示する

      1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

      2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

        リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

    2. デザイン モードで作業していることを確認します。[開発] タブの [コントロール] で ボタン イメージ (デザイン モード) をオンにします。

  2. 少なくとも 3 つのコントロールを選択します。詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  3. コントロールを整列するには、クイック アクセス ツールバーボタン イメージ (配置) の横の矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    1. コントロールの左右の間隔が均等になるように整列するには、 ボタン イメージ (左右に整列) をクリックします。

    2. コントロールの上下の間隔が均等になるように整列するには、 ボタン イメージ (上下に整列) をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×