ワークシートに行頭文字を挿入する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

空白セルを選択し、[挿入] タブの [記号と特殊文字] をクリックします。ダイアログボックスの下部にある [文字コード] ボックスに「 2022 」と入力します。[挿入]、[閉じる] の順にクリックします。新しい行の下に別の箇条書きが必要な場合は、「ALT + ENTER」と入力し、プロセスを繰り返します。

ヒント

  • キーボードの右側にテンキーがある場合は、ALT + 7 キーを押して行頭文字を入力します。

  • さまざまなフォントで異なる記号を使用できます。フォントに行頭文字が入力されていない場合は、[記号と特殊文字] ダイアログボックスで Wingdings などのフォントを選択してみてください。次に、文字コード159を入力します。

  • Word などの別のプログラムから箇条書きリストをコピーして貼り付けることができます。既定では、各行頭文字は独自のセルに配置されます。ただし、セルをダブルクリックして、リスト全体をセルに貼り付けることもできます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×