ワークシートにグループ ボックスまたはフレーム コントロールを追加する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

グループ ボックスまたはフレーム コントロールを使用すると、関連する複数のコントロール (オプション ボタン、チェック ボックス、密接に関連している内容など) を 1 つの視覚的な単位にまとめることができます。

グループ ボックスとフレーム コントロールは、複数のオプション ラベルが設定された四角形のオブジェクトです。グループ ボックスまたはフレーム コントロールを使用することにより、1 つのフォーム内の関連する複数の項目を視覚的に 1 つにまとめることができます。たとえば、受注アプリケーションでは、得意先の名前、住所、取引先企業番号をグループ化できます。また、注文書では、選択可能な項目の一覧をグループすることもできます。

グループ ボックス (フォーム コントロール)

[フォーム] グループ ボックス コントロールの例

フレーム コントロール (ActiveX コントロール)

ActiveX グループ ボックス コントロールの例

使用するコントロールの種類を指定してください。

  1. [開発] タブが使用可能であることを確認します。

    [開発] タブを表示する

    1. [ファイル]、[オプション]、[リボンのユーザー設定] の順にクリックします。

    2. [リボンのユーザー設定] で、ドロップダウンリストから [メインタブ] をクリックします。

    3. [開発] チェックボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。

    4. デザインモードになっていることを確認します。[開発] タブで、[デザインモード ボタン イメージ ] をクリックします。

  2. [開発] タブの [挿入] をクリックし、[フォームコントロール] の [グループボックス ボタン イメージ ] をクリックします。

    [コントロール] グループ

  3. ワークシートで、グループ ボックスを配置するセルをクリックします (このセルは、表示されるグループ ボックスの左上隅になります)。

  4. グループ ボックスの境界の内側に、関連するコントロールを配置します。

    次に示すのは、その例です。

    1. チェック ボックス (たとえば、購入用の関連する商品の一覧)

    2. ラベルおよびテキスト ボックス (たとえば、名前と住所の情報)

    3. 相互に排他的な選択肢の集まりを表すオプション ボタン (たとえば、大、中、小)

  5. コントロールのプロパティを指定するには、コントロールを右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  1. [開発] タブが使用可能であることを確認します。

    [開発] タブを表示する

    1. [ファイル]、[オプション]、[リボンのユーザー設定] の順にクリックします。

    2. [リボンのユーザー設定] で、ドロップダウンリストから [メインタブ] をクリックします。

    3. [開発] チェックボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。

    4. デザインモードになっていることを確認します。[開発] タブで、[デザインモード ボタン イメージ ] をクリックします。

  2. [開発] タブの [挿入] をクリックし、[ ActiveX コントロール] の [その他のコントロール ボタン イメージ ] をクリックします。

    [コントロール] グループ

  3. [コントロールの選択] ダイアログ ボックスで、コンピュータで使用できるコントロールの一覧の [Microsoft Forms 2.0 Frame] をクリックします。

  4. ワークシートで、フレーム コントロールを配置するセルをクリックします (このセルは、表示されるフレーム コントロールの左上隅になります)。

  5. コントロールのプロパティを指定するには、[開発] タブの [プロパティ ボタン イメージ ] をクリックします。

    ヒント: コントロールを右クリックし、[プロパティ] をクリックすることもできます。

    [プロパティ] ダイアログボックスが表示されます。各プロパティの詳細については、プロパティを選択し、F1 キーを押して Visual Basic のヘルプトピックを表示します。Visual Basic の [検索] ボックスにプロパティ名を入力することもできます。

    次の表は、使用可能なプロパティを機能カテゴリ別にまとめたものです。

指定する対象

使用するプロパティ

全般:

ブックを開いたときにコントロールが読み込まれるかどうか (ActiveX コントロールの場合は無視されます)

AutoLoad (Excel)

コントロールがフォーカスを取得できるかどうか、およびユーザーの操作で発生したイベントに対して応答できるかどうか

Enabled (フォーム)

コントロールを編集できるかどうか

Locked (フォーム)

コントロールの名前

Name (フォーム)

コントロールとその下に位置するセルとの連結方法 (自由に移動できる、移動できるがサイズ変更できない、または移動もサイズ変更も可能)

Placement (Excel)

コントロールを印刷できるかどうか

PrintObject (Excel)

コントロールが表示されるかどうか

Visible (フォーム)

文字列:

フォントの属性 (太字、斜体、サイズ、取り消し線、下線、および太さ)

BoldItalicSizeStrikeThroughUnderlineWeight (フォーム)

コントロールの上に表示する、コントロールを識別または説明するための説明テキスト

Caption (フォーム)

サイズと位置:

高さまたは幅 (ポイント単位)

HeightWidth (フォーム)

コントロールからワークシートの左端または上端までの距離

LeftTop (フォーム)

書式:

背景色

BackColor (フォーム)

枠線の色

BorderColor (フォーム)

前景色

ForeColor (フォーム)

コントロールに影を適用するかどうか

Shadow (Excel)

枠線の外観 (なし、浮き出し、くぼみ、枠囲み、またはバンプ)

SpecialEffect (フォーム)

イメージ:

コントロールに表示するビットマップ

Picture (フォーム)

背景の画像の位置 (左上、右上、中央など)

PictureAlignment (フォーム)

コントロールでの背景の画像の表示方法 (トリミング、引き伸ばし、またはズーム)

PictureSizeMode (フォーム)

画像の複数のコピーをコントロールに並べて表示するかどうか

PictureTiling (フォーム)

キーボードとマウス:

ユーザー設定のマウス アイコン

MouseIcon (フォーム)

特定のオブジェクトの上にマウスを置いたときに表示されるポインタの種類 (標準、矢印、I ビームなど)

MousePointer (フォーム)

フレームに固有の設定:

使用する枠線の種類 (なしまたは単一線)

BorderStyle (フォーム)

コントロールに垂直スクロール バー、水平スクロール バー、またはその両方を表示するかどうか

ScrollBars (フォーム)

ユーザーがフレームまたはページ上の最後のコントロールの外に移動したときの処置 (すべてのフォームまたは現在のフォーム)

Cycle (フォーム)

必要でないときにもスクロール バーを表示したままにするかどうか

KeepScrollBarsVisible (フォーム)

スクロール バーを移動することにより表示できる領域全体の高さまたは幅 (ポイント単位)

ScrollHeightScrollWidth (フォーム)

フレームの左端または上端から論理的なフォームの左端または上端までの距離 (ポイント単位)

ScrollLeftScrollTop (フォーム)

フレーム内のイメージのサイズを変更できる比率

Zoom (フォーム)

注: 

  • フレーム コントロールを頻繁に使用する場合は、"保存済みコントロール" ワークシートに追加し、再利用できるようにワークシートを保存してください。次回からは、フレーム コントロールが必要になったときは、そのワークシートを開き、編集しているワークシート フォームにフレーム コントロールをコピーします。

  • フレーム内のすべてのオプション ボタンは、既定では相互に排他的です。

  • フレーム内でトグル ボタンを使用して、関連するグループから 1 つ以上の項目を選択することもできます。たとえば、選択可能な項目の一覧を含む注文フォームを作成する際に、各項目の前にトグル ボタンを付けることができます。

使用するコントロールの種類を指定してください。

  1. [開発] タブが使用可能であることを確認します。

    [開発] タブを表示する

    1. [Microsoft Office ボタン] Office ボタンの画像 をクリックしてから、[Excel のオプション] をクリックします。

    2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

  2. [開発] タブの [コントロール] で [挿入] をクリックし、[フォーム コントロール] の ボタン イメージ (グループ ボックス) をクリックします。

    [コントロール] グループ

  3. ワークシートで、グループ ボックスを配置するセルをクリックします (このセルは、表示されるグループ ボックスの左上隅になります)。

  4. グループ ボックスの境界の内側に、関連するコントロールを配置します。

    次に示すのは、その例です。

    1. チェック ボックス (たとえば、購入用の関連する商品の一覧)

    2. ラベルおよびテキスト ボックス (たとえば、名前と住所の情報)

    3. 相互に排他的な選択肢の集まりを表すオプション ボタン (たとえば、大、中、小)

  5. コントロールのプロパティを指定するには、コントロールを右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  1. [開発] タブが表示されていない場合は表示します。

    [開発] タブを表示する

    1. [Microsoft Office ボタン] Office ボタンの画像 をクリックしてから、[Excel のオプション] をクリックします。

    2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

  2. [開発] タブの [コントロール] で [挿入] をクリックし、[ActiveX コントロール] の ボタン イメージ (コントロールの選択) をクリックします。

    [コントロール] グループ

  3. [コントロールの選択] ダイアログ ボックスで、コンピュータで使用できるコントロールの一覧の [Microsoft Forms 2.0 Frame] をクリックします。

  4. ワークシートで、フレーム コントロールを配置するセルをクリックします (このセルは、表示されるフレーム コントロールの左上隅になります)。

  5. ActiveX コントロールを編集するには、デザインモードになっていることを確認します。[開発] タブの [コントロール] グループで、[デザインモード ボタン イメージ ] をオンにします。

  6. コントロールのプロパティを指定するには、[開発] タブの [コントロール] で ボタン イメージ (プロパティ) をクリックします。

    ヒント: コントロールを右クリックし、[プロパティ] をクリックすることもできます。

    [プロパティ] ダイアログボックスが表示されます。各プロパティの詳細については、プロパティを選択し、F1 キーを押して Visual Basic のヘルプトピックを表示します。Visual Basic の [検索] ボックスにプロパティ名を入力することもできます。

    次の表は、使用可能なプロパティを機能カテゴリ別にまとめたものです。

指定する対象

使用するプロパティ

全般:

ブックを開いたときにコントロールが読み込まれるかどうか (ActiveX コントロールの場合は無視されます)

AutoLoad (Excel)

コントロールがフォーカスを取得できるかどうか、およびユーザーの操作で発生したイベントに対して応答できるかどうか

Enabled (フォーム)

コントロールを編集できるかどうか

Locked (フォーム)

コントロールの名前

Name (フォーム)

コントロールとその下に位置するセルとの連結方法 (自由に移動できる、移動できるがサイズ変更できない、または移動もサイズ変更も可能)

Placement (Excel)

コントロールを印刷できるかどうか

PrintObject (Excel)

コントロールが表示されるかどうか

Visible (フォーム)

文字列:

フォントの属性 (太字、斜体、サイズ、取り消し線、下線、および太さ)

BoldItalicSizeStrikeThroughUnderlineWeight (フォーム)

コントロールの上に表示する、コントロールを識別または説明するための説明テキスト

Caption (フォーム)

サイズと位置:

高さまたは幅 (ポイント単位)

HeightWidth (フォーム)

コントロールからワークシートの左端または上端までの距離

LeftTop (フォーム)

書式:

背景色

BackColor (フォーム)

枠線の色

BorderColor (フォーム)

前景色

ForeColor (フォーム)

コントロールに影を適用するかどうか

Shadow (Excel)

枠線の外観 (なし、浮き出し、くぼみ、枠囲み、またはバンプ)

SpecialEffect (フォーム)

イメージ:

コントロールに表示するビットマップ

Picture (フォーム)

背景の画像の位置 (左上、右上、中央など)

PictureAlignment (フォーム)

コントロールでの背景の画像の表示方法 (トリミング、引き伸ばし、またはズーム)

PictureSizeMode (フォーム)

画像の複数のコピーをコントロールに並べて表示するかどうか

PictureTiling (フォーム)

キーボードとマウス:

ユーザー設定のマウス アイコン

MouseIcon (フォーム)

特定のオブジェクトの上にマウスを置いたときに表示されるポインタの種類 (標準、矢印、I ビームなど)

MousePointer (フォーム)

フレームに固有の設定:

使用する枠線の種類 (なしまたは単一線)

BorderStyle (フォーム)

コントロールに垂直スクロール バー、水平スクロール バー、またはその両方を表示するかどうか

ScrollBars (フォーム)

ユーザーがフレームまたはページ上の最後のコントロールの外に移動したときの処置 (すべてのフォームまたは現在のフォーム)

Cycle (フォーム)

必要でないときにもスクロール バーを表示したままにするかどうか

KeepScrollBarsVisible (フォーム)

スクロール バーを移動することにより表示できる領域全体の高さまたは幅 (ポイント単位)

ScrollHeightScrollWidth (フォーム)

フレームの左端または上端から論理的なフォームの左端または上端までの距離 (ポイント単位)

ScrollLeftScrollTop (フォーム)

フレーム内のイメージのサイズを変更できる比率

Zoom (フォーム)

注: 

  • フレーム コントロールを頻繁に使用する場合は、"保存済みコントロール" ワークシートに追加し、再利用できるようにワークシートを保存してください。次回からは、フレーム コントロールが必要になったときは、そのワークシートを開き、編集しているワークシート フォームにフレーム コントロールをコピーします。

  • フレーム内のすべてのオプション ボタンは、既定では相互に排他的です。

  • フレーム内でトグル ボタンを使用して、関連するグループから 1 つ以上の項目を選択することもできます。たとえば、選択可能な項目の一覧を含む注文フォームを作成する際に、各項目の前にトグル ボタンを付けることができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×