ワークシートにイメージ コントロールを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

イメージ コントロールを使用すると、ビットマップ、JPEG、GIF などの画像を埋め込んで、会社のロゴやクリップ アートなどを表示できます。

  1. [開発] タブが表示されていない場合は表示します。

    [開発] タブを表示する

    1. [ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックして、[リボンのユーザー設定] をクリックします。

    2. [メイン タブ] の [開発] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

  2. [開発] タブの [コントロール] で [挿入] をクリックし、[ActiveX コントロール] の ボタンの画像 [イメージ] をクリックします。

    [コントロール] グループ

  3. ワークシートで、イメージ コントロールを配置するセルをクリックします (このセルは、表示されるイメージ コントロールの左上隅になります)。

  4. 選択されていない場合は、[開発] タブの [コントロール] で ボタンの画像 [デザイン モード] をオンにします。

  5. 同じタブとグループで ボタンの画像 [プロパティ] をクリックします。

    ヒント: コントロールを右クリックし、[プロパティ] をクリックすることもできます。

    [プロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。イメージを追加するには、[ピクチャ] ボックスの横にある [ビルド] ボタンの画像 をクリックし、[ピクチャの読み込み] ダイアログ ボックスを使用してイメージを見つけて開きます。

    各プロパティの詳細を確認するには、プロパティを選択し、F1 キーを押して Visual Basic のヘルプのトピックを表示します。Visual Basic ヘルプの [検索] ボックスにプロパティ名を入力することもできます。用意されているプロパティの概要を次に示します。

    機能カテゴリ別のプロパティの概要

指定する対象

使用するプロパティ

全般:

ブックを開いたときにコントロールが読み込まれるかどうか (ActiveX コントロールの場合は無視されます)。

AutoLoad (Excel)

コントロールがフォーカスを取得できるかどうか、およびユーザーの操作で発生したイベントに対して応答できるかどうか

Enabled (フォーム)

コントロールを編集できるかどうか

Locked (フォーム)

コントロールの名前

Name (フォーム)

コントロールとその下に位置するセルとの連結方法 (自由に移動できる、移動できるがサイズ変更できない、または移動もサイズ変更も可能)

Placement (Excel)

コントロールを印刷できるかどうか

PrintObject (Excel)

コントロールが表示されるかどうか

Visible (フォーム)

サイズと位置:

すべての内容が表示されるようにコントロールのサイズが自動的に調整されるかどうか

AutoSize (フォーム)

高さまたは幅 (ポイント単位)

HeightWidth (フォーム)

コントロールからワークシートの左端または上端までの距離

LeftTop (フォーム)

書式:

背景色

BackColor (フォーム)

背景のスタイル (透明または不透明)

BackStyle (フォーム)

枠線の色

BorderColor (フォーム)

枠線の種類 (なしまたは単一線)

BorderStyle (フォーム)

コントロールに影を適用するかどうか

Shadow (Excel)

枠線の外観 (なし、浮き出し、くぼみ、枠囲み、またはバンプ)

SpecialEffect (フォーム)

イメージ:

コントロールに表示するビットマップ

Picture (フォーム)

背景の画像の位置 (左上、右上、中央など)

PictureAlignment (フォーム)

コントロールでの背景の画像の表示方法 (トリミング、引き伸ばし、またはズーム)

PictureSizeMode (フォーム)

画像の複数のコピーをコントロールに並べて表示するかどうか

PictureTiling (フォーム)

キーボードとマウス:

ユーザー設定のマウス アイコン

MouseIcon (フォーム)

特定のオブジェクトの上にマウスを置いたときに表示されるポインターの種類 (標準、矢印、I ビームなど)

MousePointer (フォーム)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×