ワークシートでコントロール用のマクロを追加または編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォームと ActiveX コントロールの場合は、次の操作を行います。

  • フォーム コントロールにマクロを割り当てて、ユーザーがフォーム コントロールをクリックしたときに特定のアクションまたは操作が実行されるようにする。

  • ユーザーは、ActiveX コントロールと対話するときに発生するイベントを処理するに、Microsoft の Visual Basic for Applications (VBA) コードを実行します。

マクロを作成する方法の詳細については、作成または削除するマクロを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

フォーム コントロール用のマクロを追加または更新

追加または ActiveX コントロール用のマクロを編集します。

フォーム コントロール用のマクロを追加または編集する

  1. コントロールを右クリックし、[マクロの登録] をクリックします。

    [マクロの登録] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. 既存のマクロの場所を指定するには、次のいずれかの操作を行って、[マクロの保存先] ボックスでマクロの場所を選択します。

    • 開いているブック内でマクロを検索するには、開いているすべてのブックを選択します。

      注: コントロールに割り当てるマクロが別のブック内にある場合は、最初にそのブックを開いて、[マクロの保存先] ボックスで使用できるようにします。

    • 現在のワークシートが含まれているブック内だけでマクロを検索するには、[作業中のブック] をクリックします。

    • 指定したブック内だけでマクロを検索するには、使用可能な開いているブック名の一覧で、そのブックをクリックします。

  3. 次のいずれかを実行します。

    マクロを割り当てる    次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいマクロを記録   レコード] をクリックし、[コード] グループで [開発] タブで、マクロの記録が完了したら、[記録終了 ボタン イメージ ] をクリックします。

    • 既存のマクロを割り当てる    一覧でマクロをダブルクリックするか、[マクロ名] ボックスにマクロ名を入力します。

    • 新しいマクロを作成する    [新規作成] をクリックし、Visual Basic エディターで新しいマクロを作成します。

      マクロの作成方法の詳細については、Visual Basic のヘルプを参照してください。

      割り当て済みのマクロを変更する    次のいずれかの操作を行います。

    • 割り当て済みのマクロを編集する    [マクロ名] ボックスでマクロの名前をクリックし、[編集] をクリックします。

    • 別の既存マクロを割り当てる    一覧でマクロをダブルクリックするか、[マクロ名] ボックスにマクロ名を入力します。

ページの先頭へ

ActiveX コントロール用のマクロを追加または編集する

  1. [開発] タブが表示されていない場合は表示します。

    [開発] タブを表示する

    1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

    2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

  2. ActiveX コントロールを編集するために、デザイン モードで作業していることを確認します。[開発] タブの [コントロール] で ボタン イメージ (デザイン モード) をオンにします。

  3. コントロールを選択します。

    詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  4. [開発] タブの [コントロール] グループで、[コードの表示 ボタン イメージ ] をクリックします。

    注: コントロールを右クリックし、[コードの表示] をクリックして、既存のマクロを編集することもできます。

  5. Visual Basic エディターで、新しいマクロを作成するか、既存のマクロを変更します。

    マクロの作成方法の詳細については、Visual Basic のヘルプを参照してください。

  6. マクロの作成が完了したら、Visual Basic エディタで、[ファイル] メニューの [終了して Microsoft Excel へ戻る] をクリックします。

  7. [開発] タブで、コントロールのデザインが完了したら [コントロール] グループで、デザイン モード ボタン イメージ オフにします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×