ワイルドカード文字の例

ワイルドカード文字の例

特定の項目を検索するときに正確な綴りを思い出せない場合は、クエリでワイルドカード文字を使用します。

ワイルドカード文字はテキスト値の中の不明な文字を表し、類似したデータを持つ複数の項目を検索する場合に便利です。また、指定したパターン マッチに基づいてデータを取得する場合もワイルドカードを利用できます。たとえば、中央 1 丁目の「和明」という名前の人物を全員検索する場合などです。

クエリの詳細については、「クエリの概要」を参照してください。

Access クエリでのワイルドカード文字の使用例をいくつか示します。

文字

説明

使用例

*

任意の数の文字と一致します。アスタリスク (*) は文字列のどの場所でも使用できます。

wh* では、white や why は検索されますが、awhile や watch は検索されません。

?

指定した場所の任意の 1 文字と一致します。

b?ll では、ball 、bell、bill が検索されます。

[ ]

角かっこ内の 1 文字と一致します。

b[ae]ll では、ball と bell は検索されますが、bill は検索されません。

!

角かっこ内の文字以外と一致します。

b[!ae]ll では、bill と bull は検索されますが、ball や bell は検索されません。

Like “[!a]*” では、文字 a で始まらない項目がすべて検索されます。

-

範囲内の任意の文字と一致します。この範囲は、Z から A ではなく A から Z と昇順で指定してください。

b[a-c]d では、bad、bbd、bcd が検索されます。

#

任意の 1 つの数字と一致します。

1#3 では、103、113、123 が検索されます。

詳細については、「クエリに抽出条件を適用する」を参照してください。

式でのワイルドカード文字のパターン マッチの使用例

ワイルドカード文字をパターンで使用するには、次の手順に従います。

  1. クエリをデザイン ビューで開きます。

  2. 目的のフィールドの [抽出条件] 行で、抽出条件の前に演算子 Like を入力します。

  3. 抽出条件の 1 つ以上の文字をワイルドカード文字に置き換えます。たとえば「Like R?308021」と入力すると、RA308021、RB308021 などが検索されます。

  4. [デザイン] タブの [実行] をクリックします。

式で使用できるワイルドカードのパターン例をいくつか示します。

検索対象

? または _ (アンダースコア)

任意の 1 文字

* または %

0 文字以上の文字列

#

任意の半角の数字 (0 ~ 9)

[charlist]

引数 charlist に含まれる任意の全角または半角の 1 文字

[!charlist]

引数 charlist に含まれない任意の全角または半角の 1 文字

[a-zA-Z0-9]

任意の英数字

[A-Z]

A から Z の範囲内の任意の大文字

注: 文字の範囲を指定するときは、文字を昇順で指定する必要があります。たとえば、[Z-A] は有効なパターンではありません。


基本的な内容については、「式を作成する」を参照してください。

疑問符 (?)、シャープ記号 (#)、アスタリスク (*) などの特殊文字を検索するには、これらの文字を角かっこで囲みます。

CHARLIST 関数は 1 つ以上の文字を検索し、数値など ANSI 文字セットのほとんどすべての文字を含めることができます。CHARLIST を角かっこ ([ ]) で囲みワイルドカード文字を使用して、より限定された検索を実行できます。

文字の範囲を指定するには、CHARLIST でハイフン (-) を使用して、範囲の上限と下限を区切ります。

ハイフン (-) を検索するには、ハイフンを CHARLIST の先頭または終わりに指定します (感嘆符が使われている場合は、感嘆符の後ろ)。それ以外の場所では、ハイフンは ANSI 文字の範囲を表します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×