ワイルドカードによる文字列の比較

パターン マッチングには、文字列の比較を行うためのさまざまな機能が組み込まれています。 次の表は、Like 演算子で使用できるワイルドカードと、それらに一致する文字または数字を示したものです。

引数 pattern 中の文字

引数 expression 中で一致する文字または数字

? または _ (アンダースコア)

任意の 1 文字

* または %

0 文字以上の文字列

#

1 文字の半角数字 (0 ~ 9)

[charlist]

引数 charlist に含まれる全角または半角の 1 文字

[!charlist]

引数 charlist に含まれない全角または半角の 1 文字


角かっこ ([ ]) で囲まれた 1 文字以上の文字 (charlist) を使用して、expression 中の任意の 1 文字に一致させることができ、charlist には、ほとんどすべての ANSI 文字セットの文字 (数字を含む) を指定できます。 また、特殊文字の開き角かっこ ([)、疑問符 (?)、シャープ記号 (#)、アスタリスク (*) を角かっこの中に指定して、特殊文字そのものの一致を確認することができます。 閉じ角かっこ (]) を指定することはできませんが、角かっこの外側で単独の文字として指定することはできます。

さらに、charlist には、角かっこの中に単に文字を羅列するだけでなく、一定範囲の文字を指定することもできます。範囲を指定するには、範囲の最初の文字と最後の文字の間にハイフン (-) を追加します。 たとえば、pattern に [A-Z] を指定すると、expression 中の対応する文字の位置に、A ~ Z の範囲の大文字がある場合に一致していることになります。 複数の範囲を角かっこ内に指定することもできます。この場合、区切り記号は必要ありません。 たとえば、[a-zA-Z0-9] は任意の英数字に一致します。

Microsoft Access データベース エンジンおよび Access OLE DB プロバイダーを使用している場合には、ANSI SQL のワイルドカード (% と _) のみ使用可能であることに注意してください。 Access や DAO で使用する場合は、リテラルとして取り扱われます。

パターン マッチングに関する重要な規則としては、これ以外に次のようなものがあります。

  • 感嘆符 (!) を charlist の先頭に置くと、expression の中に含まれる charlist 以外の文字との一致を確認します。 角かっこの外側に置くと、感嘆符そのものとの一致を確認します。

  • charlist の先頭 (感嘆符を指定している場合にはその直後) または末尾に記述すると、ハイフンそのものとの一致を確認します。 それ以外の場所では、ハイフンは ANSI 文字の範囲を表します。

  • 文字の範囲を指定するときは、文字を昇順 (A-Z または 0-100) で指定する必要があります。 [A-Z] は正しいパターンですが、[Z-A] は誤っています。

  • 角かっこ ([ ]) の中を省略すると、長さ 0 の文字列 ("") を指定したとみなされます。



スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×