レポート ビューを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Project Server 2010では、ビジネス インテリジェンスのニーズをサポートする、リッチ カスタム レポート環境を提供します。いくつかの既定のレポート ビューおよびテンプレートが含まれているProject Server 2010がインストールされているし、サイト管理者は、組織のニーズに合わせてレポートのビューを作成する基盤としてそのテンプレートを使用することができます。

この記事の内容

どのような既定のレポートのビューを使えますか。

既定のビューのレポートを表示します。

テンプレートを使用してカスタム レポート ビューを作成します。

使用可能な既定のレポート ビュー

Project Server 2010には、既定のデータを分析するプロジェクトを使用できるビューのレポートのセットが含まれています。次の表では、既定のビューについて説明します。

Report Name/レポート名

説明

容量のレポート

このレポートでは、任意のリソース セットに対する割り当て済みの作業と残りの利用可能時間を月単位でグラフィカルに確認できます。

懸案事項およびリスク

このレポートでは、懸案事項とリスクの概要を確認できます。

リソースの状態をプログラムを終了します。

このレポートでは、簡単にどのリソースが一連のプロジェクトを終了する予定であるかを確認したり、それらのリソースに割り当てられている作業がどの程度残っているかを確認したりできます。

この月期限マイルス トーン

このレポートでは、一連のプロジェクトについて、今月が期限であるマイルストーンの一覧を取得できます。

タイムシートの実績作業時間

このレポートでは、タイムシート経由で提出された内容を確認できます。

タイムシートの監査

このレポートでは、タイムシート プロセスにおいてエントリのあるタイミングを監査できます。

ワークフローのグラフのデータ

このレポートでは、ステージおよびフェーズ単位で、パイプラインに含まれるプロジェクト数のスナップショットを確認できます。

プロジェクト データの先頭へ

このレポートでは、ポートフォリオに含まれるプロジェクトのうち、コスト、社員など会社のリソース消費量が多いプロジェクトの一覧を取得できます。

ワークフローのドリル ダウン データ

このレポートでは、プロジェクトの各ステージの開始日時、プロジェクトの所有者、およびプロジェクトの状況についての情報を取得して、プロジェクトを詳細に分析できます。

プロジェクトの一覧を拒否します。

このレポートには、ワークフロー中に拒否または取り消されたプロジェクトの一覧が含まれます。

単純なプロジェクト リスト

このレポートでは、現在パイプラインにあるすべてのプロジェクト (提案、継続、拒否、および取り消しを含む) の一覧を取得できます。

未完了のプロジェクト データ

このレポートでは、情報が不完全なために、提案ステージに保留されているすべてのプロジェクトの一覧を取得できます。

ページの先頭へ

既定のレポート ビューを表示する

既定のビューのレポートを表示するのには、 Project Web Appに BI センターを使うことができます。

  1. サイド リンク バーで、[BI センター] をクリックします。

  2. BI センターのサイド リンク バーで、[ビュー] をクリックします。

  3. [ビュー] フォルダーをクリックして、既定のレポート ビューの一覧を表示します。

  4. 任意のビュー名をクリックすると、Excel または Visio でそのビューが表示されます。

ページの先頭へ

テンプレートを使用してカスタム レポート ビューを作成する

Project Server 2010では、いくつかの表示テンプレートをサイトの管理者を使用して、組織のニーズに合わせて、レポートのビューを作成できます。テンプレートは、Excel と Office データ接続と Excel Services を使用して Project Server データベース間の接続を提供します。

  1. サイド リンク バーで、[BI センター] をクリックします。

  2. BI センターのサイド リンク バーで、[ビュー] をクリックします。

  3. [ビュー] フォルダーをクリックして、既定のレポート ビューとテンプレートの一覧を表示します。

  4. 任意のテンプレート名をクリックして、そのテンプレートを使用してカスタム レポート ビューを作成します。

  5. 組織のニーズに合わせてデータを表示できるように、ピボットグラフやピボットテーブルを作成します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×