レポート センターの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ビジネス プロセスの中で、会社のイントラネット サイトにレポートを表示し、それを最新の状態に維持することが必要になる場合があります。レポート センターを使用することで、レポートの作成、表示、管理、検索をより簡単に実行できるようになります。この記事では、レポート センターの主要なコンポーネントについて紹介します。

この記事の内容

レポート センターとは何ですか。

ダッシュ ボード ページとは

レポート センターのホーム ページの概要

レポート センター サイトのコンポーネントの概要

レポート センターとは

レポート センターは、サイト テンプレートを管理し、レポート、ダッシュ ボード ページ、および主要業績評価指標 (Kpi) を表示するために最適化されたです。チーム、部署、または保存、検索、およびレポートの共有を変更する組織の 1 つの場所として使用できます。適切なアクセス許可を持つすべてのユーザーで作成できますレポート センター サイトを任意の場所をサイト コレクション。

[レポート センター] サイト テンプレートを選ぶ

ただし、既定でレポート センターは各サイト コレクションのトップレベル サイトに 1 つしか作成できません。これは、画面上部のリンク バーに [レポート] という名前のタブとして表示されます。

トップ リンク バーの [レポート] タブ

レポート センターには、Office Excel 2007 ブック、SQL Reporting Services レポート、ダッシュボード、およびその他のレポートを表示するための特殊なドキュメント ライブラリが備えられています。レポート センターを使用して、カスタマイズしたレポートやダッシュボードの定義、レポートのカテゴリ別表示、今後のレポートの予定表の表示、関連するレポートの購読などを実行できます。

特定のデータを表示できるユーザーをカスタマイズするには、ダッシュボード ページ上の既存の Web パーツにさまざまなフィルタ Web パーツを接続することで、データの表示内容を変更できます。たとえば、ある地域の営業部長に対して、他の地域の営業部長に表示されるものとは異なる売上高を表示できます。

ページの先頭へ

ダッシュボード ページとは

ダッシュボード ページは、レポート センターの重要な機能です。ダッシュボードはステータスの通知とアクションの実行に使用されるツールです。Office SharePoint Server 2007 ダッシュボードは、レポート、グラフ、指標、主要業績評価指標などの異種のソースからの情報を整理して表示する Web パーツ テンプレートです。さまざまな Web パーツを使用して独自のダッシュボード ページを作成したり、サイト内の既存のページに Web パーツを追加したりできます。次の例で、いくつかの Web パーツの使用方法を説明します。

ダッシュボードの例

1. コンテンツ エディタ Web パーツ: 書式設定されたテキスト、表、画像の表示に使用されます。

2. 連絡先の詳細 Web パーツ: そのページまたはそのサイトの連絡先の詳細の表示に使用されます。

3. 主要業績評価指標 Web パーツ: 目標に対する進捗状況を示すステータス インジケータのリストが表示されます。

4. Excel Web Access Web パーツ: この 3 つの領域では、Excel Web Access を使用して Excel ブックからデータを読み込み、ブックのデータをページに表示しています。

ページの先頭へ

レポート センターのホーム ページの概要

レポート センターのメイン コンポーネントは、[レポート] タブをクリックしたときに表示されるホーム ページです。このページは、選択したビジネス情報や概要ビジネス情報にアクセスするためのメイン ポータルとして機能します。このページに表示されるように選択した情報は、さまざまなソースから更新できるだけでなく、SharePoint サイトのページと同様に、Web パーツのコレクションを利用して表示することができます。デザイナ以上の権限レベルを持っていれば、このような Web パーツの追加、削除、変更、並べ替えを行うことで、必要なビジネス情報をすばやく表示し、アクセスすることができます。

ヒント: Office SharePoint Server 2007 のレポート センター ホーム ページを最初に開いたときには、サンプル ダッシュボード、サンプル データ、サンプル KPI、およびデータ接続ライブラリに関する情報へのリンクが表示されています。ホーム ページをカスタマイズする際には、このページの情報を確認しておくと参考になります。Web パーツに関する作業の詳細については、「関連項目」セクションのリンク先を参照してください。

次の図に、レポート センター ホーム ページのメイン コンポーネントを示します。

レポート センターの [ホーム] ページ

1. レポート センターを最初に利用するユーザーに対して有用な情報を提供します。サンプル ダッシュボード、サンプル データ、サンプル KPI、およびデータ接続ライブラリに関する情報などへのリンクが含まれています。

2. レポート センターのユーザーに対する重要なお知らせが表示されます。

3. ネットワークに接続する連絡先の追加または変更を行います。

4. レポート センターのホーム ページには、既定でサンプル KPI が表示されます。

5. この概要リンク Web パーツを使用して、重要なドキュメントまたは情報へのリンクを追加します。

6. このリスト ビュー Web パーツを使用して、ホーム ページ上で告知するイベントのリンクを追加します。

ページの先頭へ

レポート センター サイトのコンポーネントの概要

レポート センターのサイド リンク バーには、レポートとデータ接続ソースの管理に使用できるリストとライブラリがいくつか用意されています。リソースを別々のライブラリに保存することで、各リソースで別々にバージョン管理、ワークフロー、アクセス許可を構成できるようになります。たとえば、IT 部門のメンバだけにデータ接続の変更とアップロードを許可するように、アクセス許可を構成することができます。同様に、新しいレポートには承認が必要となるように、Office SharePoint Server 2007 のワークフローを構成することができます。次に、このようなリストとライブラリについて説明します。

レポート ライブラリ

レポート ライブラリは、レポートとダッシュボード ページという 2 種類のファイルを扱う一元的リポジトリです。レポートは Office Excel 2007 ブックであり、その中のソースデータをダッシュボード ページに表示できます。ダッシュボード ページは 1 つまたは複数の Office Excel 2007 ブックから作成でき、KPI や PivotChart などの要素を使用できます。

レポート ライブラリの使用は、その他のライブラリを操作すると似ています。既存のドキュメントをアップロード、新規に作成、ドキュメントを編集する、列およびビューを変更してアクセス許可を設定します。レポートの権限は、すべてのドキュメントやリスト アイテムと同じように設定されています。ライブラリ、フォルダー、または個々 のファイルに権限を設定することができます。レポート ライブラリを格納および Excel Services レポートの管理の拡張サポートを提供し、Kpi とOffice Excel 2007ブックからデータを表示できますが、ダッシュ ボード ページの作成を簡単に、その他のライブラリとは異なります。作成したダッシュ ボード ページは、このライブラリに格納されます。Excel Services の詳細については、 Excel Services と Excel Web Access の使用を開始するのには、この記事を参照してください。

レポートが作成され、Office SharePoint Server 2007 サイト上に配置されると、レポート ライブラリ内でレポートを探してファイル名をクリックするだけで、レポートを変更できるようになります。レポート ライブラリで適切なレポートを探して、下向き矢印をクリックするだけで、そのレポートを管理することができます。

データ接続ライブラリ

データ接続ライブラリは、レポート センターの重要な部分です。これは他のドキュメント ライブラリと同様の共有リポジトリであり、次の 2 種類のデータ接続ファイルが保存されます。

  • Office データ接続 (ODC) ファイル。クライアント アプリケーションまたはポータル サービスがデータ ソースに接続する方法を定義する一連のプロパティが指定されています。さらに、ユーザーの代わりにデータ ソースにアクセスする場合のセキュリティ ポリシーの使用方法も定義されます。

  • ユニバーサル データ接続 (UDC) ファイル。シングル サインオン (SSO) を使用して複数層アーキテクチャの認証問題を処理し、さらに Microsoft Office InfoPath 2007 で使用できる Web サービス プロキシを使用して、InfoPath Forms Services フォーム テンプレートからデータ接続情報を抽出します。他の Microsoft Office アプリケーションで使用される ODC 形式とは異なり、データベース接続に関する情報を格納するのではなく、UDC ファイルには複数の種類のデータ接続に関する情報を格納でき、さらに拡張することで任意の種類の接続に関する情報を格納することができます。

データ接続ライブラリ

データ接続ライブラリの大きな利点の 1 つが、ユーザーにとってアクセスの必要性が最も高いと思われるデータ接続を再利用できることです。たとえば、KPI を表示するための外部接続を作成する際には、データ接続ライブラリを開いて、使用可能なデータ接続ファイルから適切なものを選択することができます。その接続の 1 つに影響する変化がネットワーク上で発生した場合には、サーバー上の該当するデータ接続ファイルを一度に変更することができます。外部データへの接続が次回に更新されたときに、すべてのユーザーに自動的に更新が送られます。Office SharePoint Server 2007 は、次の外部データ ソースをサポートしています。

  • Office Excel 2007 ブック

  • Office Access 2007 データベース

  • その他の OLEDB または ODBC データ ソース

  • Microsoft SQL Server データベース

データ接続ライブラリでは、既定でコンテンツ承認機能が有効になっているため、高いレベルの管理性と安全性が確保されます。投稿アクセス許可レベルのサイト メンバーは、ライブラリにファイルを保存できますが、ファイルを使用できるのはそのファイルの所有者に限られます。たとえば、Office InfoPath 2007 で、コンテンツの承認者がファイルを承認しなければ使用できません。既定で、デザイナ アクセス許可レベルを持つすべてのメンバーがアイテムの承認アクセス許可を持ちます。まとめると、指定したユーザーのみが UDC ファイルを承認できるようにサイト コレクションを設定することができます。

注: データ接続の構成は、管理者か、使用中のデータ ソースとネットワーク インフラストラクチャを熟知した担当者が行うようにしてください。

レポートの予定表

レポートの予定表では、レポートやレポートのスケジュールの日付に関連する情報を含むことができる予定表一覧を示します。たとえばを示す日付レポート データの更新または読み込まれていると、通知を使用してアラームを設定するのに Me 機能レポートの予定表を使用することができます。管理して、 Office Excel 2007またはOffice Access 2007で予定表の情報を分析することができます。接続でき、 Office Outlook 2007の予定表に、レポートの予定表を同期して、その他のレポート センターのリストとできるビューを変更、リストの設定を管理するにします。SharePoint の予定表をOffice Outlook 2007に接続する方法の詳細については、表示および更新する SharePoint の予定表で記事Office Outlook 2007ヘルプを参照してください。

リファレンス ライブラリ

リファレンス ライブラリは、ユーザーがレポート センターを快適に利用できるようにするためのドキュメントが保存されるドキュメント ライブラリです。このライブラリ内のドキュメントで、カスタマイズされたレポート センターを利用するうえでユーザーが知っておく必要のある情報をすべて提供しておく必要があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×