レポートまたはスコアカードを作成する (SharePoint Server 2013)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Server 2013 を使うと、ビジネス インテリジェンス センターのサイトなどの 1 か所にまとめて保存されるさまざまなレポート、スコアカード、ダッシュボードの作成、共有、アクセスが可能になります。

注: この記事の情報は、オンプレミス環境を対象にしています。 Office 365 には、該当しません。 Office 365 の BI 機能に関する詳細情報については、「Excel と Office 365 のビジネス インテリジェンス機能」を参照してください。

レポートまたはスコアカードの作成方法

環境の構成方法に応じて、通常はさまざまなツールを使って、ビジネス インテリジェンス (BI) コンテンツを作成して発行できます。たとえば、一般に Excel Services と Visio Services が使用できるようになっています。また、PerformancePoint Services を使って、組織内でレポート、スコアカード、ダッシュボードを作成、発行、共有できるようになっている場合もあります。

レポートやスコアカードを作成する場合、通常はいくつかの手順が必要です。

  1. レポートやスコアカードに表示する情報を決めます。

  2. データ ソースを特定します。 (レポートやスコアカードを使うユーザーも含め) データにアクセスできることを確認します。

    データ ソースやユーザー権限についてのヘルプは SharePoint 管理者にご連絡ください。

  3. レポート作成ツールを選びます。

    Excel、PerformancePoint ダッシュボード デザイナー、Visio、その他の多彩なツールから選べます。

  4. レポートを作成して、ビジネス インテリジェンス センター サイトなどのサイトに保存します。

    詳細については、「ビジネス インテリジェンス センターとは」を参照してください。

レポートの作成に使用できるツール

さまざまなツールから選んでレポート、スコアカード、ダッシュボードを作成し、SharePoint サイトに発行できます。

アプリケーション

機能

詳細情報

Excel および Excel Services

Excel 2013 を使うと、レポート、スコアカード、ダッシュボードを簡単に作成できます。多くのデータ ソースに接続し、さまざまなグラフや表を作成できます。スライサーやタイム コントロールなどのフィルターをワークシートに追加し、クイック調査などの機能を使ってレポート内の特定の値についての追加情報を表示できます。

Excel Services が環境内に構成されている場合は、ブラウザー ウィンドウで表示できるブックを発行できます。使うデータ ソースによっては、データを更新して最新の情報を見ることができます。

PowerPivot

PowerPivot in Excel を使うと、複雑な関係や階層を持つことができる、複数の表を含む大きいデータ モデルを作成できます。

Power View

Power View in Excel を使うと、マッシュアップおよびプレゼンテーション対応で対話形式のダッシュボードを作成できます。Power View のビューは、Excel で作成できるデータ モデルなどの表形式のデータ ソースを使います。

PerformancePoint ダッシュボード デザイナー

組織がオンプレミスで SharePoint Server 2013 を使っている場合、PerformancePoint Services が構成されており、使用できるように用意されています。

PerformancePoint ダッシュボード デザイナーを使うと、PerformancePoint のスコアカードやレポート、Excel Services レポート、SQL Server Reporting Services レポートなどのさまざまなレポートを 1 か所にまとめるダッシュボードを作成できます。高度な主要業績評価指標 (KPI) を含む強力なスコアカードを作成し、ダッシュボード内の複数のページ間および複数のダッシュボード間で再利用できるダッシュボード フィルターを追加できます。

Visio および Visio Services

Visio を使うと、ネットワーク インフラストラクチャ図、組織図、フロア プランなどのデータ接続された図面を簡単に作成できます。

Visio Services を構成すると、Visio の図面を SharePoint Server に発行し、ビジネス インテリジェンス センター サイトのように、1 か所で共有できます。

SQL Server Reporting Services

Reporting Services を使うと、対話形式の地図、バブル チャート、ゲージ、表、その他のビューなど、多岐にわたる強力なレポートを作成して共有できます。Reporting Services のレポート作成ツールは、Power View (SharePoint Server から起動)、レポート デザイナー、レポート ビルダーなどです。

関連トピック

Excel と Excel Services のビジネス インテリジェンス (SharePoint Server 2013)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×