レポートとサブスクリプションの処理のスケジュール

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Reporting Services レポート サーバー上で実行するレポートについて、レポートおよびサブスクリプションの処理をスケジュールできます。特定のレポートやサブスクリプションのみを対象としたカスタム スケジュールを定義することもできます。また、共有スケジュールを作成することもできます。共有スケジュールは、一度定義すれば複数のレポートやサブスクリプションから参照できます。スケジュールは、いつでも作成または変更できます。ただし、変更が完了する前にスケジュールが実行された場合、変更前のスケジュールが使用されます。変更されたスケジュールは、保存されるまで有効になりません。

スケジュールの処理は、レポート サーバー コンピューターの現地時間に基づいています。

レポート サーバー上のスケジュールされた操作について

レポート サーバー コンテンツに対してスケジュールされた操作は、スケジュール エンジンとして SQL Server エージェントを使用して、レポート サーバーによって管理されます。SharePoint タイマー サービスは使用されません。スケジュールされた操作を作成する場合は、SQL Server エージェントを実行する必要があります。既定では、レポート サーバーはスケジュールおよび配信の操作をサポートします。この機能が無効になっている場合は、SQL Server セキュリティ構成ツールを使用してスケジュールと配信を有効にします。

スケジュールは、レポート サーバー データベースに保存されます。レポート サーバーでは、新しいスケジュールを実行するかを決定する短い間隔でレポート サーバー データベースをポーリングします。Rhe レポート サーバーでは、指定したスケジュールで実行している SQL Server エージェントのジョブを作成します。ジョブを実行するレポート、またはサブスクリプションの処理を開始するために使用するイベントを作成します。サブスクリプションの進行中のサブスクリプションに影響を与えずに、基になるレポート定義を更新できるように処理をサポートする内部で使用する一時的なレポートのスナップショットが作成されます。詳細については、MSDN のスケジュール設定と配信のプロセッサを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

レポートの自動処理を構成する

レポートのデータ処理をスケジュールする

サブスクリプションをスケジュールする

共有スケジュールを作成する

共有スケジュールを一時停止または再開する

共有スケジュールを削除する

レポートの自動処理を構成する

レポートのデータ処理またはサブスクリプション処理をスケジュールするには、保存された資格情報または自動レポート処理アカウントが使用されるようにレポートのデータ ソースを構成しておく必要があります。保存されている資格情報を使用する場合、保存できる資格情報は 1 組のみです。レポートを実行するすべてのユーザーに対してこの資格情報が使用されます。資格情報には、Windows ユーザー アカウントまたはデータベース ユーザー アカウントを指定できます。

自動レポート処理アカウントは、レポート サーバーで構成する特別な目的のアカウントです。このアカウントは、スケジュールされた操作が外部のファイルや処理を必要とする場合に、リモート コンピュータに接続するために使用されます。このアカウントを構成すれば、レポートにデータを提供する外部データ ソースへの接続に使用できます。

保存されている資格情報または自動レポート処理アカウントを指定するには、レポートのデータ ソース プロパティを編集します。共有データ ソースがレポートに使用されている場合は、共有データ ソースを編集します。

  1. ライブラリがまだ開かれていない場合は、クイック起動バーでライブラリ名をクリックします。ライブラリの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、ライブラリの名前をクリックします。

  2. レポートをポイントします。レポートには、 レポート アイコン というアイコンが付きます。

  3. 下向き矢印をクリックし、[データ ソースの管理] を選択します。

  4. データ ソース名をクリックします。

  5. [認証の設定] で、[保存された資格情報] をクリックします。

  6. ユーザー名とパスワードを入力します。

  7. ユーザー名とパスワードが Windows アカウント用の場合、[Windows 資格情報として使用する] を選択します。

  8. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

レポートのデータ処理をスケジュールする

特定の日付と時刻のレポートのデータを取得するデータの処理をスケジュールすることができます。スケジュールされたプロセスでは、後で、レポート サーバー データベースに格納されているデータのスナップショットを作成します。データのスナップショットを使用するレポートを選択しているユーザーは通常、レポートが事前処理データを使用することに注意してください。視覚的なインジケーター ライブ データがレポートで使用されていないことはありません。レポートのスケジュールまたはオンデマンドでのデータを取得できますか。2 つの方法を実行するレポートを構成することはできません。

ページの先頭へ

サブスクリプションをスケジュールする

レポートを配信するためのサブスクリプションを作成することができます。サブスクリプションを開始するには、サブスクリプションを定義するユーザーが、配信を実行する方法とタイミングをスケジュールします。サブスクリプションの処理はレポート サーバーで実行されますが、サブスクリプションを処理する方法とタイミングを定義するサブスクリプション ページへのアクセスには、SharePoint の通知機能が使用されます。サブスクリプションは、レポートのみを対象に定義できます。SharePoint サイトに保存されているレポート モデルまたはリソース ファイルを対象とするサブスクリプションは定義できません。

ページの先頭へ

共有スケジュールを作成する

共有スケジュールは、定義済みのスケジュール情報を任意の数のレポートまたはサブスクリプションに提供する、多目的のスケジュールです。共有スケジュールを作成した後は、スケジュール情報を指定する必要があるときに、サブスクリプションまたはプロパティ ページでその共有スケジュールを参照できます。共有スケジュールは、管理、一時停止、および再開を一元的に行うことができます。これとは対照的に、カスタム スケジュールでレポートやサブスクリプションの実行を回避する場合は、手動でスケジュールを編集する必要があります。

共有スケジュールの作成は、SharePoint サイトのアプリケーション ページで行います。スケジュールは、わかりやすい名前を付けて識別できます。名前が指定されなかった場合は、反復パターンや実行日時などの情報を基に識別できます。

SharePoint サイトでの共有スケジュールの作成、変更、または削除は、サイト管理者のみが実行できます。対照的に、カスタム スケジュールは、レポートを管理するか、サブスクリプションを作成する権限を持っている個々のユーザーが作成できます。

  1. [サイトの操作] をクリックします。

  2. [サイトの設定] をクリックします。

  3. [すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  4. [Reporting Services] セクションで、[共有スケジュールの管理] をクリックします。

  5. [スケジュールの追加] をクリックして、[スケジュールのプロパティ] ページを開きます。

  6. スケジュールにわかりやすい名前を付けます。この名前は、Reporting Services のレポートを操作するために使用するアプリケーション ページで、サイト全体のスケジュール定義ページ内のボックスに表示されます。読みづらい長い名前は避けてください。名前の先頭に最もわかりやすい情報を置くという名前付け規則に従います。

  7. 頻度を選択します。選択した頻度に応じて、その頻度をサポートするスケジュール オプションがページに表示されます (たとえば、[月] を選択した場合、ページには各月が表示されます)。

  8. スケジュールを定義します。1 つのスケジュールの中でサポートされない組み合わせもあります。

  9. 開始日と終了日を設定します。

  10. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

共有スケジュールを一時停止または再開する

使用中の共有スケジュールを一時停止および再開することができます。共有スケジュールを一時停止することで、レポート処理とサブスクリプションを開始するために使用するスケジュールを一時的に停止します。一時停止や再開を行うことができるのは共有スケジュールだけです。レポート固有のスケジュールは一時停止できません。

実行中のレポート処理は、一時停止および再開できません。一時停止および再開できるのは、SQL Server エージェント サービスのスケジュール キューにあるスケジュールだけです。実行中のジョブは、スケジュール エンジンの範囲外です。

共有スケジュールを一時停止すると、その間に発生する予定の操作を無効にできます。共有スケジュールを再開すると、サーバーのローカル時刻を使用して、次のスケジュール設定時刻にレポートおよびサブスクリプションの処理が実行されます。スケジュールが一時停止されなければ実行される予定だった、スケジュールされていた操作については、埋め合わせるための実行は行われません。

  1. [サイトの操作] をクリックします。

  2. [サイトの設定] をクリックします。

  3. [すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  4. [Reporting Services] セクションで、[共有スケジュールの管理] をクリックします。

  5. スケジュールを選択し、[一時停止] (スケジュールが既に一時停止している場合は [再開]) をクリックします。

ページの先頭へ

共有スケジュールを削除する

共有のスケジュールは、手動で削除する必要があります。使用中の共有スケジュールを削除すると、そのスケジュールへのすべての参照が、未指定のカスタム スケジュール (日時の情報がないカスタム スケジュール) に置き換わります。

スケジュールを削除することは、スケジュールの有効期限が切れることとは異なります。有効期限が切れるとスケジュールが停止しますが、スケジュールが削除されるわけではありません。スケジュールはレポート サーバーの操作を自動化することが目的であり、自動的には削除されません。有効期限切れのスケジュールが残っていることで、レポート サーバー管理者は自動化された処理が突然停止した理由を知ることができます。この有効期限が切れたスケジュールがなければ、レポート サーバー管理者は問題の診断を誤るか、正常に機能する処理のトラブルシューティングを行おうとして不要な時間を費やしてしまう可能性があります。

有効期限が切れた共有スケジュールは、共有スケジュールの一覧に残ります。スケジュールの有効期限が切れたかどうかは [状態] フィールドに表示されます。終了日を延長してスケジュールを再設定するか、不要になった場合はそのスケジュールの参照を削除することができます。

  1. [サイトの操作] をクリックします。

  2. [サイトの設定] をクリックします。

  3. [すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  4. [Reporting Services] セクションで、[共有スケジュールの管理] をクリックします。

  5. スケジュールを選択し、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×