レプリケートされたデータベースを Access 2007 形式で保存できない

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

現象

以前のバージョンの Access で作成された、レプリケートされたデータベース ( z0z_ _)。MDB 形式) を新しいに保存することはできません。ACCDB ファイル形式。 [データベースに名前を付けて保存] コマンドを使用しようとしたときにオプションが淡色表示になっている ( Microsoft Office ボタン_ z0z_をクリックしてから、[名前を付けて保存] の横の矢印をクリックします)。

原因

に.ACCDB ファイル形式では、レプリケーションはサポートされていません。

解決法

でレプリケートされたデータベースを使用します。MDB ファイル形式

レプリケートされたデータベースは、引き続き使用できます。MDB ファイル形式。 レプリケーション機能は、でも引き続きサポートされます。MDB ファイル形式。

(z0z_ファイル形式で) データベースを手動で再作成する

新しいファイル形式に、レプリケーションから得られるメリットを上回るメリットがあると判断した場合は、新しいデータベースをz0z_形式で作成し、レプリケートされたデータベースを手動で再作成することができます。

注: このメソッドは、レプリケートされたすべてのデータベースで動作しますが、レプリカセット内の他のすべてのレプリカと同期された完全なレプリカを使用する場合を除き、レプリカにまだ含まれていないデータやプロジェクトは、新しいデータベースには表示されません。

データベースの再作成を開始する前に、レプリカのすべての隠しオブジェクトとシステムオブジェクトが表示されていることを確認する必要があります。 これは、レプリカを再作成するときに、レプリカに固有のフィールドにアクセスできるようにするためです。

  1. 変換するレプリカを開きます。 [非表示] フィールドと [システム] フィールドを表示するには、レプリカの作成に使用したものと同じバージョンの Access を使用して、レプリカを開く必要があります。

  2. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。 [オプション] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. [表示] タブの [表示] セクションで、[非表示のオブジェクト] および [システムオブジェクト] を選択します。 [ OK]をクリックして新しい設定を適用し、[オプション] ダイアログボックスを閉じます。

データベースを手動で再作成する

  1. 空のデータベースを作成して開きます。

    注: Access によって、Table1 という名前の新しい空のテーブルが作成されます。 このテーブルは削除する必要があります。そのためには、変更を加える前に、このテーブルを閉じます。 [オブジェクト] タブを右クリックし、ショートカットメニューの [閉じる] をクリックします。

  2. [外部データ] タブの [インポート] グループで、[Access] をクリックします。

    [外部データの取り込み-Access データベース] ダイアログボックスが表示されます。

  3. [参照] をクリックして、レプリケートされたデータベースを見つけます。

  4. 新しいデータベースで再作成するデータベースオブジェクトが含まれているレプリケートされたデータベースをクリックし、[開く] をクリックします。

  5. [外部データの取り込み-Access データベース] ダイアログボックスで、[現在のデータベースにテーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、モジュールをインポートする] をクリックし、[ OK]をクリックします。

  6. 新しいデータベースにインポートするデータベースオブジェクトをクリックします。 すべてのオブジェクトをインポートする場合は、各タブで [すべて選択] をクリックします。

    重要    この時点では表を選択しないでください。 後の手順でテーブルを再作成します。

  7. オブジェクトの選択が完了したら、[ OK]をクリックしてインポートします。

    ウィザードの最後のページで、今後使用するためにインポート手順を保存するオプションが表示されます。 これを行うには、[インポート手順の保存] チェックボックスをオンにして、適切な情報を入力し、[インポートの保存] をクリックします。

  8. レプリケートされたデータベースを(_ z0z_)で開きます。 レプリケートされたデータベースのテーブルごとに、古いテーブルのすべてのデータを取得するテーブル作成クエリを作成し、同じデータを使用して新しいデータベースにテーブルを作成します。

    注: s_GUID が主キーである場合 (および他のテーブルの外部キーが参照)、新しいテーブルに s_GUID フィールドを含める必要があります。 s_GUID フィールドが主キーとして使用されていない場合は、新しいテーブルに保存する理由はありません。 s_Lineage フィールドと s_Generation フィールドを新しいテーブルにコピーしないようにします。

    既定では、s_GUID、s_Lineage、s_Generation フィールドは非表示になっています。 これらのフィールドを表示するには、次の手順を実行します。

    1. レプリケートされたデータベースで、すべてのテーブルが閉じていることを確認します。

    2. ナビゲーションウィンドウの上部を右クリックし、[ナビゲーションオプション] をクリックします。 [ナビゲーションオプション] ダイアログボックスが開きます。

    3. [表示オプション] セクションで、[システムオブジェクトの表示]、[ OK]の順にクリックします。

      方法

      1. 新しいテーブルに挿入するレコードが含まれているテーブルを選択して、クエリを作成します。

        方法

        1. [作成] タブの [その他] グループで、[クエリ デザイン] をクリックします。

        2. [テーブルの表示] ダイアログボックスで、使用するデータが含まれているテーブルの一覧を示すタブをクリックします。

        3. クエリに追加する各オブジェクトの名前をダブルクリックし、[閉じる] をクリックします。

        4. フィールドを [フィールド]行の [ _ z0z_] に追加します。

        5. クエリの結果を表示するには、[表示] メニューをクリックし、[データシートビュー] をクリックします。

      2. クエリ_ 0z_の場合、[デザイン] タブの [クエリの種類] グループで、[テーブルの作成] をクリックします。 [テーブルの作成] ダイアログ ボックスが表示されます。

      3. [テーブル名] ボックスに、作成または置換するテーブルの名前を入力します。

      4. [別のデータベース] をクリックし、新しいテーブルを配置するデータベースのパスを入力するか、[参照] をクリックしてデータベースを指定します。

      5. [OK] をクリックします。

      6. [デザイン] タブの [結果] グループで、[実行] をクリックします。 これにより、新しいテーブルが作成されます。

        注: 作成した新しいテーブルには、元のテーブルのフィールドプロパティまたは_ z0z_設定は継承されません。

  9. 新しいデータベースの各テーブルに対して、レプリカのテーブルで使用される z0z_ と primary キーを作成します(_ 0 z_と同じ)。

    方法

    1. テーブルをデザインビューで開きます。

    2. ウィンドウの上部で、[_ z0z_ ] の作成に使用するフィールドをクリックします。

    3. ウィンドウの下部で、[インデックスあり] プロパティボックスをクリックし、[はい (重複あり)] または [はい (重複なし)] をクリックします。

    4. 主キーを構成する1つ以上のフィールドを選択します。

    5. [デザイン] タブで、[ツール] グループの [主キーの設定] をクリックします。

  10. 新しいデータベースの各テーブルについて、レプリカのテーブルに存在するリレーションシップを作成します。

    方法

    テーブル間にリレーションシップを作成する場合、関連するフィールドに同じ名前を付ける必要はありません。 ただし、関連するフィールドは、主キーフィールドがオートナンバー型フィールドでない限り、同じz0z_と同じである必要があります。 同じフィールドの"FieldSize/フィールドサイズ" プロパティが同じである場合にのみ、オートナンバー型フィールドと数値型フィールドを一致させることができます。 たとえば、両方のフィールドのFieldSizeプロパティが長整数である場合は、オートナンバー型フィールドと数値型フィールドを一致させることができます。 両方のフィールドが数値フィールドの場合でも、 "FieldSize/フィールドサイズ"プロパティの設定は同じにする必要があります。

    一対多リレーションシップまたは一対一リレーションシップを定義する

    1. 開いているテーブルを閉じます。 開いているテーブル間のリレーションシップを作成または変更することはできません。

    2. [データベース ツール] タブの [表示/非表示] グループで [リレーションシップ] をクリックします。

    3. データベースでリレーションシップをまだ定義していない場合は、[テーブルの表示] ダイアログボックスが自動的に表示されます。

      関連付けるテーブルを追加する必要があり、[テーブルの表示] ダイアログボックスが表示されない場合は、次のように呼び出します。 [デザイン] タブの [表示/非表示] グループで、[テーブルの表示] ボタンをクリックします。

    4. 関連付けるテーブルの名前をダブルクリックし、[テーブルの表示] ダイアログボックスを閉じます。 テーブル間のリレーションシップを作成するには、そのテーブルを2回追加します。

    5. 1つのテーブルに関連付けるフィールドを、他のテーブルの関連するフィールドにドラッグします。

      複数のフィールドをドラッグするには、Ctrl キーを押しながら各フィールドをクリックし、ドラッグします。

      ほとんどの場合、1つのテーブルから主キーフィールド (太字のテキストで表示されています) は、他のテーブルで _ z0z_と呼ばれる類似するフィールド (多くの場合は同じ名前) にドラッグします。

    6. [リレーションシップの編集] ダイアログボックスが表示されます。 2つの列に表示されているフィールド名が正しいことを確認します。 必要に応じて変更できます。

      必要に応じてリレーションシップのオプションを設定します。

    7. [作成] ボタンをクリックしてリレーションシップを作成します。

    8. 関連付けるテーブルのペアごとに、手順 4 ~ 7 を繰り返します。

      _ z0z_ _ _ z_ _ _ z_ _ _ _ z_ _ _ _ z_ _ _ z_ _ _ z_ _を閉じると、レイアウトを保存するか レイアウトを保存するかどうかにかかわらず、作成したリレーションシップはデータベースに保存されます。

    多対多リレーションシップを定義する

    1. 2つのテーブルを作成します。これには、 _ z0z_を設定します。

    2. 結合テーブルと呼ばれる3番目のテーブルを作成して、他の2つのテーブルの主キーフィールドと同じ定義の新しいフィールドを結合テーブルに追加します。 接合テーブルでは、主キーフィールドは外部キーとして機能します。 他のフィールドを結合テーブルに追加することもできます。これは、他のテーブルと同様です。

    3. 結合テーブルで、他の2つのテーブルの主キーフィールドを含めるように主キーを設定します。 たとえば、受注明細の結合テーブルでは、主キーは OrderID と ProductID の各フィールドで構成されています。

      方法

      1. デザイン ビューでテーブルを開きます。

      2. 主キーとして定義する1つ以上のフィールドを選択します。

        1つのフィールドを選択するには、目的のフィールドの _ z0z_ _をクリックします。

        複数のフィールドを選択するには、CTRL キーを押しながら各フィールドの行セレクターをクリックします。

      3. [デザイン] タブで、[ツール] グループの [主キーの設定] をクリックします。

        注: 複数フィールドの主キーに含まれるフィールドの順序をテーブル内のフィールドの順序とは別のものにする場合は、[表示/非表示] グループの [インデックス] をクリックして、_ z0z_を表示し、フィールド名を次のように並べ替えます。_ z1z_という名前の PrimaryKey。

    4. 2つのプライマリテーブルと交差テーブルの間に_ z0z_を定義します (_f)。

  11. 新しいデータベースを保存します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×