スキップしてメイン コンテンツへ

レコード センターを作成する

レコード センターは、法的文書、財務文書など組織のすべてのレコードを格納、管理できる集中管理リポジトリとして機能するように考えられています。 レコード センターは、レコードの収集から、レコードの管理、レコードの廃棄に至るレコード管理プロセスを一貫してサポートします。

レコード センター サイト テンプレートは、ドキュメントの汎用リポジトリとして機能し、サイト ユーザー間の共同作業を可能にするという点では、その他の SharePoint サイトに似ています。 ただし、レコード センター サイト テンプレートは、組織がレコードの管理および維持を行うプログラムを実装することを支援するために、あらかじめ構成されているサイトです。 バージョン管理、監査、メタデータ管理、電子情報開示、カスタマイズできるレコード ルーティングなどの各機能が、レコードの効果的な管理を支援するために用意されています。

レコードを保持するためのワークフローの例

注:  SharePoint には、レコードをインプレースで管理する機能が用意されています。 インプレース レコード管理により、情報管理ポリシーの実施、ルーティング、保留など、レコード センターで利用できるすべての機能を使用して、任意のサイトでレコードを管理できます。

ページの先頭へ

レコード管理計画の定義

最も高いレベルで、レコード管理プログラムの実装に向けてレコード センター サイトを設計する主な手順が 2 つあります。

  1. 組織では、レコード管理の戦略と正式なレコード管理計画を作成する必要があります。 この作業は、レコード管理者、コンプライアンス責任者、IT プロフェッショナル、インフォメーション ワーカーが協力して行います。

  2. 次に、1 つ以上のレコード センター サイトを構成してレコード管理計画を実施する必要があります。

以下に、これらの手順で扱われる主な要素の要約を示します。

レコード管理の立案

レコード センター サイトを組織のレコード管理ソリューションとして構成するには、レコード管理戦略の正式な計画を最初に立案する必要があります。 正式なレコード管理計画を構成する個々の要素は、多くの場合に組織やビジネスによって異なります。 ただし、ほとんどのレコード管理計画には次のドキュメントとプロセスが含まれます。

ファイル計画      ファイル計画では、組織が正式なビジネス レポートとして認めるドキュメントまたはアイテムの種類を決定します。 それらのレコードを格納する場所を示し、レコードの種類を区別するための情報を提供します。 ファイル計画は、レコードの作成、格納、管理に役立つポリシー、プロセス、ガイドラインなどを含めた、包括的なコレクションの役割を担います。 ファイル計画には、すべてのレコードが、紙、ブログ、Wiki、メール、電子ファイルなどの媒体の区別なく網羅される必要があります。 また、レコードの分類方法、セキュリティの適用方法、最終的な廃棄方法も指定する必要があります。 社外秘、重要、貿易機密、優先などの特別なレコード分類項目を使うことも検討します。 ファイル計画には、各種類のレコードを管理する担当者を指定する必要があります。

レコードライブラリ   レコードライブラリは、重要なレコードを分類して保存するために作成するドキュメントライブラリです。 保持するレコードの種類ごとにレコードライブラリを作成します。 レコードは、コンテンツオーガナイザーで構成された設定に基づいて、適切なライブラリに自動的にルーティングされます。

コンテンツ タイプ    コンテンツタイプを作成して、組織が保存する必要のあるレコードの種類を定義し、レコードの種類ごとに固有のプロパティを特定します。 特定の種類のレコードのコンテンツタイプを定義することで、組織では、これらの各コンテンツグループを一貫した方法で管理することができます。 Office ドキュメント、Pdf、TIFFs (スキャンした画像)、電子メール、インスタントメッセージの会話、ビデオ、物理的なレコードはすべて、作成したコンテンツタイプに分類および保存することができます。 たとえば、"コントラクト" と呼ばれるレコードは、SharePoint のレコード管理システム内で同じ方法で処理され、一貫性のある方法で処理されます。 レコードを分類および保存するためにコンテンツタイプを使うことは、レコードライブラリを使用する別の方法です。

保持スケジュール    保持スケジュールとは、ファイルプランの各レコードの種類を保持する必要がある (保持期間) と、その期間の終わり (廃棄プロセス) に到達したときにそれを破棄するプロセスを指定します。 通常、保持スケジュールのガイドラインは、法的要件、組織に対するリスク、およびビジネスニーズに基づいています。 また、通常、保持スケジュールには、各レコードの種類の保有期間を決定するリスク管理の不測事態が記載されています。

コンプライアンス要件ドキュメント    コンプライアンス要件ドキュメントでは、レコード管理のために IT システムが従う必要のある規則と、それに必要な機能、および準拠を確保するためにサポートする必要がある定期的な監視の種類について定義されています。

  • レコードの廃棄を中断する正式なプロセス      このプロセス (保留) では、訴訟、監査、調査などのイベントが実施されるときにレコードの廃棄を中断する方法を具体的に指定します。

  • レコードの取り扱いをモニタリングおよびレポートするシステム      定義済みのポリシーとプロセスに従って社員がレコードの記録、閲覧、管理を行うようにするため、レコード管理プログラムには、レコードの取り扱いをモニタリングおよびレポートするためのプロセスまたはシステムが必要です。

ページの先頭へ

レコード センター サイトの構成

詳しいレコード管理の立案に着手し、正式なレコード管理計画を作成した後で、そのプログラムを実施するために役立つレコード センター サイトを作成し、構成できます。

レコード センター サイトを構成するには、次の操作を行う必要があります。

  1. ファイル計画で指定された各種類のレコードを管理および格納するためのレコード ライブラリまたはリストを作成します。

    • レコード計画内のコンテンツ タイプごとにレコード ライブラリを個別に作成することをお勧めします。

    • レコード センターに送信したレコードは、適切なリストまたはライブラリに送られます。

  2. ファイル計画に指定された各レコードの種類のメタデータを格納および表示するために、関連するドキュメント ライブラリ、リスト、またはコンテンツ タイプの列を作成します。

  3. レコード センター サイトにある各レコードの種類の情報管理ポリシーを指定します。 これらのポリシーは、組織のファイル計画と保持スケジュールに指定された保持期間と監査の要件を反映している必要があります。

  4. 各種レコードが適切な場所にルーティングされるようにコンテンツ オーガナイザーを構成します。 レコードをレコード センター サイトに送信すると、手動で送信したかプログラムで送信したかに関係なく、アプリケーションはこの機能を使用して、レコード センター サイトでレコードを分類する方法とレコードの送信先を決定します。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×