レコード管理用に送信接続を構成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

送信接続は、ドキュメント リポジトリまたはレコード センターの設定を指定します。送信接続を作成すると、コンテンツ オーガナイザーはドキュメントを指定された場所に送信できます。SharePoint の管理者は、通常、レコード アーカイブまたはナレッジ管理センターを設定する接続を作成し、管理します。

コンテンツ オーガナイザーの詳細については、「ドキュメントをルーティングするようにコンテンツ オーガナイザーを構成する」をご覧ください。

この記事の内容

送信接続を作成する

接続を編集する

接続を削除する

送信接続を作成する

送信接続を作成すると、コンテンツ オーガナイザーはコンテンツを指定されたドキュメント リポジトリまたはレコード センターに送信できます。送信接続を作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. SharePoint 管理センターに移動します。

  3. レコード管理を選択します。

  4. [送信接続] リスト内で [新しい接続] を選びます。

  5. [表示名] テキストボックスにこの接続の名前を入力します。コンテンツ オーガナイザーでは、この名前がオプションとしてユーザーに示されます。
    SharePoint Online 管理センターの [送信接続] ページの [接続設定] セクションのスクリーン ショット。 コンテンツ オーガナイザーの送信先の URL をここで指定できます。

  6. [送信先 URL] テキストボックスに、送信先サイトの送信ポイントの URL を入力します。

    ヒント: URL は、送信先リポジトリの [コンテンツ オーガナイザー: 設定] ページの [送信ポイント] セクションで確認できます。

  7. (省略可能) ユーザーがレコードを直接リポジトリに送信できるようにする場合は、[[送信] メニューから手動で送信できるようにする] を選びます。これにより、SharePoint では、ユーザーがドキュメント ライブラリのリボン上で [送信] をクリックしたときに、この接続がオプションとして表示されるようになります。

  8. [送信アクション] リストから、以下のいずれかを選びます。

    1. コピー    ドキュメントのコピーを作成し、そのコピーを送信先リポジトリに送る場合に選びます。

    2. 移動    ドキュメントを送信先リポジトリに移動する場合に選びます。ユーザーは、元の場所からそのドキュメントにアクセスできなくなります。

    3. 移動してリンクを保持    ドキュメントを送信先リポジトリに移動し、そのドキュメントに関する情報へのリンクを作成する場合に選びます。ユーザーがこのリンクをクリックすると、そのドキュメントの URL とドキュメント メタデータを示すページが表示されます。

  9. [説明] ダイアログ ボックスで、監査記録に追加する情報を入力します。ユーザーがこの接続を使ってドキュメントを送信したときに、監査記録が作成されます。

    注: 前の手順で [移動してリンクを保持] を選んだ場合、この説明は情報ページにも表示されます。

  10. [接続の追加] をクリックして接続を作成します。

ページの先頭へ

接続を編集する

ドキュメント リポジトリまたはレコード センターへの既存の接続を編集するには、以下の手順を実行します。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. SharePoint 管理センターに移動します。

  3. レコード管理を選択します。

  4. [送信接続] リストから、変更する接続を選びます。

  5. 任意の接続設定を編集します。

  6. [接続の更新] をクリックします。

ページの先頭へ

接続を削除する

ドキュメント リポジトリまたはレコード センターへの既存の接続を削除するには、以下の手順を実行します。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. SharePoint 管理センターに移動します。

  3. レコード管理を選択します。

  4. [送信接続] リストから、削除する接続を選びます。

  5. [接続の削除] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×