レコーディングの表示

レコーディングの表示

[次の期間のすべてのレコーディングの表示] すべてのレコーディングを表示することを既定として設定します。最初のボックスに開始日を、2 番目のボックスに終了日を指定して、特定の日付の範囲内に作成されたレコーディングを検索します。

[またはすべて表示] 日付にかかわらずすべてのレコーディングを表示します。

[以下を含む] 検索結果に表示されるレコーディングの件名に含める単語または文字列を指定します。

[検索] レコーディングを日付で検索します。

[表示] メディア形式でレコーディングを並べ替えます。アイコンをクリックすると [レコーディング情報の表示] ページが表示されます。

[件名] 件名でレコーディングを並べ替えます。

[日付] 日付でレコーディングを並べ替えます。

[継続時間] 継続時間でレコーディングを並べ替えます。

[開催者] レコーディングの作成者でレコーディングを並べ替えます。管理者のみが使用できます。

[ページ #] レコーディング検索結果の別のページに移動します。

[ID] 検索するレコーディング ID。

[レコーディング キー] 検索するレコーディング キー。

[レコーディングの表示] レコーディングをレコーディング ID またはキーで検索します。

検索で期待した結果が得られないときは、最低限の検索パラメータを設定したか、または [またはすべて表示] 以外に検索パラメータを設定しなかったかを確認します。 検索パラメータはそれぞれ連携しながら機能します。検索では目的とする文字列のみが含まれていることを確認します。

レコーディング情報の表示

[レコーディングの件名] レコーディングの名前。

[レコーディング ID] レコーディングに付けられるレコーディング ID。

[開催者] レコーディングの作成者名。

[レコーディング オン] レコーディングが行われた日時。

[継続時間] 時および分 (HH:MM) で示したレコーディングの継続時間。

[今すぐインストール] Live Meeting Replay Wrapper アドインをインストールして、Live Meeting 再生形式でレコーディングを表示できるようにします。

[表示]。選択した表示形式でレコーディングを開きます。

[レコーディング形式] レコーディングに使用できる形式を一覧表示します。

[利用可能] 特定の形式でレコーディングが利用可能かどうかを示します。

  • [Microsoft Office Live Meeting 再生] クリック可能なインデックス、発表者の情報、質問と回答のログの埋め込みの表示などの機能を含めることによって、実際の Live Meeting に近い体験を表示できるレコーディングの再生形式。

  • [スライドごとオーディオ付きのベーシック レコーディング] オーディオを聞いたりミーティングのスライドを表示したりできるレコーディング再生形式。

[オフラインでの閲覧には Live Meeting Replay をダウンロードしてください。] Live Meeting Replay Wrapper アドインをインストールします。

レコーディングの表示に問題があるときは、Windows Media Player 9 がインストールされており、選択した形式でレコーディングの再生を行うために必要なすべてのシステム要件を満たしているかを確認します。

ミーティングのオーディオがレコーディングの再生で聞こえない場合は、スピーカーが適切に構成され、音量が聞こえるレベルに調整されていることを確認します。また、一部のミーティングにはオーディオが含まれていないことがあります。そのようなミーティングかどうか確認するには、ミーティングの開催者に問い合わせてください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×