レイヤーを使用して複数の図形のプロパティを設定する

レイヤーを使用して複数の図形のプロパティを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Visio のレイヤーでは、そのレイヤーに割り当てられているすべての図形のプロパティを変更できます。次のようなプロパティを設定できます。

  • 表示 – 表示と非表示を切り替えます。

  • 印刷 – 図面の印刷時に図形を含めるまたは除外します。

  • アクティブ – 図形を図面に追加すると、図形がアクティブなレイヤーに自動的に割り当てられます。

  • ロック – 図形への変更を許可または禁止します。

  • スナップ – スナップのオン/オフを切り替えます。

  • 接着 – 接着のオン/オフを切り替えます。

  • – レイヤーの色の表示と非表示を切り替えます。

テンプレートには、ページ上にドロップした図形が割り当てられている既定のレイヤーがあります。この既定のレイヤーは、そのまま保持することもできますが、削除したり、独自に作成したりすることもできます。図形がどのレイヤーに割り当てられているかを確認するには、次の操作を行います。

  1. 図面ページ上で図形を選択します。

  2. [ホーム] タブの [編集] グループで [レイヤー] をクリックし、[レイヤーに割り当て] をクリックします。

[レイヤー] ダイアログが開き、図面内のレイヤーの一覧が表示されます。図形が属するレイヤーが選択されています。このダイアログのチェック ボックスのオン/オフを切り替えることで、レイヤーの関連付けの追加/削除を実行できます。

独自のユーザー設定レイヤーを使用するには、まずレイヤーを作成してから図形を割り当てます。

レイヤーを作成する

  1. [ホーム] タブの [編集] グループで [レイヤー] をクリックし、[レイヤー プロパティ] をクリックします。

  2. [レイヤー プロパティ] ダイアログ ボックスで、[新規] をクリックします。

  3. レイヤーの名前を入力し、[OK] をクリックします。

このダイアログでは、既存のレイヤーを削除することもできます。レイヤーを削除すると、それに割り当てられている図形もすべて図表から削除されます。図形を保持するには、まず [レイヤーに割り当て] を使用してレイヤーからすべての図形を削除し、[レイヤー プロパティ] を使用してレイヤーを削除します。

レイヤーをロックする

ロックされたレイヤー上の図形は、選択、移動、または編集することができません。また、ロックされたレイヤーに図形を追加することもできません。

  1. [ホーム] タブの [編集] グループで [レイヤー] をクリックし、[レイヤー プロパティ] をクリックします。

  2. [レイヤー プロパティ] ダイアログ ボックスで、レイヤーの [ロック] 列のチェック ボックスのオン/オフを切り替えます。

レイヤーに色を割り当てる

  1. [ホーム] タブの [編集] グループで [レイヤー] をクリックし、[レイヤー プロパティ] をクリックします。

  2. 色を設定するレイヤーに対して、[] 列をクリックしチェック マークを追加します。

  3. レイヤー名を選択し、[レイヤーの色] 一覧で、色の名前をクリックします。

  4. レイヤーを透明にするには、[透過性] のスライダーを必要な値になるまでドラッグします。

    値を 100% にするとレイヤーは見えなくなり、値を 0% にするとレイヤーは不透明になります。

レイヤー上の図形に割り当てた色と透過性が、各図形の元の色と透過性を一時的に無効にします。各図形を元の色に戻すには、レイヤーの色をオフにします。複数のレイヤーに割り当てられている図形は、レイヤーの色ではなく元の色を使用しています。レイヤーの色は表示された図面と印刷された図面の両方に表示されます。

1 つ以上のレイヤーをアクティブにする

  1. [ホーム] タブの [編集] グループで [レイヤー] をクリックし、[レイヤー プロパティ] をクリックします。

  2. アクティブにする各レイヤーの [アクティブ] 列をクリックし、チェック マークを追加します。

レイヤーが現在のページでアクティブになります。定義済みのレイヤーの割り当てがない図形をページにドラッグすると、アクティブなレイヤーに割り当てられます。レイヤーをアクティブにすると、図形をページに追加する際に、そのレイヤーに図形をすばやく割り当てることができます。編集できないようにロックされているレイヤーはアクティブにできません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×