レイヤーに図形を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

図形内のレイヤーは、図形のグループを操作したり、図形のプロパティを他と共に変更するために役立ちます。たとえば、オフィスのレイアウト図の家具レイヤーに図形を追加した場合、編集をロックしたり、色を変更または出力から非表示にしたりするなど、家具レイヤーに行った変更はその図形にも適用されます。

  1. 図形をクリックし、[ホーム]、[レイヤー]、[レイヤーに割り当て] の順にクリックします。

    [レイヤー] ボックスに図内のレイヤーの一覧が表示されます。チェック マークは、図形に既に割り当てられているレイヤーを示します。

    レイヤーに図形を追加する

  2. 図形に割り当てるレイヤーをクリックし、[すべて] をクリックします。図形にいずれのレイヤーも割り当てない場合は、すべてのボックスをオフにするか、[なし] をクリックします。

    その図形のために新しいレイヤーを作る場合は、[新規作成] をクリックします。

図面にレイヤーが含まれていない場合は、[レイヤーに割り当て] をクリックするとレイヤーを作るように求められます。

未割り当ての図形をアクティブ レイヤーに追加する

図形をすばやくレイヤーに追加するには、レイヤーをアクティブとして指定します。手書きしたり、インポートした図形など、まだレイヤーに割り当てられていない図形は、図面に追加したときにアクティブ レイヤーに自動的に割り当てられます。

  1. [ホーム]、[レイヤー]、[レイヤー プロパティ] の順にクリックします。

  2. [レイヤー プロパティ] ボックスで、アクティブにする各レイヤーの [アクティブ] 列のボックスをオンにします。

    [レイヤー プロパティ] ボックス

  3. 未割り当ての図形を図面にドラッグします。図形がアクティブ レイヤーに自動的に追加されます。

既にレイヤーに割り当てられている図形も多数あります。たとえば、フローチャート内のプロセス図形や判断図形などは既定でフローチャート レイヤーに割り当てられており、コネクタはコネクタ レイヤーに割り当てられています。これらの図形は既に割り当てられているため、アクティブ レイヤーに自動的には割り当てられません。これらの図形を異なるレイヤーに追加するには、この記事の前の手順のように、[レイヤーに割り当て] を使用します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×