レイアウト ビューとデザイン ビューの違い

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

レイアウト ビューとデザイン ビューは、フォームのデザインを変更できる 2 つのビューです。どちらのビューでも、同じデザインとレイアウトのタスクの多くを実行できますが、タスクによっては一方のビューのほうがもう一方のビューよりも簡単に実行できる場合があります。この記事では、レイアウト ビューとデザイン ビューの類似点と相違点について説明し、各ビューのいくつかの一般的なフォーム デザイン タスクの実行方法を示します。

注: この記事はフォームを念頭に置いて書かれていますが、概念の多くはレポートの変更にも当てはまります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

レイアウト ビューとデザイン ビューを理解します。

レイアウト ビューでフォームを変更します。

デザイン ビューでフォームを変更します。

レイアウト ビューとデザイン ビューについて

レイアウト ビュー    レイアウト ビューは、デザイン ビューよりも視覚性を重視したビューです。レイアウト ビューでフォームを表示すると、各コントロールに実際のデータが表示されます。そのため、コントロールのサイズを設定するときや、フォームの視覚的な外観や使いやすさに影響する他の多くのタスクを実行するときにとても便利なビューです。

レイアウト ビューで実行できないタスクもあり、その場合はデザイン ビューに切り替える必要があります。 状況によっては、特定の変更を行うにはデザイン ビューに切り替える必要があることを通知するメッセージが表示されます。

デザイン ビュー    デザイン ビューには、フォームの構造が詳しく表示されます。フォームのヘッダー、詳細、およびフッターの各セクションを確認することができます。デザインの変更時に基になるデータを表示することはできませんが、レイアウト ビューよりデザイン ビューのほうがより簡単に実行できる特定のタスクがあります。たとえば、以下のタスクを実行できます。

  • フォームにラベル、画像、線、四角形などのさまざまなコントロールを追加する。

  • プロパティ シートを使わずに、テキスト ボックス自体でテキスト ボックス コントロールのソースを編集する。

  • フォーム ヘッダー、詳細セクションなどのフォーム セクションのサイズを変更する。

  • レイアウト ビューでは変更できない特定のフォーム プロパティ ("既定のビュー"、"フォームビューの許可" など) を変更する。

ページの先頭へ

レイアウト ビューでフォームを変更する

フォームを作成したら、レイアウト ビューでデザインを簡単に微調整することができます。参考として実際のフォーム データを使って、コントロールを再配置し、サイズを調整できます。フォームには新しいコントロールを追加して、フォームとそのコントロールのプロパティを設定できます。

レイアウト ビューに切り替えるには、ナビゲーション ウィンドウでフォーム名を右クリックし、[レイアウト ビュー] ボタン イメージ をクリックします。

フォームがレイアウト ビューで表示されます。

プロパティ シートを使うと、フォーム、およびフォームのコントロールやセクションのプロパティを変更できます。 プロパティ シートを表示するには、F4 キーを押します。

[フィールド リスト] ウィンドウを使って、基になるテーブルやクエリからフォーム デザインにフィールドを追加することができます。[フィールド リスト] ウィンドウを表示するには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • [形式] タブの [コントロール] グループで [既存のフィールドの追加] ボタン イメージ をクリックします。

  • Alt キーを押しながら F8 キーを押します。

その後、[フィールド リスト] ウィンドウから直接フォームにフィールドをドラッグできます。

  • 1 つのフィールドを追加するには、フィールドをダブルクリックするか、または [フィールド リスト] ウィンドウから、フォーム上でそのフィールドを表示するセクションにフィールドをドラッグします。

  • 同時に複数のフィールドを追加するには、Ctrl キーを押しながら、追加するフィールドをクリックします。次に、選択したフィールドをフォームにドラッグします。

ページの先頭へ

デザイン ビューでフォームを変更する

デザイン ビューでフォームのデザインを微調整することもできます。デザイン グリッドに追加することで、新しいコントロールとフィールドをフォームに追加できます。プロパティ シートでは、フォームをカスタマイズするために設定できる多くのプロパティにアクセスできます。

デザイン ビューに切り替えるには、ナビゲーション ウィンドウでフォーム名を右クリックし、[デザイン ビュー] ボタン イメージ をクリックします。

フォームがデザイン ビューで表示されます。

プロパティ シートを使うと、フォーム、およびフォームのコントロールやセクションのプロパティを変更できます。 プロパティ シートを表示するには、F4 キーを押します。

[フィールド リスト] ウィンドウを使って、基になるテーブルやクエリからフォーム デザインにフィールドを追加することができます。[フィールド リスト] ウィンドウを表示するには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • [デザイン] タブの [ツール] グループで [既存のフィールドの追加] ボタン イメージ をクリックします。

  • Alt キーを押しながら F8 キーを押します。

その後、[フィールド リスト] ウィンドウから直接フォームにフィールドをドラッグできます。

  • 1 つのフィールドを追加するには、フィールドをダブルクリックするか、または [フィールド リスト] ウィンドウから、フォーム上でそのフィールドを表示するセクションにフィールドをドラッグします。

  • 同時に複数のフィールドを追加するには、Ctrl キーを押しながら、追加するフィールドをクリックします。次に、選択したフィールドをフォームにドラッグします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×