レイアウト ガイドを使用してページをレイアウトする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

レイアウト ガイドを使用して、テキストや図などのオブジェクトを列と行にまとめると、調和のとれたレイアウトにしあげることができます。

内容

[レイアウト ガイドとは

レイアウト ガイドをページの構造

レイアウト ガイドとは

レイアウト ガイドは、図、テキスト ボックス、テーブルなどのオブジェクトの配置を調整する際に役立ちます。レイアウト ガイドを有効にすると、ページ上にオブジェクトを配置するときに整列状態を視覚的に確認できるため、オブジェクトを効果的に配置することができます。図形、図、テキスト ボックス、テーブル、ワードアート、およびグループ化されたオブジェクトを、その端部または中線に沿って整列させることができます。さらに、テーブルの場合は、グリッド線を使用して整列させることもできます。レイアウト ガイド上でオブジェクトをドラッグしたりオブジェクトのサイズを変更したりすると、端部、中線、および (テーブルの) グリッド線がガイドに一時的に "吸着" されるため、ガイドの位置がわかります。

レイアウト ガイドには、余白ガイド、垂直グリッド ガイド、水平グリッド ガイド、およびベースライン ガイドが含まれます。

レイアウト ガイド

1. 余白ガイド

2. 垂直グリッド ガイド

3. 水平グリッド ガイド

4. ベースライン ガイド

5. ルーラー ガイド

レイアウト ガイドを使用してマスタ ページにグリッドを作成できます。そのマスタ ページが使用されている文書の各ページにグリッドが表示されます。

詳細については、ルーラー ガイドのを表示するルーラーを非表示にする、または記事。

ページの先頭へ

レイアウト ガイドを使用してページをレイアウトする

(冊子のような) 見開きページに印刷するように文書を設定する

  1. [ページ デザイン] タブの [余白] をクリックし、[ユーザー設定の余白] を選択します。

  2. [レイアウト ガイド] ダイアログ ボックスで、[マスター ページ] の [見開きページ マスター] チェック ボックスをオンにします。

  3. [余白ガイド] の []、[]、[]、[] の各ボックスに、ページ余白に必要な間隔を入力します。

    注: 現在のページだけに適用されているマスター ページの余白を設定すると、文書が 1 つ以上のマスター ページを使用している場合、その他のマスター ページは受けませんこれらの余白設定します。

垂直グリッド ガイドと水平グリッド ガイドを設定する

  1. [ページ デザイン] タブの [ガイド] をクリックし、[グリッド ガイド ] タブをクリックします。

  2. [垂直グリッド ガイド] の [レイアウト] ボックスに列数を入力し、列間の間隔を [間隔] ボックスに入力します。

  3. [水平グリッド ガイド] の [] ボックスに行数を入力し、行間の間隔を [間隔] ボックスに入力します。

  4. 各列および行の間の空間の中心にガイドを追加するには、[段組み余白にセンター ガイドを追加] チェック ボックスをオンにします。

  5. [OK] をクリックします。

ベースライン ガイドを設定する

ベースライン ガイドを使用すると、列内の複数のテキスト ボックス間でリンクされていないテキストを揃えることができます。テキスト配置のオン/オフを切り替えるには、([書式] メニューの [段落] をクリックし、[インデントと行間隔] タブをクリックして) [テキストをベースライン ガイドに揃える] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  1. [ホーム] タブで、[行間] をクリックし、[ベースライン ガイド] を選びます。

  2. [ベースライン ガイド] タブの [水平ベースライン] の [間隔] ボックスに、ベースラインの間隔を入力します。

    注: 東アジア言語がインストールされている言語の編集がある場合は、垂直ベースラインの設定が表示されます。

  3. 先頭のベースライン ガイドと上の余白との間の間隔を [オフセット] ボックスに入力します。

    注: オフセットの基準は、テキスト ボックスの上ではなく、上の余白です。

  4. 文書でベースライン ガイドを表示するには、[表示] タブの [ベースライン] をクリックします。

    注: 東アジア言語の編集言語をインストールした場合は水平ベースライン垂直ベースラインをクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×