レイアウト ガイドを使用してテキストの段組みを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

デザイン済みのテキストの段組をサポートしていない文書で作業している場合に、次の操作を行います。たとえば、デザイン済みのテンプレートを使わずに最初からニュースレターを作成している場合です。

この記事の内容

[レイアウト ガイドとは

レイアウト ガイドを含む列と行を作成します。

レイアウト ガイドとは

レイアウト ガイドには、余白ガイド、垂直グリッド ガイド、水平グリッド ガイド、およびベースライン ガイドが含まれます。Microsoft Office Publisher ではルーラー ガイドも使用できます。

レイアウト ガイド

1. 余白ガイド

2. 垂直グリッド ガイド

3. 水平グリッド ガイド

4. ベースライン ガイド

5. ルーラー ガイド

垂直および水平レイアウト ガイドを使用して、テキストや図などのオブジェクトを列と行にまとめると、調和のとれたレイアウトにしあげることができます。レイアウト ガイドを使用してマスタ ページにグリッドを設定すると、そのマスタ ページが使用されている文書の各ページにグリッドが表示されます。文書を印刷するときは、グリッドは表示されません。

注: [位置合わせ] コマンド ([配置] メニューの [位置合わせ] サブメニュー) の 1 つをオンにしている場合に、項目をうまくドラッグできない場合は、[位置合わせ] コマンドをオフにしてください。

ページの先頭へ

レイアウト ガイドに列と行を作成する

  1. [配置] メニューの [レイアウト ガイド] をクリックし、[グリッド ガイド] タブをクリックします。

  2. [垂直グリッド ガイド] の [レイアウト] ボックスに列数を入力し、列間の間隔を [間隔] ボックスに入力します。

  3. [水平グリッド ガイド] の [] ボックスに行数を入力し、行間の間隔を [間隔] ボックスに入力します。

  4. 文書を見開きページで印刷する場合は、[余白ガイド] タブをクリックし、[マスタ ページ] の [見開きページ マスタ] チェック ボックスをオンにします。

  5. [OK] をクリックします。

  6. 列のテキスト ボックスを作成するには、オブジェクト] ツールバーの [テキスト ボックス ボタン イメージ をクリックし、[レイアウト ガイドで定義されている列の内側をドラッグします。

注: [ガイドに合わせる] コマンド ([配置] メニューの [位置合わせ] サブメニュー) がオンになっている場合、マウス ボタンを離したときに、各テキスト ボックスの位置が、最も近くにあるレイアウト ガイドに揃います。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×