レイアウト用の表を挿入する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事の内容

レイアウト用の表の概要

あらかじめ定義されたレイアウト用の表を挿入する

特定の寸法を持つカスタムのレイアウト用の表を挿入する

カスタムのレイアウト用の表を描画する

レイアウト用の表内のコントロールを自動的に書式設定する

レイアウト用の表の概要

レイアウト用の表を使用すると、より整理された、洗練された外観のテンプレートをデザインできます。レイアウト用の表は、フォーム テンプレートの内容 (コントロール、フォーム テンプレートのセクション、ロゴやその他の画像など) を整理および配置するための行と列を含む枠組みです。

次の例では、フォーム テンプレート上のセクションに含まれるテキスト ボックスを整理するために、レイアウト用の表が使用されています。

フォーム テンプレートのセクション内のレイアウト テーブル

1. このレイアウト テーブルには 2 つの行があります。

2. 2 行目には 3 つの列があります。中央の列は間隔を空けるためだけに使用されています。

レイアウト用の表の境界は、デザイン モードでは破線のグリッド線として表示されます。フォーム テンプレートを基盤とするフォームにユーザーが入力すると、このグリッド線は表示されなくなります。

ヒント: デザイン モードでグリッド線が表示されないようにするには、[] メニューの [グリッド線の非表示] をクリックします。

[レイアウト] 作業ウィンドウには、あらかじめ定義された一連のレイアウト用の表が表示されます。これらの表をフォーム テンプレートに挿入し、必要に応じて修正できます。たとえば、[3 列の表] をクリックすると、1 つの行と 3 つの列を含む空白の表をフォーム テンプレートに直ちに挿入できます。この表に行を追加するには、フォーム テンプレート上の表のセル内をクリックし、[レイアウト] 作業ウィンドウの [表の行の追加] をクリックします。

独自のレイアウト用の表を作成する場合は、特定の数の行と列を持つカスタムのレイアウト用の表を挿入できます。また別の方法として、カスタムのレイアウト用の表を描画して、さらに複雑なデザインの表を作成することもできます。たとえば、高さの異なるセルを持つレイアウト用の表や、行ごとに列数が異なるレイアウト用の表を作成できます。

ページの先頭へ

あらかじめ定義されたレイアウト用の表を挿入する

  1. フォーム テンプレートで、レイアウト用の表を挿入する場所をカーソルを置きます。

  2. [表示形式] メニューの [レイアウト] をクリックします。

  3. [レイアウト] 作業ウィンドウの [レイアウト用の表の挿入] ボックスの一覧で、該当するレイアウト用の表の種類をクリックします。

  4. この表に行および列を追加するには、フォーム テンプレート上の表のセル内をクリックし、[セルの結合と分割] ボックスの一覧で該当するオプションをクリックします。

    ヒント: 行、列、または表自体を削除するには、表内の任意の場所を右クリックし、[削除] をポイントして、該当するオプションをクリックします。

ページの先頭へ

特定の寸法を持つカスタムのレイアウト用の表を挿入する

  1. フォーム テンプレートで、レイアウト用の表を挿入する場所をカーソルを置きます。

  2. [] ツールバーの [挿入] をクリックし、[レイアウト用の表] をクリックします。

  3. [表の挿入] ダイアログ ボックスで、表に含まれる列数と行数を入力します。

ページの先頭へ

カスタムのレイアウト用の表を描画する

  1. フォーム テンプレート上のレイアウト用の表を描画する場所にカーソルを置きます。

  2. [] ツールバーの [罫線を引く] をクリックします。

    ポインタが鉛筆に変わります。

  3. 表の外側の境界線を定義するには、フォーム テンプレート上に四角形を描画し、その四角形内に列および行の境界線を描画します。

    罫線を引く方法

  4. 行または行のブロックを消去するには、[] ツールバーで、消しゴム ボタンの画像 ] をクリックし、線を消去するに沿って消しゴムをドラッグします。

ページの先頭へ

レイアウト用の表内のコントロールを自動的に書式設定する

フォーム テンプレート上のコントロールを挿入するのには、[コントロール] 作業ウィンドウまたはデータ ソース] 作業ウィンドウを使用できます。コントロールを挿入するデータ ソース] 作業ウィンドウを使用している場合は、すぐにする] セクションでコントロールおよびレイアウト テーブル内の対応するラベルを挿入することができますのショートカットを使用できます。データベース、Web サービス、またはその他の外部データ ソースに基づくフォーム テンプレートをデザインする場合、このショートカットが最適とデータ ソースの繰り返しグループを挿入します。セクションと省略可能セクションなどのコントロールは、繰り返しグループにバインドされます。

次の図は、[データ ソース] 作業ウィンドウで [従業員] グループを選択し、ショートカット メニューの [レイアウト用の表内のコントロール] をクリックした場合を示しています。

[レイアウト テーブル] コマンド内のコントロールを使用してコントロールを追加する

1. [従業員] グループの横にある矢印をクリックすると、コントロールの挿入オプションを示すメニューが表示されます。レイアウト用の表内にコントロールを挿入するには、このメニューの [レイアウト用の表内のコントロール] をクリックします。

2. "従業員" グループの各フィールドが、フォーム テンプレート内でコントロールおよび対応するラベルによって簡潔に示されます。コントロールのラベルは、データ ソース内のフィールド名またはグループ名から取得されます。

  1. [データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソース] をクリックします。

  2. [データ ソース] 作業ウィンドウで、1 つ以上のフィールドを含む繰り返さないグループを選択します。

    注: 誤って繰り返しグループを選択すると、ショートカット メニューに一連の異なるコマンドが表示されます。

  3. グループを右クリックし、ショートカット メニューの [レイアウト用の表内のコントロール] をクリックします。

    選択されたグループ内の各フィールドに対応するコントロールおよびラベルを含むレイアウト用の表が、Microsoft Office InfoPath によってフォーム テンプレートに直ちに追加されます。InfoPath では、フィールドまたはグループのデータ型に基づいて、追加するコントロールの種類が決定されます。たとえば、グループ内の各フィールドに Text 型 (文字列型) のデータが使用されている場合は、表のセルにテキスト ボックス コントロールが追加されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×