レイアウトと、文書の 1 つのセクションの書式設定を変更するセクション区切りを使用します。

セクション区切りを使用して、文書の一部のページのレイアウトや書式設定を変更できます。たとえば、1 段の段組みのページを 2 段にレイアウトすることができます。文書を章に分割して、各章のページ番号が 1 から始まるように設定できます。また、文書のあるセクション用に異なるヘッダーやフッターを作成することもできます。

セクション区切りを設定した文書の例

1.] セクションは、1 つの列として書式設定します。これは、Microsoft Office Word で既定の列の形式です。

2.] セクションは、2 つの列として書式設定します。2 つの列のレイアウトにテキストを移動するには、[する 2 つの列に表示される、ページ レイアウト(Office 2007、Office 2010 および Office 2013 で) または (Office 2016 の場合)、[レイアウト] をクリックし、[ページ設定] でテキストを強調表示] の下の下矢印をクリックして、 2] をクリックします。

この記事の内容

セクション区切りを挿入するための種類

文書のレイアウトを変更または書式設定

文書のレイアウトの変更を削除します。

挿入できるセクション区切りの種類

セクション区切りは、文書の一部のレイアウトや書式設定を変更するために使用します。セクションごとに設定できる書式は、次のとおりです。

  • 余白

  • 用紙サイズ、印刷の向き

  • プリンタの用紙トレイ

  • ページ罫線

  • ページ上での文字列の垂直方向の配置

  • ヘッダーとフッター

  • [列]

  • ページ番号

  • 行番号

  • 脚注と文末脚注

    注記: 

    • セクション区切りはその前にあるセクションの書式を制御します。セクション区切りを削除すると、そのセクション区切りより前の文書内容に設定されていたセクションの書式も削除されます。文書内容は次のセクションの一部になり、そのセクションの書式が設定されます。たとえば、セクション区切りを使用して文書を複数の章に分割していた場合、第 2 章の先頭にあるセクション区切りを削除すると、第 1 章と第 2 章は 1 つのセクションになり、第 2 章で使用されていた書式設定だけが適用されます。

    • 文書の最後の部分の書式設定を制御するセクション区切りは、文書の一部としては表示されません。文書の書式設定を変更するには、文書の最後の段落をクリックします。

次の例は、挿入できるセクション区切りの種類を示しています。図の点線の二重線は、セクション区切りを示します。

[次のページから開始] をクリックすると、セクション区切りが挿入され、次のページから新しいセクションが開始されます。この種類のセクション区切りは、文書で新しい章を開始するときに便利です。

次ページのセクション区切りの例

[現在の位置から開始] をクリックすると、セクション区切りが挿入され、同じページから新しいセクションが開始されます。現在の位置から開始するセクション区切りは、ページの一部で段組みの数などの書式設定を変更する場合に便利です。

セクションの末尾や文書の末尾の区切りの例

[偶数ページから開始] または [奇数ページから開始] をクリックすると、次の偶数ページまたは奇数ページから新しいセクションが開始されます。文書の新しい章を常に奇数ページまたは偶数ページから始める場合は、[奇数ページから開始] または [偶数ページから開始] セクション区切りオプションを使用します。

[奇数ページから開始] セクション区切り

ページの先頭へ

文書のレイアウトや書式設定を変更する

  1. 書式設定を変更する位置をクリックします。

    一対のセクション区切りを挿入するドキュメントの一部を選択することができます。

  2. [ページ レイアウト] タブ (または Office 2016 の [レイアウト] タブの [)、[ページ設定]、[区切り] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  3. [セクション区切り] で、必要な書式設定の変更に合ったセクション区切りの種類をクリックします。

    たとえば、文書を複数の章に分割し、各章を奇数ページから始めたいとします。この場合は、[セクション区切り] の [奇数ページから開始] をクリックします。

ページの先頭へ

文書のレイアウトの変更を削除する

セクション区切りは、文書内で書式設定が変更される場所を定義します。セクション区切りを削除すると、そのセクション区切りより前の文書内容に設定されていたセクションの書式も削除されます。文書内容は次のセクションの一部になり、そのセクションの書式が設定されます。

点線の二重線で示されるセクション区切りが表示されるように、下書き表示で作業していることを確認します。

  1. 削除するセクション区切りを選択します。

  2. Del キーを押します。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×