ルールの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ルールは、フォーム内の条件に基づいて発生するアクションやフォームの記入時に発生するイベントを実行することにより、フォームの動作を制御します。フォームでルールを使用して制御できる動作として、ダイアログ ボックスにメッセージを自動的に表示する、フィールド値を設定する、SharePoint またはデータベースに対してデータをクエリまたは送信する、ビューを切り替えるなどが挙げられます。これらのルールは、コントロール内の値の変更、ボタンのクリック、フォームを開くまたは送信するなどのユーザー操作によりトリガーされます。また、フォームが開かれるときの条件 (たとえば、ユーザー ロール) やデータ ソースからクエリされる値に基づいて、これらのルールをトリガーすることもできます。

内容

ルールの種類

ルールを作成します。

コントロールに適用されるルールを管理します。

開く、またはフォームを送信するためのルールを設定します。

ルール インスペクター (フォーム テンプレートにルールをすべて表示)

ルールの種類

ルールには次の 3 つの種類があります。

  • 入力規則   入力規則は、ユーザーがコントロールに無効な値を入力すると、エラーを示すに使用されます。たとえば、テキスト ボックスに入力規則は、ユーザーが有効な電子メール アドレスを入力することを確認できます。詳細については、関連の入力規則には、データの入力規則の追加のルールが参照してください。

  • 書式設定   書式のルールを使用して、テキストの書式設定し、条件が満たされた場合に、コントロールに網かけの背景を適用します。また、コントロールを無効または非表示にも使用できます。書式のルールが非表示にするなどの「X の手順に進んでください」するための手順ではなく、上記の質問に対するユーザーの応答に基づいてフォロー アップの質問を表示するなど詳細については、関連の書式設定ルールは、条件付き書式のルールを追加する参照してください。

  • 操作   アクションは、ほとんどのさまざまな種類のルールです。表示を切り替える、その他のフィールドの値を設定、フォームを送信またはデータのクエリを使用します。アクションは、しようとして適用して、ブラウザー フォームまたは InfoPath Filler フォームを作成するかどうかによって、利用できます。詳細については、他のアクションを実行する関連のルールでは、その他の操作を実行するためのルールの追加を参照してください。

ページの先頭へ

ルールを作成する

フォームにルールを追加するには、次の 2 種類の方法があります。[ホーム] タブまたは [コントロールのプロパティ] タブの [ルール] で、[ルールの追加] メニューを使用するか、[ルールの管理] をクリックして、[ルール] 作業ウィンドウを開きます。

[ホーム] タブの [ルールの追加] メニューの方が、すばやく簡単にルールをフォームに追加できます。たとえば、4 つの手順だけでルールをフォームに追加して日付を検証できます。

  1. 日付の選択コントロールを選択します。

  2. [ルールの追加] をクリックします。

  3. [現在よりも未来] をクリックします。

  4. [入力規則のエラーを表示] をクリックします。

これで、ユーザーが現在よりも先の日付を入力すると、エラー メッセージが表示されます。この自動的に作成されるルールは、[ルール] 作業ウィンドウでカスタマイズできます。たとえば、[ヒント] ボックスに変更を加えて、詳細なエラー メッセージをユーザーに表示できます。

ページの先頭へ

コントロールに適用されるルールを管理する

すべてのルールは [ルール] 作業ウィンドウで管理されます。選択したコントロールに適用されているルールのみが表示されます。たとえば、ユーザーの入力が有効な電子メール アドレスであることを検証するルールが適用されたテキスト ボックス コントロールがあるとします。このテキスト コントロールを選択すると、そのルールだけが [ルール] 作業ウィンドウに表示されます。

ルールの概要

[ルール] 作業ウィンドウでは、ルールを追加、削除、コピーできます。たとえば、チームの作業負荷とリスクを 1 ~ 10 のスライド制で評価する場合に、7 よりも大きな値はフィールドを赤く網がけしてフラグを立てるというルールを作成し、そのルールをフォームの [チームの作業負荷] フィールドと [チームのリスク] フィールドにコピーできます。

[ルール] 作業ウィンドウで使用できるアクションの一部を次に示します。

  • 新しいルールを作成するには、[新規作成] をクリックします。

  • ルールを削除するには、ルールを選択して [削除] をクリックします。

  • コントロールに適用されている 1 つまたはすべてのルールをコピーするには、[ルールのコピー] または [ルールをすべてコピー] をクリックします。

  • コピーしたルールを貼り付けるには、[ルールの貼り付け] をクリックします。

ページの先頭へ

フォームを開く場合または送信する場合のルールを設定する

フォームが初めて読み込まれるときや、ユーザーがフォームを送信するときに実行される追加のルールを設定できます。フォームの読み込みルールまたはフォームの送信ルールを追加するには、[データ] タブの [ルール] で [フォームの読み込み] をクリックして、フォームが読み込まれるときに実行されるルールを設定するか、または [フォームの送信] をクリックして、ユーザーがフォームを送信するときのルールを設定します。[フォームの読み込み] または [フォームの送信] をクリックすると、コントロールを選択した場合と同様に [ルール] 作業ウィンドウ内の表示が変わります。[フォームの読み込み] をクリックすると、フォームが読み込まれるときに実行されるルールが [ルール] 作業ウィンドウに表示されるので、必要に応じてルールを追加または管理します。

[フォームの送信] ボタンを有効にするには、次の操作を行います。

  1. [データ] タブの [フォームの送信] で [送信オプション] をクリックします。

  2. [ユーザーによるこのフォームの送信を許可する] をオンにして、[動作規則を使用してユーザー設定操作を実行する] をクリックします。

  3. [OK] をクリックします。

重要: [ルール] 作業ウィンドウが表示されたら、フォームを送信するときに実行される新しいルールを作成します。これを行わない場合すぐに、フォームの送信] ボタンを再び有効にする必要があります。ルールが追加されると、フォームの送信] ボタンが有効な場合とを切り替えることができる別のルールのコンテキスト。

ページの先頭へ

ルールの検査 (フォーム テンプレート内のすべてのルールを表示する)

フォームで使用されているすべてのルールおよび計算された既定値を表示するには、[ルールの検査] ダイアログ ボックスを使用します。[ルールの検査] ダイアログ ボックスを開くには、[データ] タブの [ルール] で [ルールの検査] をクリックします。

ルールの概要

[ルールの検査] ダイアログ ボックスには、ルールが適用されているフィールドと、それらのルールがフォーム テンプレート内のその他のフィールドにどのように関連付けられているかが表示されます。フォームで使用しているルールに問題があり、問題を解決する場合にも、このダイアログ ボックスが役に立ちます。

注: 書式のルールは、[ルールの検査] ダイアログ ボックスが表示されません。

[ルールの検査] ダイアログ ボックスを開くと、次の 4 種類のルールが表示されます。

  • 入力規則

  • 計算された既定値

  • アクション

  • プログラミング

これらの各セクションには、各フィールドのルールとは別に、ルールが適用されているフィールドも表示されます。ルールごとに条件と対応するアクションが表示されます。

フィールドをクリックすると、そのフィールドに直接的または間接的に関連付けられているルールが次のカテゴリに分類されて [ルールの検査] に表示されます。

  • このフィールドまたはグループに依存するルール   このカテゴリには、[フィールドまたはグループ内の値を使用したルールが含まれます。たとえば、特定の範囲に含まれるフィールド 1 の値は、ユーザーがこのフォームを開くときに実行するルールを作成することができます。

  • ルールは、このフィールドまたはグループの変更によって行わします。   このカテゴリにした場合は、アクティブ化したルールが含まれていますフィールドまたはグループの変更] の値。たとえば、ユーザーが入力した日付に 7 日を追加し、他のコントロールで、新しい日付を自動的に表示するルールを作成することができます。

  • ルールをこのフィールドまたはグループを変更することがあります。   このカテゴリには、このフィールドまたはグループの値を変更できるルールが含まれます。たとえば、フォーム テンプレート内の別のフィールドの値に基づいて、このフィールドの値を設定するルールを作成することができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×