ルームを作成する (リアルタイムオブジェクト指向モデリング) 図

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ルームモデリング言語は、リアルタイムシステムをモデル化するために使われます。ROOM は、高度なオブジェクト指向の概念と、従来のリアルタイムのソフトウェア手法を組み合わせたものです。ROOM を使用して、システムのコンポーネントとそれらのリレーションシップ (構造) のグラフィカルモデルと、システムのイベントへの応答 (動作) を作成することができます。

ルームの方法については、「ふすまセ、Gullekson、ポール t. ウォード (John ワイリー & サンズ株式会社、1994) の「リアルタイムオブジェクト指向モデリング」を参照してください。

どうしたいんですか

ルーム構造図を作成する

ルームビヘイビアー図を作成する

ルーム構造図を作成する

ルーム構造図は、システムの主要なコンポーネントを示しています。

ルーム構造図の主なコンポーネントは、明確に定義された目的を持つアクティブオブジェクトであるアクタです。アクタはアクタクラス定義に基づいており、これらの定義のプロパティを継承します。構造図は、アクターとその関係を表します。

アクターは、アクターのインターフェイスコンポーネントであるポートを通じて他のアクターと通信します。バインディングは、アクター間のコミュニケーションパスを表します。

ROOM 構造図

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[ソフトウェアとデータベース] をポイントして、[会議室] をクリックします。

  2. [アクタークラス] 図形を [部屋] から図面ページにドラッグします。

  3. 図形に名前を付け、それを選んで入力します。

  4. [アクター参照] 図形または変更されたアクタ ref図形を図面ページにドラッグし、[アクタclass ] 図形内に配置します。

    注: 変更したアクタ refオブジェクトの種類をいつでも編集するには、図形を右クリックし、[アクタ参照の種類の選択] をクリックします。

  5. [ポート] 図形を図面ページにドラッグし、[アクター] 図形に接続します。

    注: 後でポートの種類を変更するには、図形を右クリックし、[参照ポートの選択] または [リレーポートの選択] をクリックします。

  6. バインド図形を図面ページにドラッグし、ポート図形に接続して、ポート間の通信パスを表します。

  7. ルーム図にルームレイヤーが含まれている場合は、レイヤーを追加するか、コネクタ図形をエクスポートして、別のレイヤーを接続します。

ページの先頭へ

ルームビヘイビアー図を作成する

動作図は、アクターの実装、または動作を示しています。ルームビヘイビアー図は、ROOMcharts とも呼ばれます。

ROOMcharts の主なコンポーネントは、オブジェクトが新しいイベントを受容している状態であり、その間にオブジェクトが別のステートに変化します。状態コンテキストは、入れ子になった一連の状態で構成され、システムの現在の状態を表します。

各状態は、アクターが特定の動作を示す期間を表します。切り替え点は、状態のコンテキスト間の切り替えの始点または終点を表します。

ルームモデリング言語では、多数のアクタによって共有される実装レベルのサービスをレイヤーに割り当てることで、大規模システムを簡素化できます。垂直方向に拡張できるアクターと、レイヤーを水平方向にモデル化することができます。バインディングがポート間の通信を表すのと同じように、レイヤーコネクタとエクスポートコネクタは構造内のレイヤー間の通信を表します。

ROOM 動作図

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[ソフトウェアとデータベース] をポイントして、[会議室] をクリックします。

  2. [状態] コンテキスト図形を [会議室] から図面ページにドラッグします。

  3. 図形に名前を付け、それを選んで入力します。

  4. [状態] 図形を図面ページにドラッグし、状態のコンテキスト図形内に配置します。

  5. [切り替え点] 図形を図面ページにドラッグし、[状態] 図形に接続します。

    注: いつでも切り替えポイントの種類を変更するには、図形を右クリックし、[切り替えポイントの種類の選択] をクリックします。

  6. [グループ切り替え]、[内部の自己切り替え]、[履歴図形への切り替え] などの特殊な切り替え図形を図面ページにドラッグし、[状態] 図形に接続します。

  7. [切り替え] 図形を図面ページにドラッグし、[状態] 図形に接続します。

    注: 切り替えが複数のパスに分割されている場合は、[チョイス] 図形を図面ページにドラッグし、分岐点の切り替えを原点として接続します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×