ルックアップ プロパティ ページ (ADP)

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

(Microsoft SQL Server 2000 のみです。)このプロパティ ページには、ルックアップ フィールドに関連するプロパティのセットが含まれています。このプロパティ ページは、テーブル、ビュー、およびインライン関数に適用されます。

テーブル名

テーブルで作業している場合にのみ表示されます。テーブルの名前を示します。データベース ダイアグラムで作業していて、その中で 1 つ以上のテーブルを選択している場合、最初のテーブルの名前のみが表示されます。

オブジェクト名

ビューまたは行で関数を使用している場合にのみ表示されます。ビューまたは関数の名前が表示されます。このプロパティを編集することはできません。

列名

テーブルを使用している場合に、そのテーブル内の列の名前が表示されます。ビューまたは行で関数を使用している場合に、そのビューまたは関数の出力列の名前が表示されます。別の列のルックアップ プロパティを確認するには、ドロップダウン リストから選択します。

表示コントロール

フォームに含まれているときに、この列の値を表示するための既定のコントロールが表示されます。

値集合ソースの種類

"値集合ソース"プロパティと共に動作します。値集合ソース (テーブル/クエリ、値リスト、[フィールド リスト] または Visual Basic 関数) の種類を指定し、"値集合ソース"プロパティで、実際の行のソースを指定するには、このプロパティを使用します。

値集合ソース

[値集合タイプは、テーブル/クエリに設定されている場合に、テーブル、クエリ、または SQL ステートメントの名前が表示されます。ストアド プロシージャは表示されませんが、データを変更しない単一ステートメントのストアド プロシージャの名前を入力することができます。

[値集合タイプは、値リストに設定されている場合は、セミコロンで区切ってリストで、エントリが表示されます。

[値集合タイプは、フィールド リストに設定されている場合に、テーブルまたはクエリの名前が表示されます。

[値集合タイプは、関数名に設定されている場合は、値集合ソースが空白にします。

連結列

複数列の連結リスト ボックスまたはコンボ ボックスの [基になる] フィールドにバインドする列が表示されます。

列数

リスト ボックスまたはコンボ ボックスの [列の数が表示されます。

列の幅

セミコロンで区切って、各列の幅を示しています。連結列を表示、非表示に 0 の幅の値を使用します。

リスト行数

リスト ボックス部分のコンボ ボックスに表示する行の最大数を示しています。

リスト幅

コンボ ボックスのリスト ボックス部分の幅を示しています。

入力チェック

コンボ ボックスが、入力したテキストまたはリスト内の値のいずれかに一致するテキストのみを受け入れるかどうかを決定します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×