ルックアップ フィールドを作成してデータの表示方法をカスタマイズする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データシート、フォーム、またはフィールドには、別の値を格納するときに、特定の値を表示するレポートのフィールドを設定する場合は、ルックアップ フィールドを作成します。フィールドに ID を (またはその他の外部キー値) などの番号よりもわかりやすい名前を表示する場合は、ルックアップ フィールドをお勧めします。たとえば、連絡先の ID 番号を表示するには、代わりに、Microsoft Office Access で連絡先の名前を表示できます。この例では、連結値または値のソース テーブル、クエリ、またはリストに保存されている連絡先の ID 番号が呼び出されます。連絡先の ID 番号は自動的に元の中で検索し、連絡先の名前に置き換えられます。連絡先の名前は、[表示] の値と呼ばれます。

注: ルックアップ フィールドの表示値と連結値は、データシート ビューに表示される値が表示値であるのに対し、実際に格納されている値が連結値であるという点で異なります。

ルックアップ フィールドがデータシートで表示またはアクセスされる場合は、ルックアップ列と呼ばれます。

ルックアップ フィールドは、単純なものも、複雑なものも作成できます。単純なルックアップ フィールドでは、1 つの値のみが格納されます。複雑なルックアップ フィールドや複数の値を持つルックアップ フィールドでは、コンボ ボックスやリスト ボックス コントロールに表示される複数の値を格納できます。複数の値を持つフィールドの各エントリでは、対応する連結値に基づいて表示値が "ルックアップ" (参照) されます。ルックアップ値を選択式にすると、入力可能な値を制限できるため、データ入力エラーを回避するのに役立ちます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

新しいルックアップ フィールドを作成します。

ルックアップ フィールドを既存のフィールドを変更します。

フィールドのルックアップ プロパティを削除します。

設定または変更するルックアップ フィールドのプロパティ

新しいルックアップ フィールドを作成する

テーブルやクエリ、または作成した値リストからデータを取得するルックアップ フィールドを作成できます。

注: ルックアップ フィールドの値リストを作成すると、現在のレコードのフィールドの値が自動的に入力されます。

テーブルまたはクエリからルックアップ値を選択する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、操作するテーブルを右クリックして、[デザイン ビュー] をクリックします。

  2. ルックアップ フィールドとして定義を下向き矢印をクリックして、[ルックアップ ウィザード] をクリックする列に対応するデータ型] 列のセルをクリックします。

  3. ルックアップ ウィザードで、[テーブルまたはクエリの値をルックアップ列に表示する] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. ルックアップ フィールドの値のソースを表示して選択するには、次のページで、[表示] の [テーブル] オプション、[クエリ] オプション、または [両方] オプションをクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. [利用可能なフィールド] で、追加するフィールドを選びます。

  6. 選択ボタン の選択] ボタンをクリックします。

  7. その他のフィールドを追加し、[次へ] をクリックする場合は、この手順を繰り返します。

  8. ルックアップ フィールドの並べ替えのオプションを指定するには、ウィザードの次のページで、一番上の並べ替えフィールドの横にある下向き矢印をクリックし、値の並び替えの基準にするフィールド名をクリックします。

  9. 並べ替え順序を昇順から降順に変更するには、[昇順] ボタンをクリックし、[次へ] をクリックします。

  10. ルックアップ フィールドの幅を調整するには、ウィザードの次のページで、マウスを使用して列を目的の幅にドラッグし、[次へ] をクリックします。

    ヒント: ルックアップ列を使用するユーザーに対して特定のフィールドの値のみを表示し、主キー フィールドの値を表示しないようにするには、[キー列を表示しない] チェック ボックスをオンのままにします。

  11. ウィザードの次のページで、ルックアップ列のラベル名を入力します。

  12. 複数の値を持つルックアップ列を作成するには、[複数の値を許可する] チェック ボックスをオンにします。

    注: 複数の値を格納できるようにするには、このチェック ボックスをオンにする必要があります。

    ルックアップ ウィザードから複数値ルックアップ オプションを選ぶ

  13. [完了] をクリックします。

ヒント: 特定のルックアップ フィールドに適用されたプロパティは、[フィールド プロパティ] の [ルックアップ] タブで参照できます。

ルックアップ フィールドのデータ ソースとしてテーブルまたはクエリを使用

リストからルックアップ値を選択する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、操作するテーブルを右クリックして、[デザイン ビュー] をクリックします。

  2. ルックアップ フィールドとして定義を下向き矢印をクリックして、[ルックアップ ウィザード] をクリックする列に対応するデータ型] 列のセルをクリックします。

  3. ルックアップ ウィザードでは、指定の値で必要なを選択し、[次へ] をクリックします。

  4. ウィザードの次のページで、ルックアップ リストに含める列の数を入力します。

  5. ルックアップ リストに値を入力し、[次へ] をクリックします。

    注: ルックアップ フィールドの幅は調整できますが、列が見えなくなるまで幅を狭くすると、ルックアップ列に表示されなくなります。

  6. 手順 4. で複数の列を指定した場合は、各値を一意に識別するための列を選択する必要があります。[選択可能なフィールド] ボックスで、各値を一意に識別するために使用する列をクリックし、[次へ] をクリックします。

    注: 手順 4. で複数の列を指定しなかった場合、この手順は表示されません。

  7. ウィザードの次のページで、ルックアップ列のラベル名を入力します。

  8. 複数の値を持つルックアップ列を作成するには、[複数の値を許可する] チェック ボックスをオンにします。

    注: 複数の値を格納できるようにするには、このチェック ボックスをオンにする必要があります。

  9. [完了] をクリックし、[はい] をクリックして変更を保存します。

ページの先頭へ

既存のフィールドをルックアップ フィールドに変更する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、操作するテーブルを右クリックして、[デザイン ビュー] をクリックします。

  2. ルックアップ フィールドとして定義を下向き矢印をクリックして、[ルックアップ ウィザード] をクリックする列に対応するデータ型] 列のセルをクリックします。

  3. 表示される指示に従ってウィザードを完了します。

ページの先頭へ

フィールドのルックアップ プロパティを削除する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、操作するテーブルを右クリックして、[デザイン ビュー] をクリックします。

  2. ルックアップ プロパティを削除するフィールドを選択します。

  3. [ルックアップ] タブをクリックします。

  4. [表示コントロール] ボックスの一覧の [テキスト ボックス] をクリックします。

ページの先頭へ

ルックアップ フィールドのプロパティを設定または変更する

ルックアップ ウィザードを使用すると、ルックアップ フィールドのプロパティが自動的に設定されます。これらのプロパティを変更して、ルックアップ フィールドの動作を変更できます。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、操作するテーブルを右クリックして、[デザイン ビュー] をクリックします。

  2. ルックアップ プロパティを変更するフィールドをクリックします。

  3. [ルックアップ] タブをクリックします。

  4. 変更するプロパティの横のドロップダウン矢印をクリックし、目的のオプションを選択します。

    次の表は、設定または変更できるプロパティを示しています。

プロパティ

アクション

表示コントロール

コントロールの種類に応じて、次のいずれかを設定します。

  • [チェック ボックス]    "はい/いいえ" フィールドのみです。

  • [テキスト ボックス]    ユーザーによって入力されたコンテンツを表示します。

  • [リスト ボックス]    ボックスに値の一覧を表示します。

  • コンボ ボックス     閉じた状態では選択されている値を表示し、開いたときには選択可能な値の一覧を表示します。

注: [表示コントロール] プロパティを [テキスト ボックス] または [チェック ボックス] に設定すると、ルックアップが無効になります。

値集合タイプ

ルックアップ フィールドの値を、別のテーブルまたはクエリを使って設定するか、指定した値リストを使って設定するかを選択します。テーブルまたはクエリのフィールド名を使用してリストを設定することもできます。

値集合ソース

ルックアップ フィールドの値を提供するテーブル、クエリ、または値リストを指定します。[値集合タイプ] プロパティが [テーブル/クエリ] または [フィールド リスト] に設定されている場合、このプロパティは、テーブル名、クエリ名、またはクエリを表す SQL ステートメントに設定する必要があります。[値集合タイプ] プロパティが [値リスト] に設定されている場合は、セミコロンで区切られた値リストを含める必要があります。

連結列

ルックアップ フィールドによって格納される値を提供する [値集合ソース] プロパティの列を指定します。この値の範囲は、1 から [値集合ソース] プロパティの列数までです。

列数

ルックアップ列に表示できる値集合ソースの数を指定します。このプロパティの値には、1 ~ 255 の整数を指定できます。

列見出し

列見出しを表示するかどうかを指定します。[いいえ] (既定値) と [はい] のどちらかの値を指定できます。

列幅

各列の列幅を入力します。ID 番号など、非表示にする列の幅は 0 に設定します。

リスト行数

ルックアップ列に表示する行数を指定します。

ListWidth/リスト幅

ルックアップ列に表示するコントロールの幅を指定します。

LimitToList/入力チェック

リストにない値の入力をユーザーに許可するかどうかを選択します。

複数の値の許可

複数の値を持つフィールドをルックアップ フィールドで使用し、複数の値を選択できるようにするかどうかを指定します。[いいえ] (既定値) と [はい] のどちらかに設定できます。[はい] を選択した場合は、各レコードの [値集合ソース] プロパティから複数の値を選択できます。

複数値を持つフィールドの詳細については、複数値を持つフィールドの概要」を参照してください。

値リストの編集の許可

値リストに基づくルックアップ フィールドの項目を編集できるかどうかを指定します。このプロパティが [はい] に設定されている場合、単一列の値リストに基づくルックアップ フィールドを右クリックすると、[リスト項目の編集] メニュー オプションが表示されます。ルックアップ フィールドに複数の列がある場合、このプロパティは無視されます。

リスト項目編集フォーム

テーブルまたはクエリに基づくルックアップ フィールドのリスト項目の編集に使用する、既存のフォームを指定します。

値集合ソースの値のみの表示

[複数の値の許可] が [はい] に設定されている場合、現在の値集合ソースと一致する値のみを表示します。

表の値を検索プログラムを使用して、参照記事DLookup 関数を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×