ルックアップ フィールドをテーブルに追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ルックアップ フィールドを使って、1 つのテーブル内にある値を検索 ("ルックアップ") します。検索した値は別のテーブルで使えます。ルックアップ フィールドを使うと、ドロップダウン リストの値を指定してフィールドへのデータ入力を簡単にすることができます。データは、データシート、フォーム、Access Web アプリ ビューのいずれのものでもかまいません。

たとえば、米国の 50 州の リストを用意し、データベースのユーザーが州名を入力する代わりにそのリストから州を選べるようにするとします。その場合は、Access のルックアップ ウィザードを使って、州名のルックアップ フィールドを設定します。

Access Web アプリでルックアップ フィールドを作成する

デスクトップ データベースでルックアップ フィールドを作成する

ルックアップ フィールドで使う値のリストを作成する

Access Web アプリでの操作

デスクトップ データベースでの操作

コンボ ボックスと オートコンプリート ルックアップ フィールド

Access Web アプリでルックアップ フィールドを作成する

データベース テンプレートを使ってアプリを作成した、またはテンプレートを使ってテーブルを追加したことがある場合は、テーブル間にルックアップ関係が既に作成されている場合があります。ルックアップ フィールドを確認するには、Access のデザイン ビューでテーブルを開き、[データ型] 列で [ルックアップ] データ型を探します。

Access Web アプリにルックアップ ウィザードを使うには、次の手順を実行します。

  1. Access デスクトップ プログラムのデザイン ビューでテーブルを開きます。

  2. フィールド一覧の最初の空白行に新しいルックアップ フィールドの名前を入力し、[データ型] 列の [ルックアップ] を選びます。ルックアップ ウィザードが起動します。

    重要: Access Web アプリでは、新しいフィールドを追加し、その直後にルックアップ データ型を使うように設定する必要があります。既存のフィールドをルックアップ データ型に変更しようとすると、フィールドにそれまで値が指定されたことがなくても、テーブル構造に変更内容を保存できません。この制限は、Web アプリにのみ適用されます。

  3. [ルックアップ フィールドの値を他のテーブルまたはクエリから取得します] をクリックします。

  4. データ ソースとして使うテーブルまたはクエリを選びます。

  5. [ルックアップに表示する値は何ですか?] リストから、ルックアップ データに使うフィールドまたはクエリを選びます。

  6. 値の並べ替え方法を [ルックアップの項目を並べ替えますか?] リストで選びます。

  7. ソース テーブルからのレコードが削除されたときの動作を処理するオプションを選びます。

    注: 通常は、データの整合性を維持するのに役立つ [対応するレコードが <テーブル名> テーブルにある場合は、削除しません] オプションが最適です。それ以外のオプションを使う場合は慎重に扱ってください。

  8. [OK] をクリックしてテーブルを保存します。

詳しくは、「Access デスクトップ データベースのデータ型」と「Access アプリのデータ型」をご覧ください。

デスクトップ データベースでルックアップ フィールドを作成する

  1. デザイン ビューで、既存のフィールドを選択または、新しいフィールドを追加し、ルックアップウィザードのデータ型を選択します。

  2. ウィザードの最初の画面で、[ルックアップ フィールドの値を他のテーブルまたはクエリから取得します] を選び、[次へ] をクリックします。

  3. [ビュー] で、ソースとして使うテーブルまたはクエリを選びます。[次へ] をクリックします。

  4. [次へ] をクリックして選んだ内容を受け入れます。

  5. 並べ替え順序を選び、[次へ] をクリックします。

  6. ソース テーブルのキー フィールドが、リストに表示したいフィールドではない場合、[キー列を表示しない (推奨)] ボックスをオンにして、そのフィールドを非表示にします たとえば、最初の列に数字があり、2 番目の列に表示したい値がある場合に、最初の列を非表示にできます。

  7. [次へ] をクリックします。

  8. フィールド名がまだ指定されていない場合、ウィザードでは、他のテーブルのフィールド名またはソース クエリの名前が使われます。

  9. [完了] をクリックしてテーブルを保存します。

    ヒント: 既存のフィールドをルックアップ フィールドに変換すると、変換後に既存の値が失われる可能性があることを通知する警告が表示されます。これらの値を保存する必要がある場合は、変換しようとしているテーブル (構造とデータを含む) のコピーを作成します。

ルックアップ フィールドで使う値のリストを作成する

既存のフィールドを使う、またはクエリをソースとして使う代わりに、値のリストを作成できます。

Access Web アプリでの操作

  1. Access デスクトップ プログラムのデザイン ビューでテーブルを開きます。

    重要: Web アプリでは、新規フィールドを使う必要があります。フィールドのデータ型をルックアップに変更すると、そのフィールドにこれまで値を指定したことがなくても、変更内容をテーブル構造に保存することはできません。

  1. 新規フィールドを追加して、データ型として [ルックアップ] を選びます。ルックアップ ウィザードが起動します。

  2. [表示する値をここで指定する] ボックスをオンにします。

  3. 各行に 1 つの値を入力し、[OK] をクリックします。

デスクトップ データベースでの操作

  1. Access デスクトップ プログラムのデザイン ビューでテーブルを開きます。新規フィールドを追加するか、または既存フィールドをルックアップに変換できます。

  2. フィールドの [データ型] 列で [ルックアップ ウィザード] をクリックします。

  3. [表示する値をここで指定する] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. グリッド内にある [Col1] の各セルに、列の下に向かって値を入力していき、必要な値をすべて入力したら [次へ] をクリックします。

  5. [入力チェック] ボックスをオンにして、リストにない値をユーザーが入力できないようにします。

  6. [複数の値の許可] ボックスをオンにして、ユーザーが複数のフィールド値を選べるようにします。

詳しくは、「ルックアップ フィールドに複数の値を格納する」をご覧ください。

  1. [完了] をクリックします。

コンボ ボックスと オートコンプリート ルックアップ フィールド

ここに示す Web アプリのリスト ビューでは、[State] ボックスがコンボ リスト コントロールで、ドロップダウン リストに名前が表示されます。名前の最初の文字または最初の数文字を入力すると、それと一致するリスト内の最初の候補に移動します。リストのすべての選択肢を一度に見る必要がある場合は、コンボ ボックスを使ってください。

コンボ ボックスをビューに追加する」をご覧ください。

コンボ ボックスの選択肢

このビューでは、[出荷ゾーン] ボックスが、"出荷ゾーン" テーブルの "ゾーン" フィールドに関連付けられています。[出荷ゾーン] ボックスは、コンボ ボックス コントロールではなく、オートコンプリート ボックス コントロールです。オートコンプリート ボックスは、入力を始めるまでは空です。文字を入力すると、リスト内のアイテムに一致する選択肢が表示されます。検索対象がわかっていて、長いリストをスクロールして確認する必要がない場合は、オートコンプリート ボックスを使ってください。

オートコンプリート ボックスに入力する

オートコンプリート コントロールをビューに追加する」をご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×