ルックアップ フィールドに複数の値を格納する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

レコードごとに複数の値を格納するルックアップ フィールドを作成できます。これは、主題について複数の関連事実を把握する場合に役立ちます。たとえば、案件管理データベースがあり、案件を担当する従業員の情報を把握したいとします。複数の案件を 1 人の従業員が担当していたり、複数の従業員が 1 つの案件を担当していたりする可能性があります。このようなデータ構造は多対多リレーションシップと呼ばれます。Access では、複数値を持つルックアップ フィールドを使用して、このような関連データを簡単に把握できます。

この記事では、複数値を持つルックアップ フィールドの概要、フィールドをテーブルに追加する方法、既存のルックアップ フィールドを変更する方法について説明します。

この記事の内容

概要

データシート ビューで複数値を持つルックアップ フィールドを作成する

デザイン ビューで複数値を持つルックアップ フィールドを作成する

ルックアップ ウィザードを使用して複数値を持つルックアップ フィールドを作成する

デザイン ビューでルックアップ フィールドのプロパティを確認または変更する

複数値を持つルックアップ フィールドのデザインを変更する

概要

ルックアップ フィールドは、テーブルまたはクエリ、または値リストにある値を持つテーブル フィールドです。ルックアップ フィールドをクリックしてデータシートにデータを入力する場合、値リストが表示されその中から選択できます。ルックアップ フィールドには複数の値を指定できます。つまり、リストから複数の項目を選択できます。コンボ ボックスまたはリスト ボックスに選択した項目を表示できます。

複数値を持つルックアップ フィールドの作成

データシート ビューまたはデザイン ビューで複数値を持つルックアップ フィールドを作成することができます。

注: デザイン ビューでは、web データベースで使用できません。

いずれかのビューで複数値フィールドを作成するのには、ルックアップ ウィザードを使用します。ルックアップ ウィザード プロセスの合理化し自動的に、適切なフィールドのプロパティを設定し、適切なテーブルのリレーションシップを作成します。

複数値を持つルックアップ フィールドの変更

複数値を持つ既存のルックアップフィールドを変更するには、ルックアップ ウィザードを再度実行できます。

連結値と表示値

テーブルまたはクエリからデータを取得するルックアップ フィールドを作成する場合、ソース テーブルのキー フィールドを使用して、どの値とどのレコードを組み合わせるか判断します。ただし、通常キー フィールドには、本質的に意味のないデータがあります。通常は、オートナンバー データ型の ID フィールドです。ルックアップ フィールドでは、キー フィールドの表示は名前などの意味のある内容に置き換えられます。 保存されている値は、連結値と呼ばれます。表示されている値は表示値と呼ばれます。

たとえば、Contacts Extended という名前のクエリからの一連の従業員 ID の値が AssignedTo という名前のフィールドに保存されている可能性があります。ただし、AssignedTo はルックアップ フィールドなため、一連の検索された値がクエリ結果に表示されています。 この場合、担当者名です。従業員 ID の値は連結値です。担当者名は表示値です。

表示値のデータシートと連結値のデータシート

1. 表示値

2. 連結値

連結値が重要な理由

既定では、表示値はデータシート ビューでテーブルを開いたときに自動的に表示されます。ただし、連結値は、ルックアップ フィールドに保存され、クエリの抽出条件で使用され、既定で他のテーブルとの結合で使用される値です。

たとえば、前述の図で示したように、AssignedTo ルックアップ フィールドを使用するクエリがあり、"田本千夏" に割り当てられている案件を表すレコードを除外する場合、彼女を除外するために使用する抽出条件には、名前ではなく、次のような連結値 (9) を使用する必要があります。WHERE AssignedTo.Value <> 9

ページの先頭へ

データシート ビューで複数値を持つルックアップ フィールドを作成する

複数値を持つルックアップ フィールドをデータシート ビューで開いているテーブルに追加できます。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、ルックアップ フィールドを作成するテーブルをダブルクリックし 、テーブルをデータシート ビューで開きます。

  2. 最後の列の右側にある [クリックして追加] をクリックし、[ルックアップ/リレーションシップ] をクリックします。

    ルックアップ ウィザードが起動します。

  3. ルックアップ ウィザードの手順に従います。詳細については、「ルックアップ ウィザードを使用して複数値を持つルックアップ フィールドを作成する」をご覧ください。

ページの先頭へ

デザイン ビューで複数値を持つルックアップ フィールドを作成する

注: デザイン ビューでは、web データベースで使用できません。

デザイン ビューを操作しているときに、複数値を持つルックアップ フィールドを作成できます。デザイン ビューを操作している場合、同じルックアップ ウィザードを使用してデータシート ビューで使用するルックアップ フィールドを作成します。ただし、デザイン ビューでは、フィールドのすべてのプロパティに完全にアクセスできるので、これらのプロパティを直接編集できます。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、複数値を持つルックアップ フィールドを追加するテーブルを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

  2. テーブル デザイン グリッドで、最初の空の行を探します。

  3. 最初の空の行で、[フィールド名] 列をクリックし、複数値を持つルックアップ フィールドのフィールド名を入力します。

  4. その行の [データ型] 列、矢印の順にクリックし、ドロップダウン リストの [ルックアップ ウィザード] を選びます。

    ルックアップ ウィザードが起動します。

  5. ウィザードの手順に従います。ルックアップ ウィザードを完了する方法については、「ルックアップ ウィザードを使用して複数値を持つルックアップ フィールドを作成する」をご覧ください。

  6. ウィザードの完了後に、ルックアップ フィールドのプロパティを編集できます。ルックアップ フィールドのプロパティの詳細については、「デザイン ビューでルックアップ フィールドのプロパティを確認または変更する」をご覧ください。

[完了] をクリックすると、ルックアップ フィールドが作成され、ルックアップ ウィザードで選択した内容に基づいてフィールド プロパティが設定されます。デザインビューの [フィールド プロパティ] の下枠にあるフィールド プロパティを表示できます。特にルックアップ フィールドに適用されるプロパティを参照するには、[ルックアップ] タブをクリックします。

ページの先頭へ

ルックアップ ウィザードを使用して複数値を持つルックアップ フィールドを作成する

ルックアップ ウィザードを使用して、テーブルまたはクエリに基づくフィールド、または入力した値リストに基づくフィールドを作成できます。このセクションでは、ルックアップ ウィザードの手順について説明します。

テーブルまたはクエリに基づいて複数値を持つルックアップを作成する

  1. ルックアップ ウィザードで、[ルックアップ フィールドの値を他のテーブルまたはクエリから取得します] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  2. ボックスの一覧で、目的のテーブルまたはクエリをクリックし、[次へ] をクリックします。

  3. [選択可能なフィールド] で、ルックアップ対象のフィールドをクリックします。

  4. クリックしたフィールドを [選択したフィールド] ボックスの一覧に移動するには、[>] をクリックします。すべてのフィールドを [選択したフィールド] ボックスの一覧に移動するには、[>>] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. さらに、ルックアップ項目の並べ替えに使用するフィールドを 4 個まで選ぶことができ、選んだら [次へ] をクリックします。

  6. 必要に応じて、ルックアップ フィールド内の列の幅を調整し、[次へ] をクリックします。

  7. [このルックアップ用に複数の値を保存しますか?] で、[複数の値を許可する] チェック ボックスをオンにします。

    注: 複数値を格納するには、このチェック ボックスをオンにする必要があります。

  8. [完了] をクリックします。

    [完了] をクリックすると、ルックアップ フィールドが作成され、ルックアップ ウィザードで選択した内容に基づいてフィールド プロパティが設定されます。

  9. テーブルを保存するには、[ファイル] タブの [保存] をクリックします。

    キーボード ショートカット ctrl キーを押しながら S

入力した値に基づいて複数値を持つルックアップ フィールドを作成する

  1. ルックアップ ウィザードで、[表示する値をここで指定する] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  2. 列の数を入力します。次に、各値を入力します。次の列または行に移動するには、Tab キーを押します。

    値リストを編集できるようにするには、使う列を 1 つだけにしてください。

  3. 値の入力が完了したら、[次へ] をクリックします。

  4. 手順 2 で複数の列を指定した場合は、各値を一意に識別するための列を選択する必要があります。[選択可能なフィールド] ボックスで、各値を一意に識別するために使用する列をダブルクリックします。

    注: 手順 2 で複数の列を指定しなかった場合、この手順は表示されません。

  5. ルックアップ ウィザードで、ルックアップ フィールドのラベルを入力します。

  6. [このルックアップ用に複数の値を格納するか?複数の値を許可する] チェック ボックスをオンにします。

    注: 複数値を格納するには、このチェック ボックスをオンにする必要があります。

  7. [完了] をクリックします。

  8. テーブルを保存するには、[ファイル] タブの [保存] をクリックします。

    キーボード ショートカット ctrl キーを押しながら S

複数値を持つフィールドを作成すると、データシート ビューで、チェック ボックス付きドロップダウン リストとして表示されます。

ページの先頭へ

デザイン ビューでルックアップ フィールドのプロパティを確認または変更する

注: デザイン ビューでは、web データベースで使用できません。

デザインビューの [フィールド プロパティ] の下枠にあるルックアップ フィールド プロパティを確認できます。特にルックアップ フィールドに関連したプロパティを参照するには、[ルックアップ] タブをクリックします。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、ルックアップ フィールドを追加するテーブルを右クリックし、ショートカット メニューの [デザイン ビュー] をクリックします。

  2. [フィールド名] 列で、ルックアップ フィールドの名前をクリックします。

  3. [フィールド プロパティ] で、[ルックアップ] タブをクリックします。

    ルックアップ プロパティが表示されます。

    複数値を持つルックアップ フィールドのプロパティ

最初のプロパティ (表示コントロール) の値を設定する場合、リストに表示されるプロパティが選択内容に合わせて変更されます。ルックアップ フィールドのプロパティを設定して、ルックアップ フィールドの動作を変更できます。ルックアップ ウィザードを使用してルックアップ フィールドを作成する場合、ルックアップ フィールドのプロパティが自動的に設定されます。

ルックアップ フィールドのプロパティ

プロパティ名

目的

DisplayControl/表示コントロール

コントロールの種類を [チェック ボックス]、[テキスト ボックス]、[リスト ボックス] または [コンボ ボックス] に設定します。ルックアップ フィールドで選択する最も一般的な種類は [コンボ ボックス] です。

RowSourceType/値集合タイプ

ルックアップ フィールドの値を、別のテーブルまたはクエリを使って設定するか、指定した値リストを使って設定するかを選択します。テーブルまたはクエリのフィールド名を使用してリストを設定することもできます。

RowSource/値集合ソース

ルックアップ フィールドの値を提供するテーブル、クエリ、または値リストを指定します。"値集合タイプ" プロパティが [テーブル/クエリ] または [フィールド リスト] に設定されている場合、このプロパティはテーブルまたはクエリの名前あるいはクエリを表す SQL ステートメントに設定する必要があります。"値集合ソースの種類" プロパティが [値リスト] に設定されている場合、このプロパティにはセミコロンで区切られた値リストを含める必要があります。

BoundColumn/連結列

ルックアップ フィールドによって保存された値を提供する値集合ソースの列を指定します。この値の範囲は、1 から値集合ソースの列数までです。

格納する値を提供する列は、表示列と同じ列でなくてもかまいません。

ColumnCount/列数

ルックアップ フィールドに表示できる値集合ソースの列の数を指定します。表示する列を選択するには、"列幅" プロパティに列幅を指定します。

ColumnHeads/列見出し

列見出しを表示するかどうかを指定します。

ColumnWidths/列幅

各列の列幅を入力します。ID 列などの列を表示しない場合は、幅として 0 を指定します。

ListRows/リスト行数

ルックアップ フィールドを表示する場合に表示される行の数を指定します。

ListWidth/リスト幅

ルックアップ フィールドを表示する場合に表示されるコントロールの幅を指定します。

LimitToList/入力チェック

リストにない値を入力できるようにするかどうかを指定します。

AllowMultipleValues/複数の値の許可

ルックアップ フィールドで複数の値を選択できるようにするかどうかを示します。

注:  このプロパティの値を [はい] から [いいえ] に変更することはできません。

AllowValueListEdits/値リストの編集の許可

値リストに基づくルックアップ フィールド内のアイテムを編集できるかどうかを指定します。このプロパティが[はい]に設定し、1 つの列の値リストに基づくルックアップ フィールドを右クリックすると、リスト アイテムの編集] メニューのオプションが表示されます。ルックアップ フィールドには、複数の列がある場合は、このプロパティは無視されます。

ListItemsEditForm/リスト項目編集フォーム

テーブルまたはクエリに基づくルックアップ フィールドのリスト項目を編集する場合に使用する既存のフォームの名前を指定します。

ShowOnlyRowSourceValues/値集合ソースの値のみの表示

"AllowMultipleValues/複数の値の許可" が [はい] に設定されている場合、現在の値集合ソースに一致する値のみを表示します。

ルックアップ フィールドの連結値は、"連結列" プロパティによって決まります。ルックアップ フィールドの表示値は、幅がゼロ以外の "列幅" プロパティで表されている 1 つまたは複数の列です。

ページの先頭へ

複数値を持つルックアップ フィールドのデザインを変更する

複数値を持つルックアップ フィールドのデザインを変更するには、次のいずれかの操作を行います。

  • リストベースの複数値を持つルックアップ フィールドの値リストを編集する

    注:  編集するには、値リストの列が 1 つだけであることと、"値リストの編集の許可" プロパティが [はい]に設定されていることが必要です。

  • デザイン ビューでルックアップ フィールドのプロパティを編集します。

    注: デザイン ビューでは、web データベースで使用できません。

  • ルックアップ フィールドを選択した状態でルックアップ ウィザードを起動して、ルックアップ フィールドを変更します。

値リストを基にした複数値を持つルックアップ フィールドの値リストを編集する

リストの値を追加または変更したり、既定値を設定したりできます。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、複数値フィールドが格納されたテーブルをダブルクリックします。

    テーブルがデータシート ビューで開きます。

  2. 複数値を持つルックアップ フィールドの任意のセルを右クリックします。

  3. [リスト項目の編集] をクリックします。

  4. 値リストに変更を加え、[OK] をクリックします。

デザイン ビューで、ルックアップ フィールドのプロパティを編集する

複数値を持つルックアップ フィールドを変更するには、デザイン ビューでテーブルを開き、ルックアップ フィールドのプロパティを変更できます。ルックアップ フィールドのプロパティの詳細については、「デザイン ビューでルックアップ フィールドのプロパティを確認または変更する」をご覧ください。

データシート ビューで複数値を持つルックアップ フィールドを変更する

ルックアップ ウィザードを再実行して、ルックアップフィールドをデータシート ビューで変更できます。

  1. データシート ビューでテーブルを開き、ルックアップ フィールドを選択します。

  2. [フィールド] タブの [プロパティ] で、[ルックアップの変更] をクリックします。

  3. ウィザードの手順に従って、必要な変更を行います。ウィザードの詳細については、「ルックアップ ウィザードを使用して複数値を持つルックアップ フィールドを作成する」をご覧ください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×