ルックアップ列を追加または変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

必要な値が、別のテーブルで管理されている場合があります。たとえば、受注の得意先を [受注] テーブルに登録しようとしているとします。ただし、すべての得意先情報は [得意先] テーブルで管理されています。この場合は、ルックアップ列を作成して、得意先情報をコンボ ボックス コントロールまたはリスト ボックス コントロールに表示できます。これにより、そのコントロールで得意先を選択したときに、適切な値 (たとえば、得意先の主キー値) が受注レコードに保存されるようになります。

ここでは、ルックアップ列の概要および作成方法について説明します。

プログラムを使用して表の値を検索する方法を理解するには、「 DLookup 関数リファレンス」を参照します。複数値を持つ参照列を作成する方法については、「を追加または変更するルックアップ列に複数の値を格納」を参照してください。

この記事の内容

参照列とは何ですか。

データシート ビューでルックアップ列を作成します。

[フィールド リスト] ウィンドウを使用して、参照列を作成します。

デザイン ビューでルックアップ列を作成します。

連結値と参照列の表示値を理解します。

ルックアップ フィールドのプロパティの概要

ルックアップ ウィザードを使用します。

参照列を変更します。

ルックアップ列にフィールドを変更します。

ルックアップ列とは

ルックアップ列 (フィールド) とは、テーブルのフィールドの一種であり、別のテーブルまたは値リストから値が取得されるものをいいます。ルックアップ列を使用すると、コンボ ボックスまたはリスト ボックスに選択肢の一覧を表示できます。選択肢の一覧は、テーブルまたはクエリから取得した値か、または自分で指定した値で構成されます。ルックアップ列の作成は、フィールドのルックアップ フィールドのプロパティを設定して手動で行うか、ルックアップ ウィザードを使用して自動的に行います。ルックアップ列の作成には、できる限りルックアップ ウィザードを使用してください。ルックアップ ウィザードを使用すると、手順が簡単で、適切なフィールド プロパティの設定と適切なテーブル リレーションシップの作成が自動的に行われます。

ルックアップ列

ルックアップ列は、データシート ビューとデザイン ビューのどちらでも作成できます。

ページの先頭へ

データシート ビューでルックアップ列を作成する

テーブルを開いたとき、既定では、データシート ビューでテーブルが開かれます。ルックアップ列を追加するには、[データシート] タブの [フィールドと列] で [ルックアップ列] をクリックします。これにより、ルックアップ ウィザードが起動し、手順に従ってルックアップ列を作成できます。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして、[開く] をクリックします。

  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、データベースを選択して開きます。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、ルックアップ列を作成するテーブルをダブルクリックし、テーブルをデータシート ビューで開きます。

  4. [データシート] タブの [フィールドと列] で [ルックアップ列] をクリックします。

    Access リボンのイメージ

    ルックアップ ウィザードが起動します。

    テーブル/クエリまたは値リストを選択するルックアップ ウィザードのページ

  5. ルックアップ ウィザードの最初のページで、ルックアップ列をテーブルまたはクエリの値に基づいて作成するか、入力した値リストに基づいて作成するかを指定します。

    よくあるルックアップ列の種類としては、関連するテーブルまたはクエリからの参照値を表示するものがあります。

  6. [次へ] をクリックし、ウィザードを完了する指示に従って操作します。ウィザードの完了についての詳細については、ルックアップ ウィザードを使用する」を参照してください。

[完了] をクリックすると、ルックアップ列の作成が完了し、ルックアップ ウィザードで選択した内容に基づいてフィールド プロパティが設定されます。

ページの先頭へ

[フィールド リスト] ウィンドウを使用してルックアップ列を作成する

複数のテーブルから成るデータベースを使用している場合は、[フィールド リスト] ウィンドウからフィールドをドラッグして、ルックアップ フィールドの作成を開始できます。[フィールド リスト] ウィンドウに表示されるフィールドは、データベースの他のテーブルで使用できます。この方法でルックアップ列を作成した場合、ルックアップ ウィザードが自動的に起動され、データシートにドラッグしたフィールドが、ルックアップ列のフィールドの 1 つに設定されます。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして、[開く] をクリックします。

  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、データベースを選択して開きます。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、ルックアップ列を作成するテーブルをダブルクリックし、テーブルをデータシート ビューで開きます。

  4. [データシート] タブの [フィールドと列] グループで [既存のフィールドの追加] をクリックします。

    Access リボンのイメージ

    [フィールド リスト] ウィンドウが表示されます。

  5. テーブルの横のプラス記号 (+) をクリックして、そのテーブルのフィールド リストを表示します。

  6. 目的のフィールドを [フィールド リスト] ウィンドウからデータシート ビュー内のテーブルにドラッグします。

  7. 挿入ラインが表示されたら、フィールドをドロップします。

    [フィールド リスト] ウィンドウからフィールドを挿入するための挿入行

    ルックアップ ウィザードが起動します。

  8. ウィザードを完了する手順に従います。ウィザードの完了についての詳細については、ルックアップ ウィザードを使用する」を参照してください。

    ウィザードの完了後、ルックアップ列がデータシート ビュー内のテーブルに表示されます。

ページの先頭へ

デザイン ビューでルックアップ列を作成する

ルックアップ列は、データシート ビューで作成する他に、デザイン ビューでも作成できます。デザイン ビューで操作するときは、データシート ビューで使用するのと同じルックアップ ウィザードを使用してルックアップ列を作成します。ただし、デザイン ビューの場合は、フィールドのすべてのプロパティに完全にアクセスできるので、これらのプロパティを直接編集できます。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして、[開く] をクリックします。

  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、データベースを選択して開きます。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、ルックアップ列を追加するテーブルを右クリックし、ショートカット メニューの [デザイン ビュー] をクリックします。

  4. テーブル デザイン グリッドで、最初の空の行を探します。

  5. 最初の空の行で、[フィールド名] 列のセルをクリックし、ルックアップ列のフィールド名を入力します。

  6. 次に、その行の [データ型] 列をクリックし、ドロップダウン矢印をクリックして、[ルックアップ ウィザード] をクリックします。

    ルックアップ ウィザードが起動します。

    テーブル/クエリまたは値リストを選択するルックアップ ウィザードのページ

  7. ルックアップ ウィザードの最初のページで、ルックアップ列をテーブルまたはクエリの値に基づいて作成するか、入力した値リストに基づいて作成するかを指定します。

    よくあるルックアップ列の種類としては、関連するテーブルまたはクエリからの参照値を表示するものがあります。

  8. [次へ] をクリックし、ウィザードを完了する指示に従って操作します。ウィザードの完了についての詳細については、ルックアップ ウィザードを使用する」を参照してください。

[完了] をクリックすると、ルックアップ列の作成が完了し、ルックアップ ウィザードで選択した内容に基づいてフィールド プロパティが設定されます。デザイン ビューの下部にあるウィンドウの [フィールド プロパティ] に、フィールド プロパティが表示されます。ルックアップ列に固有に適用されるプロパティを参照するには、[ルックアップ] タブをクリックします。

ルックアップ列の連結値と表示値について理解する

ルックアップ列を使用する目的は、ID (またはその他の外部キーの値) などの数値を、名前のようにわかりやすい値に置き換えて表示することです。たとえば、連絡先 ID の代わりに連絡先名を表示できます。連絡先 ID の数値は連結値になります。ソース テーブルまたはクエリでは、自動的に、連絡先 ID を参照して連絡先名が検索されます。連絡先名は表示値になります。

参照列のバインド値 VS 表示値

1. 表示値

2. 連結値

ルックアップ列には、ユーザー インターフェイスに表示される表示値と、コントロールに格納されている連結値があります。連結値に基づいて、表示値が "ルックアップ" (参照) されます。つまり、Access では、ルックアップの表示値は、フィールドに格納されている連結値と必ずしも同じではありません。たとえば、[受注] テーブルの例では、[受注] テーブルの "得意先" フィールドには、[得意先] テーブルの得意先 ID の値が格納されています (連結値)。しかし、"得意先" フィールドはルックアップ フィールドなので、ルックアップ値が表示されます (この場合は得意先名)。得意先名は表示値です。

ルックアップ フィールドの表示値とその連結値の違いを理解する必要があります。表示値は、既定でデータシート ビューに自動的に表示されます。しかし、実際に格納されている値は連結値であり、クエリの抽出条件で使用する値、および他のテーブルとの結合で Access が既定で使用する値も連結値です。

ページの先頭へ

ルックアップ フィールドのプロパティについて

デザイン ビューの下部にあるウィンドウの [フィールド プロパティ] に、ルックアップ フィールドのプロパティが表示されます。ルックアップ列に固有に関連付けられたプロパティを参照するには、[ルックアップ] タブをクリックします。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして、[開く] をクリックします。

  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、データベースを選択して開きます。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、ルックアップ列を追加するテーブルを右クリックし、ショートカット メニューの [デザイン ビュー] をクリックします。

  4. ルックアップ列の [フィールド名] 列のセルをクリックします。

  5. [フィールド プロパティ] で、[ルックアップ] タブをクリックします。

    ルックアップ フィールドのプロパティが表示されます。

最初の "DisplayControl/表示コントロール" プロパティを設定すると、選択内容に合わせて一覧に表示されるプロパティが変わります。ルックアップ フィールドのプロパティを設定することにより、ルックアップ列の動作を変更できます。ルックアップ ウィザードを使用してルックアップ列を作成した場合、ルックアップ フィールドのプロパティは自動的に設定されます。

ルックアップ フィールドのプロパティ

プロパティ名

目的

DisplayControl/表示コントロール

コントロールの種類を [チェック ボックス]、[テキスト ボックス]、[リスト ボックス]、または [コンボ ボックス] に設定します。ルックアップ列で最もよく使用されるのは、[コンボ ボックス] です。

RowSourceType/値集合タイプ

ルックアップ列の値を別のテーブルまたはクエリの値に基づいて設定するか、指定した値リストを使用するかを指定します。テーブルまたはクエリのフィールドの名前を使用してリストを設定することもできます。

RowSource/値集合ソース

ルックアップ列の値を提供するテーブル、クエリまたは値リストを指定します。"RowSourceType/値集合タイプ" プロパティを [テーブル/クエリ] または [フィールド リスト] に設定した場合、このプロパティはテーブルまたはクエリの名前、あるいはクエリを表す SQL ステートメントに設定する必要があります。"RowSourceType/値集合タイプ" プロパティを [値リスト] に設定した場合、このプロパティはセミコロンで区切られた値のリストに設定する必要があります。

BoundColumn/連結列

ルックアップ列に格納される値を提供する値集合ソースの列を指定します。この値の範囲は、1 から値集合ソースの列数です。

注: 格納する値を提供する列は、表示列と同じ列でなくてもかまいません。

ColumnCount/列数

ルックアップ列に表示できる値集合ソースの列数を指定します。表示する列を選択するために、"ColumnWidths/列幅" プロパティに列幅を指定します。

ColumnHeads/列見出し

列見出しを表示するかどうかを指定します。

ColumnWidths/列幅

各列の列幅を入力します。ID 番号などの列を表示しない場合は、幅として 0 を指定します。

ListRows/リスト行数

ルックアップ列に表示する行数を指定します。

ListWidth/リスト幅

ルックアップ列に表示するコントロールの幅を指定します。

LimitToList/入力チェック

リストにない値の入力をユーザーに許可するかどうかを選択します。

AllowMultipleValues/複数の値の許可

複数の値を持つフィールドをルックアップ列で使用し、複数の値を選択できるようにするかどうかを指定します。

複数値を持つフィールドの詳細については、複数値を持つフィールドの概要」を参照してください。

AllowValueListEdits/値リストの編集の許可

値リストに基づくルックアップ列の項目を編集できるかどうかを指定します。このプロパティを [はい] に設定した場合、単一列の値リストに基づくルックアップ フィールドを右クリックすると、[リスト項目の編集] メニュー項目が表示されます。ルックアップ フィールドに複数の列が含まれる場合、このプロパティは無視されます。

ListItemsEditForm/リスト項目編集フォーム

テーブルまたはクエリに基づくルックアップ列のリスト項目を編集するときに使用する既存のフォームを指定します。

ShowOnlyRowSourceValues/値集合ソースの値のみの表示

"AllowMultipleValues/複数の値の許可" が [はい] に設定されている場合、現在の値集合ソースに一致する値のみを表示します。

ルックアップ列の連結値は、"BoundColumn/連結列" プロパティによって決まります。ルックアップ列の表示値は、幅がゼロでない "ColumnWidths/列幅" プロパティによって表される列です。

ページの先頭へ

ルックアップ ウィザードを使用する

ルックアップ ウィザードが起動されるのは、データシート ビューでルックアップ列を作成するとき、データシート ビューで開かれているテーブルに [フィールド リスト] ウィンドウからフィールドをドラッグしたとき、およびデザイン ビューで [データ型] 列の [ルックアップ ウィザード] をクリックしたときです。ウィザードでは、ルックアップ列を作成するための手順が順番に示され、選択内容に応じて適切なフィールド プロパティが自動的に設定されます。また、必要に応じて、ルックアップ列をサポートするためのテーブルのリレーションシップとインデックスも作成されます。

ウィザードが起動したときに、ルックアップ列をテーブルまたはクエリに基づいて設定するか、入力した値に基づいて設定するかを決める必要があります。多くの場合、データベースが適切に設計され、主題ごとのテーブルに分割されている場合は、ルックアップ列のデータ ソースとしてテーブルまたはクエリを選択してください。

テーブル/クエリまたは値リストを選択するルックアップ ウィザードのページ

テーブルまたはクエリに基づくルックアップ列

[テーブルまたはクエリの値をルックアップ列に表示する] を選択した場合、[次へ] をクリックすると、ルックアップ列の値を提供するために使用できるテーブルの一覧が表示されます。テーブルだけを表示するには、[テーブル] をクリックします。クエリだけを表示するには、[クエリ] をクリックします。テーブルとクエリの両方を表示するには、[両方] をクリックします。テーブルまたはクエリを選択し、[次へ] をクリックします。

選択可能なテーブルおよびクエリが表示されたルックアップ ウィザードのページ

テーブルまたはクエリから利用可能なフィールドの一覧が表示されます。ルックアップ列に含めるそれぞれのフィールドについて、フィールドをクリックし、"より大" ボタン (>) をクリックして、[選択したフィールド] の一覧に移動します。ルックアップ列に表示するフィールド、およびルックアップ列で選択を行ったときに格納される値を提供するフィールドを選択する必要があります。完了したら、[次へ] をクリックします。

フィールドを選択するためのルックアップ ウィザードのページ

ルックアップ ウィザードに、ルックアップ列の並べ替えに使用するフィールドを指定するためのページが表示されます。この並べ替えは省略可能です。完了したら、[次へ] をクリックします。

並べ替え順序を指定するためのルックアップ ウィザードのページ

ルックアップ列に表示する列の幅を調整できます。ルックアップ列に表示されないように、フィールドの幅を小さくすることができます。たとえば、ID 列が表示されないようにするために、この機能を使用できます。完了したら、[次へ] をクリックします。

列の幅を調整するためのルックアップ ウィザードのページ

ルックアップ列で行を選択した場合、その行の値をデータベースに格納したり、後でその値を使用して操作を実行できます。次の図に示すように、このウィザードのページでは、値を提供するフィールドを選択できます。行を一意に識別するフィールドを選択してください。通常は、ソース テーブルの主キー フィールドを選択することをお勧めします。完了したら、[次へ] をクリックします。

連結値を選択するためのルックアップ ウィザードのページ

ルックアップ ウィザードの最後のページで、ルックアップ列の名前を入力します (この名前が、テーブルのフィールド名になります)。

ルックアップ ウィザードの最後のページ

ルックアップ列が表示されたときに複数の値を選択できるようにし、複数の値を保存するには、[複数の値を許可する] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスをオンにすると、ルックアップ列が複数値を持つフィールドに変わります。

複数値を持つフィールドの詳細については、複数値を持つフィールドの概要」および「複数の値を格納する追加または変更できる参照列を参照してください。

値リストに基づくルックアップ列

[表示する値をここで指定する] を選択した場合、[次へ] をクリックすると、ルックアップ列の値を入力するためのグリッドが表示されます。

値を入力するためのルックアップ ウィザードのグリッド

最初に、ルックアップ列に含める列の数を入力します。次に、グリッドに値を入力します。ルックアップ列に表示する列の幅を調整できます。ルックアップ列に表示されないように、フィールドの幅を小さくすることができます。完了したら、[次へ] をクリックします。

ルックアップ列で行を選択した場合、その行の値をデータベースに格納したり、後でその値を使用して操作を実行できます。次の図に示すように、このウィザードのページでは、値を提供するフィールドを選択できます。行を一意に識別するフィールドを選択してください。完了したら、[次へ] をクリックします。

連結値を選択するためのルックアップ ウィザードのページ

ルックアップ ウィザードの最後のページで、ルックアップ列の名前を入力します (この名前が、テーブルのフィールド名になります)。ルックアップ列が表示されたときに複数の値を選択できるようにし、複数の値を保存するには、[複数の値を許可する] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスをオンにすると、ルックアップ列が複数値を持つフィールドに変わります。

ルックアップ ウィザードの最後のページ

複数値を持つフィールドの詳細については、「複数値を持つフィールドの概要またはを追加または変更するルックアップ列に複数の値を格納」を参照してください。

ページの先頭へ

ルックアップ列を変更する

参照列を変更するには、デザイン ビューでテーブルを開き、[ルックアップ フィールドのプロパティを変更します。ルックアップ フィールドのプロパティの詳細については、「ルックアップ フィールド プロパティの概要」を参照してください。値リストに基づくルックアップ列と、"値リスト編集の許可"プロパティが[はい]に設定] の場合は、データシート ビューまたはフォーム ビューのリスト項目を編集できます。データシート ビューまたはフォーム ビュー内のリスト アイテムを編集するには。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして、[開く] をクリックします。

  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、データベースを選択して開きます。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、複数値を持つフィールドが格納されたテーブルまたはフォームをダブルクリックします。

    データシート ビューでテーブル (またはフォーム ビューでフォーム) が開きます。

  4. ルックアップ列を右クリックし、ショートカット メニューの [リスト項目の編集] をクリックします。

  5. 値リストを変更し、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

フィールドをルックアップ列に変更する

既存のフィールドをルックアップ列に変更するには、変更するフィールドが含まれているテーブルをデザイン ビューで開きます。該当するフィールドの [データ型] 列をクリックし、ドロップダウン リストの [ルックアップ ウィザード] をクリックします。次に、ルックアップ ウィザードに表示される指示に従って、ルックアップ列を作成します。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして、[開く] をクリックします。

  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、データベースを選択して開きます。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、ルックアップ列を追加するテーブルを右クリックし、ショートカット メニューの [デザイン ビュー] をクリックします。

  4. ルックアップ列に変更するフィールドを見つけます。

  5. 次に、その行の [データ型] 列のセルをクリックし、ドロップダウン矢印をクリックし、[ルックアップ ウィザード] をクリックします。

    ルックアップ ウィザードが起動します。

    テーブル/クエリまたは値リストを選択するルックアップ ウィザードのページ

  6. ルックアップ ウィザードの最初のページで、ルックアップ列をテーブルまたはクエリの値に基づいて作成するか、入力した値リストに基づいて作成するかを指定します。

    よくあるルックアップ列の種類としては、関連するテーブルまたはクエリからの参照値を表示するものがあります。

  7. [次へ] をクリックし、ウィザードを完了する指示に従って操作します。ウィザードの完了についての詳細については、ルックアップ ウィザードを使用する」を参照してください。

[完了] をクリックすると、ルックアップ列の作成が完了し、ルックアップ ウィザードで選択した内容に基づいてフィールド プロパティが設定されます。デザイン ビューの下部にあるウィンドウの [フィールド プロパティ] に、フィールド プロパティが表示されます。ルックアップ列に固有に適用されるプロパティを参照するには、[ルックアップ] タブをクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×