ルックアップまたは値のリストフィールドを Access web アプリに追加する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

重要    Microsoft では、SharePoint で Access Web App を作成および使用することはお勧めしなくなりました。 代わりに、Microsoft PowerApps を使用して、Web およびモバイル デバイス用にコードなしのビジネス ソリューションを作成することを検討してください。

ルックアップフィールドを使って、1つのテーブルで別のテーブルで使用できる値を検索します ("検索")。 ルックアップフィールドには、ドロップダウンリストの値を指定し、フィールドにデータを簡単に入力できるようにすることができます。 たとえば、50の米国の州のリストが必要であるとします。ユーザーは、名前を入力する代わりに、リストから状態を選ぶことができます。 Access のルックアップウィザードを使用して、状態名のルックアップフィールドを設定することができます。

この記事の内容

ルックアップ フィールドを使用してデータ入力の効率を向上する

値リストフィールドを作成する

コンボボックスとオートコンプリートコントロールの比較

ルックアップ フィールドを使用してデータ入力の効率を向上する

続行する前に、データベーステンプレートを使用してアプリを作成した場合、またはテンプレートを使用してテーブルを追加した場合、テーブル間で既に参照リレーションシップが作成されている可能性があります。 ルックアップフィールドを確認するには、Access のデザインビューでテーブルを開き、ルックアップデータ型の [データ型] 列を確認します。

Access web アプリにルックアップウィザードを使うには、次の操作を行います。

  1. Access デスクトッププログラムで、デザインビューでテーブルを開きます。

  2. フィールドの一覧の最初の空の行で、新しいルックアップフィールドの名前を入力し、[データ型] 列で [参照] を選択します。 これにより、ルックアップウィザードが開始されます。

    重要: Access web アプリでは、新しいフィールドを追加して、ルックアップデータ型を使用するようにすぐに設定する必要があります。 既存のフィールドをルックアップデータ型に変更しようとしても、フィールドに値が含まれていない場合でも、テーブルの構造への変更を保存することはできません。 この制限は、web アプリにのみ適用されます。

  3. [ルックアップフィールドの値を他のテーブルまたはクエリから取得します] をクリックします。

  4. データソースとして使用するテーブルまたはクエリを選択します。

  5. [ルックアップに表示する値を指定してください。] ボックスの一覧で、ルックアップデータに使用するフィールドまたはクエリを選びます。

  6. [ルックアップの項目を並べ替えますか? ] リストの値の並べ替え方法を選択します。

  7. ソーステーブルからのレコードが削除されたときの動作を処理するオプションを選択します。

    注: データの整合性を維持するのに役立つ、[対応するレコードがある場合は削除を禁止する] オプションは、通常、最適な選択肢です。 その他のオプションは注意して使用してください。

  8. [ OK] をクリックして、テーブルを保存します。

詳細については、「 Access アプリのデータ型」を参照してください。

ページの先頭へ

値リストフィールドを作成する

既存のフィールドまたはクエリをソースとして使用する代わりに、値のリストを作成できます。

  1. Access デスクトッププログラムで、デザインビューでテーブルを開きます。

    重要: web アプリでは、新しいフィールドを使用する必要があります。 フィールドに値が含まれていない場合でも、テーブルの構造への変更を保存することはできません。

  2. 新しいフィールドを追加し、[データ型] として [参照] を選択します。 これにより、ルックアップウィザードが開始されます。

  3. [表示する値をここで指定する] ボックスをクリックします。

  4. 各行に1つずつ値を入力して、[ OK]をクリックします。

ページの先頭へ

コンボボックスとオートコンプリートコントロールの比較

次のビューに表示されます。

オートコンプリートボックスへの入力

  • [送料] フィールドには、オートコンプリートコントロールが使用されます。 ゾーンの最初または最初の 2 ~ 3 文字の入力を開始すると、リスト内の最初の一致にジャンプします。 他のユーザーが探している内容を知っていて、長いリストをスクロールする必要がない場合は、オートコンプリートコントロールを使用します。 詳細については、「オートコンプリートコントロールをビューに追加する」を参照してください。

  • Stateフィールドでは、コンボボックスコントロールが使用されます。 下向き矢印をクリックして、値の完全なリストを表示します。 リストからすべての選択肢を表示する必要がある場合は、コンボボックスを使います。 詳細については、「コンボボックスをビューに追加する」を参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×