リンク オブジェクトと埋め込みオブジェクト

内容をオブジェクトとして挿入すると、挿入する内容と別の Microsoft Office プログラムで作成した内容との間に動的なリンクが作成されます。Ctrl キーを押しながら V キーを押すなどの方法で貼り付けた場合とは異なり、内容をリンク オブジェクトや埋め込みオブジェクトとして挿入した場合は、元のアプリケーションで内容を操作することができます。

たとえば、ワークシートのセルを Excel オブジェクトとして文書に挿入した場合は、セルをダブルクリックしたときに Microsoft Office Word から Excel が実行され、Excel のコマンドを使用してワークシートの内容を操作することができます。

リンク オブジェクトと埋め込みオブジェクトの相違点を理解する

リンク オブジェクトと埋め込みオブジェクトの主な違いは、データの保存場所と、Word ファイルに配置した後のデータの更新方法にあります。

文書にはオブジェクトへのリンクまたはオブジェクトのコピーを配置します。オブジェクトのリンクと埋め込み (OLE) テクノロジをサポートするアプリケーションからは、この方法でオブジェクトを挿入できます。

たとえば、月次進捗レポートの中に、Excel ワークシートで別に管理されている情報が含まれているとします。このレポートをワークシートにリンクすると、リンク元のファイルが更新されるたびに、レポートのデータも更新されます。ワークシートをレポートに埋め込むと、レポートに対象データの静的なコピーが格納されます。

Linked and embedded objects in an Office for Windows document

1. 埋め込みオブジェクト

2. リンク オブジェクト

3. リンク元のファイル

リンク オブジェクト

オブジェクトをリンクすると、そのオブジェクトのデータはリンク元のファイルが変更されたときに更新できます。リンクされるデータは、リンク元のファイルに保存されています。Word ファイル、つまりリンク先のファイルには、リンク元ファイルの保存場所の情報だけが保存され、リンクされたデータのイメージが表示されます。ファイル サイズを小さくする必要がある場合は、リンク オブジェクトを使用します。

別の部署で集めたデータなど、別に管理されているデータを Word 文書内で利用し、Word 文書でそのデータを常に最新の状態に保つ必要がある場合は、データをリンクすると便利です。

埋め込みオブジェクト

Excel オブジェクトを埋め込むと、Word ファイル内のオブジェクトのデータは、埋め込み元の Excel ファイルを変更しても変更されません。データを埋め込みオブジェクトとして挿入すると、オブジェクトは Word ファイルの一部となり、埋め込み元のファイルとは関連がなくなります。

埋め込みでは、すべての情報が 1 つの Word 文書に格納されるので、オブジェクトのデータに埋め込み元のファイルの変更を反映する必要がない場合や、文書を受け取ったユーザーがリンクされた情報を更新する手間を省く場合に便利です。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×