スキップしてメイン コンテンツへ

リンクされているデータ ソース情報を Excel にエクスポート

リンクされているすべてのデータ ソースのリストを、Access データベース アプリケーションから Excel にエクスポートしたいと思ったことはありませんか? 数多くの異なるデータ ソースへのリンクを含んでいるなど、複雑な Access アプリケーションで作業している場合、さまざまなデータ ソースとその種類に関するリストがあると、役に立つことがあります。 このエクスポート リストは、元々自分がデザインしたものでない Access アプリケーションで作業している場合、特に役に立つことがあります。 Access 2016 以降のバージョンでは、このタスクが [リンクテーブルマネージャー] ダイアログに組み込まれた機能を使って簡単に使用できるようになりました。

Access 2016 または新しいバージョンで [リンクテーブルマネージャー] ダイアログボックスを開くには、[外部データ>リンクテーブルマネージャー] をクリックします。 一覧表示するリンク データ ソースを選び、[Excel にエクスポート] をクリックします。

[Excel にエクスポート] ボタンを選択した Access の [リンク テーブル マネージャー] ダイアログ。

Excel ブックの保存場所を指定するように求められます。 保存場所を入力すると、リンクされているデータ ソース情報が新しいブックに表示されます。 リンクされているデータ ソースの名前、データ ソース情報、データ ソースの種類が表示されます。

Access からリンクされているテーブルの情報が表示された Excel ブック

注: Access Web アプリを設計している場合、[リンク テーブル マネージャー] ダイアログは使用できません。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×