リレーションシップの種類

3 種類のテーブル リレーションシップ

次の図に示すように、テーブルには 3 つの種類のリレーションシップを設定することができます。

あるテーブルの単一のレコードが別のテーブルの単一のレコードに関連付けられて、その逆も同様である場合は、一対一リレーションシップになります。 たとえば、1 つの専門的なファイル サーバーの修理技術者が 1 人のみの場合です。

テーブルの 1 つのレコードが別のテーブルの多くのレコードに関連付けられている場合は、一対多リレーションシップになります。 たとえば、1 人の従業員がコンピューター、椅子、机などの多くの資産を使用する場合です。

1 つのテーブルの複数のレコードが別のテーブルの複数のレコードに関連付けられている場合は、多対多リレーションシップになります。 たとえば、会社には多くのコンピューターがあり、コンピューターの保守を行う技術者が複数いる場合などです。 複数の技術者が、複数のコンピューターの担当となることがあります。

このコースでは、3 種類すべてのリレーションシップの作成方法について説明しますが、そのほとんどは最も一般的な一対多リレーションシップについてです。 データベースを SharePoint に発行する場合は、ルックアップ フィールドを作成する必要があります。その方法は、このコースの後半でビデオで紹介します。

トピック 2/10

前のトピック | 次のトピック

(最初に戻る)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×