リモート デスクトップ サービスを使用して Office 365 ProPlus を展開する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

リモート デスクトップ サービス (RDS) を使用して組織のユーザーに共有コンピューターを提供している場合、共有コンピューターに Office 365 ProPlus をインストールできます。ただし、インストールを行うには、Office 展開ツールを使用し、共有コンピューターのライセンス認証を有効にする必要があります。

RDS の一般的なシナリオは次の 2 つです。

  • RDS サーバーに Office 365 ProPlus をインストールする。

  • 共有仮想マシンに Office 365 ProPlus をインストールする。

開始に必要なもの

RDS を使用して Office 365 ProPlus を展開するために必要な前提条件は、次のとおりです。

  • Office 365 ProPlusを含むOffice 365 プランします。また、そのライセンスを各ユーザーに割り当てるのOffice 365 ProPlusします。

    注: Visio Pro for Office 365 または Project Online デスクトップ クライアントを含むサブスクリプション プランを使用している場合は、RDS を使用してこれらの製品を展開することもできます。

  • [ Office 展開ツール、 Microsoft ダウンロード センターで利用できるのOffice 2016バージョンです。Office 展開ツールを使用して、ローカル ネットワークにOffice 365 ProPlusソフトウェアをダウンロードできます。

  • バージョンOffice 365 ProPlusのサポートされています。

  • サポートされているバージョンの RDS。次のいずれかです。

    • Windows Server 2008 R2

    • Windows Server 2012

    • Windows Server 2012 R2

    • Windows Server 2016

  • 共有コンピューターとインターネットとの間の信頼できる接続。

    インターネット接続は、共有のコンピューターでインターネット上の Office Licensing Service にアクセスして、Office 365 ProPlus を使用する各ユーザーのためのライセンスを取得し、Office 365 ProPlus のライセンス認証を行うために必要になります。また、数日ごとに行われるライセンスの更新にもインターネット接続が必要です。

  • 共有のコンピューターにログオンするユーザーごとに別個のユーザー アカウント。

  • 共有仮想マシンに Office 365 ProPlus を展開している場合は、Hyper-V をサポートするサーバー。

Office 365 ProPlus を RDS サーバーにインストールする

このシナリオでは、リモート デスクトップ セッション ホスト サーバーとして構成したコンピューターに Office 365 ProPlus をインストールします。これにより、複数のユーザーがこのコンピューターにリモートで接続できるようになります。ユーザーは、Office 365 ProPlus のプログラム (Word や Excel など) をそれぞれ同時に実行できます。

Office 365 ProPlus を RDS サーバーにインストールする基本的な手順は次のとおりです。

  1. Windows Server をインストールして構成します。

  2. リモート デスクトップ セッション ホストの役割サービスをインストールして構成します。

    たとえば、Windows Server 2008 R2 に RD セッション ホストをインストールする手順を実行します。

    ユーザーがリモートでサーバーに接続して Office 365 ProPlus を使用できるようにするには、各ユーザーのアカウントが RD セッション ホスト サーバー上の Remote Desktop Users グループのメンバーである必要があります。

  3. 次の行を挿入した configuration.xml ファイルを作成します。

    <Display Level="None" AcceptEULA="True" /> 
    <Property Name="SharedComputerLicensing" Value="1" />
    

    表示レベルを "None" に設定して、Office 365 ProPlus のサイレント インストールを実行します。この場合、インストール中に Office 365 ProPlus はライセンス認証を行いません。また、インストール中に、インストールの進捗状況やエラー メッセージなどのユーザー インターフェイス要素が表示されることもありません。

    SharedComputerLicensing 設定を使用して、共有コンピューターのライセンス認証を有効にします。これは、共有のコンピューターで Office 365 ProPlus を使用するために必要な設定です。

  4. Office 展開ツールと configuration.xml ファイルを使用して、Office 365 ProPlus を RD セッション ホスト サーバーにインストールします。

これで、ユーザーが RD セッション ホスト サーバーに接続して Office 365 ProPlus を使用できるようになります。ユーザーは、Windows で使用可能なリモート デスクトップ接続を使用するか、または他のリモート デスクトップ クライアントを使用して、サーバーに接続できます。

Office 365 ProPlus を共有仮想マシンにインストールする

このシナリオでは、Office 365 ProPlus をオペレーティング システム イメージ (たとえば、Windows 8.1 を実行するイメージ) の一部としてインストールします。その後、RDS と Hyper-V を使用して、そのイメージに基づく仮想マシンのグループを作成します。これらの仮想マシンは、複数のユーザーで共有できます。RDS では、これは、使用している RDS のバージョンに応じて "仮想デスクトップ プール" または "プールされた仮想デスクトップ コレクション" と呼ばれます。

注: RDS を使用して、仮想マシンを特定の 1 つのユーザーに割り当てることもできます。RDS では、これは "個人用仮想デスクトップ" と呼ばれます。そのシナリオの場合、仮想マシンは複数のユーザーで共有されないため、共有コンピューターのライセンス認証は使用しません。

Office 365 ProPlus を共有仮想マシンに展開するように RDS を構成する基本的な手順は次のとおりです。

  1. オペレーティング システム イメージを作成します。

  2. Windows Server をインストールして構成します。

  3. RDS をインストールして構成します。

    たとえば、Windows Server 2008 R2 上に仮想デスクトップ プールを展開する手順を実行します。

RDS を構成するためのすべての手順が完了すると、ユーザーはいずれかの仮想マシンに接続して Office 365 ProPlus を実行できます。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

関連トピック

Office 365 ProPlus のライセンス認証を共有コンピューターの概要
for Office 365 ProPlus のライセンス認証で共有されているコンピューターの問題に関するトラブルシューティング
Windows Server 2008 R2 でのリモート デスクトップ サービス
のリモート デスクトップ サービス (Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2) の概要

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×