リモートの参加者にスライド ショーをブロードキャストする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プレゼンテーションをブロードキャストするには、次のものが必要です。

  • PowerPoint 2010

  • 内部ブロードキャスト サービス (後で定義します)

参加者がどこにいても (国の反対側でも同じ部屋でも)、スライド ショーにアクセスする URL さえあれば、プレゼンテーションを見ることができます。最大 50 人の参加者に招待状を送ることができます。

ヒント:プレゼンテーションの配信をさらによいものにするには、電話会議にプレゼンテーションを関連付けることができます。

内部ブロードキャストの開始

内部ブロードキャストを開始するときは、通常、組織に独自のブロードキャスト サービスが設定されています。PowerPoint 2013 以降では、Windows Live ID によるパブリック ブロードキャストを使用できます。

内部ブロードキャストを開始するには、次のようにします。

  1. [ファイル] メニューの [保存して送信] をクリックし、[スライド ショーのブロードキャスト] を選択します。

    注意: 内部ブロードキャスト サイトは組織のサイト管理者がセットアップする必要があり、参加者メンバーにはサイトにアクセスするためのアクセス許可が必要です。

  2. [ブロードキャスト サービスの変更] をクリックして、組織の内部サービスを選びます。ここでは Microsoft Internal Broadcasts という名前ですが、異なる名前でセットアップされている場合もあります。

  3. [ブロードキャストの開始] をクリックします。

    [ブロードキャストの開始] をクリックします。

ブロードキャストでの注意点

ブロードキャスト プレゼンテーションでは、参加者にはスライド ショー ビューに表示されるものだけが提供されます。遠隔地の参加者に表示されるものについてのシナリオをいくつか次に示します。

  • ブロードキャスト中は、ブロードキャストを中断することなく、またはコンピューターのデスクトップを参加者に表示することなく、任意の時点でのスライド ショーの一時停止、参加者へのブロードキャスト URL の再送信、または別のアプリケーションへの切り替えを行うことができます。

  • 発表者がデスクトップまたは別のアプリケーションに切り替えても、参加者にはデスクトップや別のアプリケーションは表示されません。参加者には、スライド ショー ビューに表示されていた最後のスライドが表示されます。

  • プレゼンテーションにハイパーリンクがある場合、スライドのハイパーリンクをクリックしても、Web ブラウザーが開くのが参加者に見えることはありません。引き続き、参加者に見えているのはスライド ショー ビューに表示されていた最後のスライドです。ただし、参加者は自分のコンピューター画面で (スライド ショー内の) ハイパーリンクをクリックして、リンク先のサイトに移動できます。

  • 別のスライドに切り替えたいけれども、見てみないとどのスライドに切り替えればよいかわからない場合は、Esc キーを押します。ブロードキャストのビューアーに、スライド ショー ビューの最後のスライドが表示されます。縮小版ウィンドウでクリックしてスライドを見ることができます。ブロードキャストには表示されません。参加者には、スライド ショー ビューの最後のスライドが表示されたままです。参加者に別のスライドが表示されるのは、[使用中のスライドから] をクリックしたときだけです。

  • ブロードキャスト中にスライドを変更することはできません。変更する必要がある場合は、ブロードキャストを終了し、プレゼンテーションを変更してから、再度ブロードキャストします。

  • ブロードキャストを既に開始した後でブロードキャスト URL を送信する必要がある場合は、Esc キーを押してスライド ショー ビューからいったん出た後、[ブロードキャスト] タブの [招待の送信] をクリックして招待状を送ります。スライド ショー ビューに戻ることで、簡単にスライド ショーを再開できます。

    招待状を出席者に送信する

ページの先頭へ

ブロードキャスト時に変化する機能

PowerPoint の次の機能は、スライド ショーをオンラインでブロードキャストするときは変化するか、または抑制されます。

  • プレゼンテーションの画面切り替えは、リモート参加者には単純なフェード切り替えとしてブロードキャストされます。装飾的な画面切り替えを使用した場合でも、リモート参加者にはフェード切り替えだけが表示されます。

  • プレゼンテーション内でビデオを再生しても、ブラウザーでは参加者に表示されません。

    注:YouTube などにビデオを投稿し、プレゼンテーションからビデオへのハイパーリンクを追加できます。参加者は、プレゼンテーション内のハイパーリンクをクリックしてビデオを見ることができます。

  • 遠隔地の参加者には、レーザー ポインターは表示されません。また、プレゼンテーションのブロードキャスト中は、スライドへの描画またはインク注釈の追加はできません。

よくある状況でブロードキャスト スライド ショーを使うためのアイデア

  • 他の人と一緒に会議室でリモート ブロードキャストを見る場合は、プロジェクターに接続して、[全画面表示] をクリックします。発表者が同じ部屋にいる場合と同じように、全員でプレゼンテーションを見ることができます。

  • 自分の番がきたら、他のユーザーのコンピューターをプロジェクターに接続します。ブロードキャストを開始し、表示するリンクを送信して、PC からプレゼンテーションを制御します。

  • プロジェクターや大きなディスプレイがない場合は、ラップトップを使用できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×