リボン プログラムで Office 2003 のアクセス キーを使用する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office 2010プログラムでメニューやツールバーがMicrosoft Fluent ユーザー インターフェイスの一部であると、リボンで置き換えられました。ただし、記憶し、以前のバージョンの Microsoft Office のアクセス キーの使用に慣れるしている場合は引き続き使用できます。

注: Microsoft Office Starter 2010を使用している場合は、Office Starter でサポートされている機能にのみアクセス キーが有効です。Office Starter で利用できる機能について詳しくは、 Word Starter 機能のサポートし、 Excel Starter 機能のサポートを参照してください。

以前のバージョンの Office のアクセス キーを使用しているときに警告するしてキーを押してことを知らせるメッセージが表示されます。たとえば、 Word 2010では、ファイルにハイパーリンクを挿入して、キーを押すこと ALT + はのように、Office 2003 からのアクセス キーの組み合わせを使用するために使用されます。押すキーを忘れないために、次のメッセージが表示されます。 Office アクセス キー: alt キーを押し、は、します。キーを再度押すと、ハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスが表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×