リボン コマンド インターフェイスの操作

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事では、リボン機能と、よく使用するツールやコマンドをこの新しいユーザー インターフェイス (UI) で見つけるための方法について説明します。リボンは、多くの有用なコントロールが表示されるコマンド インターフェイスです。Microsoft Word 2010 のような製品の UI と同様に、リボンは各ページの最上部に表示されるツールバーであり、その上によく使用されるツール、コントロール、およびコマンドの多くが表示されます。

SharePoint のリボン インターフェイスの概要

リボン上に表示されるコントロールの数と種類はコンテキストによって異なるうえ、表示しているページの種類、管理者によってユーザーに付与されている制御レベル、およびサイト内でのアクセス許可レベルによっても変わります。

この記事の内容

リボンを使用する

よく使われるツールおよびコマンドの新しい配置場所

リボンが表示されない場合

リボンのボタンが一部利用できない場合

リボンを使用する

リボンは SharePoint 内でコントロールを整理および表示するための新しい方法ですが、通常、コントロール自体は以前のバージョンからほとんど変わっていません。従来の機能は、表示方法が異なるだけですべて残されています。

リボンの上部には、特定のページ内で実行できるさまざまな種類の機能に関連付けられた一連のタブがあります。たとえば、リストまたはライブラリの既定のページを開くと、ページは [参照] タブが選択された状態で開きます。この [参照] タブには、リボン ベースのツールが関連付けられていません。アクセス許可のレベルと表示されているページの種類に応じて、他のタブ ([編集]、[共有と追跡]、[発行]、[リスト ツール]、[ライブラリ ツール] など) が表示されます。リボン コントロールを使用するには、実行するタスクの種類に対応するタブをクリックします。すると、このタブに関連付けられているコントロールがリボンに表示されます。使用するコントロールまたは機能を見つけてクリックします。それぞれのタブには、リボン コマンドおよびコントロールがグループに分類されています。それぞれのグループには、特定のタスクに関連する機能がまとめられています。たとえば、[ビューの管理] グループには、異なるビューを作成、変更、および管理するために必要なすべてのツールが含まれています。

[ビューの管理] グループの拡大図

[サイトの操作] メニューと [データシートビュー] 作業ウィンドウなどの作業ウィンドウs は、リボンに表示されない追加の機能を提供します。[サイトの操作] メニューにアクセスするには、リボンの [サイトの操作] をクリックします。作業ウィンドウを使用するには、リボンの [作業ウィンドウを表示] をクリックします。すべてのページで作業ウィンドウを使用できない場合があります。

ページの先頭へ

よく使われるツールおよびコマンドの新しい配置場所

sharepoint のメニューとツールバーのコマンドの場所を見つけるには、sharepoint Server リボンリファレンスブックを使用して、以前のバージョンの sharepoint から使い慣れたコマンドを検索できます。新しいコマンドの場所と名前は、次の列に表示されます。

このブックを検索してダウンロードするには、次の操作を行います。

  1. Excel 2010 で、[ファイル]、[新規] の順にクリックします。

  2. [ Office.com テンプレートの検索] ボックスに「 SharePoint Server リボンリファレンスブック」と入力し、enter キーを押します。

  3. SharePoint Server リボンのリファレンスブックテンプレートを選び、[ダウンロード] をクリックします。

ページの先頭へ

リボンが表示されない場合

場合によってはリボン全体が表示されないことがあります。リボン全体が表示されない理由のいくつかを以下に示します。

  • 組織で SharePoint の以前のバージョンからアップグレードが行われた場合、サーバー管理者にはリボン UI を無効にするオプションがあります。高度にカスタマイズされたページを更新する際に、著しく異なる UI を適用することに関連するトラブルシューティングを行う目的で、この操作が行われた可能性があります。

  • サイトによっては、既定でリボンが非表示に設定されていて、リボンの表示/非表示をユーザーが選択できるようになっている場合があります。たとえば、エンタープライズ検索サイトでは、ホーム ページにリボンは既定で表示されません。

トラブルシューティングの詳細については、「 help 記事で説明されているリボンアイテムが表示されない」を参照してください。

ページの先頭へ

リボンのボタンが一部利用できない場合

タスクを実行するとき、リボンによって必要なコマンドをすばやく見つけることができますが、リボン上のコマンドが一部利用できない場合があります。

リボン上のタブ、グループ、およびコマンドはコンテキストを認識します。つまり、どこで何をしているかによって、リボン上で利用できるコマンドが変化します。たとえば、[上へ移動] コマンドは、リストまたはライブラリでフォルダーを参照しているときにのみ利用できます。

その他、リボン上のコマンドが無効になる理由としては、次のようなことが考えられます。

  • 特定の機能を利用するための適切な権限がない。たとえば、既定のデザイン アクセス許可レベルでは、リスト アイテムやドキュメントを編集できないため、リスト アイテムまたはドキュメントの編集に関連したリボン上のコマンドは一切利用できません。

  • 特定のサイトまたはサイト コレクションの機能がまだシステム管理者によって有効にされていない。

  • アイテムまたはオブジェクトを選択する必要がある。たとえば、ドキュメント ライブラリで作業している場合、最初にライブラリでドキュメントを選択しておかないと、ドキュメントの操作に関連した多くのリボン コマンドは有効になりません。

  • ページまたはリストの設定が未構成か、有効にされていない。

  • 適切なクライアント アプリケーションがインストールされていない。たとえば、[Outlook に接続] コマンドを使用するには、Microsoft Outlook がインストールされている必要があります。

  • Active X コントロールの使用を前提としたコマンドである (ブラウザーによっては、Active X コントロールを使用できない場合があります)。

トラブルシューティングの詳細については、「 help 記事で説明されているリボンアイテムが表示されない」を参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×