リボンを表示する

リボンには自分の好みに合わせて複数の表示オプションがありますが、誤ってクリックすると、意図せずにリボンを非表示にする場合があります。

  • リボンをすばやく表示するには、任意のタブ ([ホーム]、[挿入] タブなど) をクリックします。

  • 常にリボンを表示するには、リボンの右下隅にある矢印 (Excel 2013) または画鋲アイコン (Excel 2016) をクリックします。

リボンをさらに制御するには、Excel 文書の上部にある [リボンの表示オプション] にアクセスして、リボンの表示および最大化を変更できます。

[リボンの表示オプション] を使用する

  1. 文書の右上隅の [リボンの表示オプション] アイコンをクリックします。[最小化] アイコンの左側にあります。

    [リボンの表示オプション] アイコン
  2. 表示されたメニューで、[タブとコマンドの表示] をクリックして、すべてのタブと完全なコマンドを含むリボンを表示します。

    [リボンの表示オプション] アイコンをクリックすると、メニューが表示されます。

    このオプションは既定のビューです。このオプションですべてのコマンドへのクイック アクセスが提供される場合、ブックに使用できる画面領域は制限されます。

    すべてのタブとコマンドがリボンに表示されます。

    ヒント: Ctrl + F1 キーを押して、リボン内のコマンドを表示および非表示にします。

  3. [タブの表示] をクリックして、コマンドを含めずに [リボン] タブを表示します。 [タブの表示] オプションでコマンドにアクセスするには、任意のタブをクリックします。

    タブだけがリボンに表示されます。
  4. [リボンを自動的に非表示にする] をクリックして、すべてのタブとコマンドを非表示にします。

    このオプションを使用すると、ブックを表示するときに、最大の画面領域を利用できます。このビュー内のタブとコマンドにアクセスするには、ブックの最上部をクリックします。

    ヒント: よく使用するツール バーの機能にすばやくアクセスするには、自分のタブとコマンドでリボンをカスタマイズすることができます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×