リボンのコマンドが機能制限モードで無効になっている

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

現象

Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの一部である、リボンのコマンドを使用しようとしたが、コマンドが無効になっているか使用できません。

原因

試用版の 2007 Microsoft Office system を使用できる猶予期間 (通常は 30 日) を過ぎたため、機能制限モードになっています。機能制限モードでは、Microsoft Office ドキュメントを作成、保存、または変更することはできません。ドキュメントの表示のみが可能です。

解決法

試用版を使用していて機能制限モードになった場合、すべての機能を回復するには、製品の試用版をライセンスが完全に許可されたバージョンに切り替える必要があります。これには、オンラインまたは販売店からプロダクト キーを購入し、そのプロダクト キーを使用して製品のライセンス認証を行います。製品のライセンス認証の詳細については、「Microsoft Office アプリケーションのライセンス認証を行う」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×