リボンに慣れる

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office プログラム別の設定方法

Word

PowerPoint

Excel

Word

リボンを使用すると、作業に必要なコマンドをすばやく見つけることができます。 コマンドは論理的なグループに分けられ、複数のグループがタブの下にまとめられています。 以前のバージョンの Office for Mac では、多くのコマンドが [書式パレット] に置かれていました。

リボンの展開または折りたたみ

吹き出し 1  タブ

吹き出し 2  リボン

次の操作を行います。

作業中にリボンを最小化する

文書の表示範囲を広げるには、リボンを最小化して、タブのみを表示します。

  • リボンの右側にある リボン ボタンの最小化 をクリックします。

作業中にリボンを展開する

  • リボンの右側にある [リボンの展開] ボタン をクリックします。

スクロール ギャラリーで他の選択項目を表示する

リボンには、さまざまなスタイル、テーマ、その他の書式設定のサムネイルを表示できます。リストを展開して、これらすべてを表示することもできます。 一部の展開リストには、一番下に追加のメニュー項目があります。 例を確認するには、次の手順に従います。

  1. [ホーム] タブの [スタイル] で、右矢印 スタイルをスクロールする右側のボタン をクリックして、スタイルをスクロールします。

  2. リストを展開してすべてのスタイルを表示するには、スタイルをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

書式設定タブを使用する

図形、グラフ、図、ムービーなどのオブジェクトを挿入する際には、これらのオブジェクトの書式設定に使用できるタブが追加表示されます。 たとえば、図形を挿入する場合は、[ホーム] タブの横に [書式設定] タブが表示されます。 この動作の例を確認するには、次の手順に従います。

  1. [ホーム] タブの [挿入] で、[図形] をクリックします。

    Word の [ホーム] タブ、[挿入] グループ

  2. ポップアップ メニューの [四角形] の上にポインターを置き、目的の四角形のスタイルをクリックします。

  3. 文書内の図形を挿入する位置をポイントし、マウスのボタンを押したまま、図形が目的のサイズになるまでポインターをドラッグします。

  4. 図形をクリックして、[書式設定] タブをクリックします。

  5. ボタン、ポップアップ メニュー、ギャラリーを使用して、書式設定を図形に適用します。

文書ウィンドウのサイズを変更してリボンに表示される項目の数を調整する

文書ウィンドウが小さくなると、リボンに表示される項目数も変わります。 たとえば、表示されるサムネイルの数が減り、スクロール ギャラリーがボタンに代わります。 この動作の例を確認するには、次の手順に従います。

  1. [ホーム] タブの [スタイル] で、表示されるスタイルのサムネイルの数を確認します。

    [ホーム] タブの [スタイル] グループ

  2. ウィンドウのサイズを変更して小さくします。

  3. [ホーム] タブの [スタイル] に表示されるスタイルのサムネイルの数が減ります。

リボンをオフにする

  1. リボンの右側にある アクション ポップアップ メニュー をクリックし、[リボンの環境設定] をクリックします。

  2. [全般] で、[リボンを表示する] チェック ボックスをオフにします。

関連項目

リボンとツールバーをカスタマイズします。

PowerPoint

リボンを使用すると、作業に必要なコマンドをすばやく見つけることができます。 コマンドは論理的なグループに分けられ、複数のグループがタブの下にまとめられています。 以前のバージョンの Office for Mac では、多くのコマンドが [書式パレット] に置かれていました。

リボンの展開または折りたたみ

吹き出し 1  タブ

吹き出し 2  リボン

次の操作を行います。

作業中にリボンを最小化する

文書の表示範囲を広げるには、リボンを最小化して、タブのみを表示します。

  • リボンの右側にある リボン ボタンの最小化 をクリックします。

作業中にリボンを展開する

  • リボンの右側にある [リボンの展開] ボタン をクリックします。

スクロール ギャラリーで他の選択項目を表示する

リボンには、さまざまなスタイル、テーマ、その他の書式設定のサムネイルを表示できます。リストを展開して、これらすべてを表示することもできます。 一部の展開リストには、一番下に追加のメニュー項目があります。 例を確認するには、次の手順に従います。

  1. [テーマ] タブの [テーマ] で、右矢印 スタイルをスクロールする右側のボタン をクリックしてテーマをスクロールします。

  2. リストを展開してすべてのテーマを表示するには、テーマをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

  3. 他のテーマを参照するには、展開リストの一番下にある [テーマの参照] をクリックします。

書式設定タブを使用する

図形、グラフ、図、ムービーなどのオブジェクトを挿入する際には、これらのオブジェクトの書式設定に使用できるタブが追加表示されます。 たとえば、図形を挿入する場合は、[ホーム] タブの横に [書式設定] タブが表示されます。 この動作の例を確認するには、次の手順に従います。

  1. [ホーム] タブの [挿入] で、[図形] をクリックします。

    [ホーム] タブ、[挿入] グループ

  2. ポップアップ メニューの [四角形] の上にポインターを置き、目的の四角形のスタイルをクリックします。

  3. 文書内の図形を挿入する位置をポイントし、マウスのボタンを押したまま、図形が目的のサイズになるまでポインターをドラッグします。

  4. 図形をクリックして、[書式設定] タブをクリックします。

  5. ボタン、ポップアップ メニュー、ギャラリーを使用して、書式設定を図形に適用します。

文書ウィンドウのサイズを変更してリボンに表示される項目の数を調整する

文書ウィンドウが小さくなると、リボンに表示される項目数も変わります。 たとえば、表示されるサムネイルの数が減り、スクロール ギャラリーがボタンに代わります。 この動作の例を確認するには、次の手順に従います。

  1. [テーマ] タブの [テーマ] で、表示されるテーマのサムネイルの数を確認します。

    [テーマ] タブの [テーマ] グループ

  2. ウィンドウのサイズを変更して小さくします。

  3. [テーマ] タブの [テーマ] に表示されるスタイルのサムネイルの数が減ります。

リボンをオフにする

  1. リボンの右側にある アクション ポップアップ メニュー をクリックし、[リボンの環境設定] をクリックします。

  2. [全般] で、[リボンを表示する] チェック ボックスをオフにします。

関連項目

リボンとツールバーをカスタマイズします。

Excel

リボンを使用すると、作業に必要なコマンドをすばやく見つけることができます。 コマンドは論理的なグループに分けられ、複数のグループがタブの下にまとめられています。 以前のバージョンの Office for Mac では、多くのコマンドが [書式パレット] に置かれていました。

リボンの展開または折りたたみ

吹き出し 1  タブ

吹き出し 2  リボン

次の操作を行います。

作業中にリボンを最小化する

文書の表示範囲を広げるには、リボンを最小化して、タブのみを表示します。

  • リボンの右側にある リボン ボタンの最小化 をクリックします。

作業中にリボンを展開する

  • リボンの右側にある [リボンの展開] ボタン をクリックします。

スクロール ギャラリーで他の選択項目を表示する

リボンには、さまざまなスタイル、テーマ、その他の書式設定のサムネイルを表示できます。リストを展開して、これらすべてを表示することもできます。 一部の展開リストには、一番下に追加のメニュー項目があります。 例を確認するには、次の手順に従います。

  1. [ホーム] タブの [書式] で、右矢印 スタイルをスクロールする右側のボタン をクリックして、書式設定をスクロールします。

  2. リストを展開してすべての書式設定を表示するには、書式設定をポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

  3. セルのスタイルを新しく作成するには、展開リストの一番下にある [新しいセルのスタイル] をクリックします。

書式設定タブを使用する

図形、グラフ、図、ムービーなどのオブジェクトを挿入する際には、これらのオブジェクトの書式設定に使用できるタブが追加表示されます。 たとえば、図形を挿入する場合は、[ホーム] タブの横に [書式設定] タブが表示されます。 この動作の例を確認するには、次の手順に従います。

  1. [標準] ツール バーの [メディア ブラウザーの表示/非表示を切り替えます[メディア ブラウザー] ボタン をクリックします。

  2. [図形[図形] タブ をクリックし、ポップアップ メニューの [すべての図形] をクリックします。

  3. 目的の図形をクリックします。

  4. 文書内の図形を挿入する位置をポイントし、マウスのボタンを押したまま、図形が目的のサイズになるまでポインターをドラッグします。

  5. 図形をクリックして、[書式設定] タブをクリックします。

  6. ボタン、ポップアップ メニュー、ギャラリーを使用して、書式設定を図形に適用します。

文書ウィンドウのサイズを変更してリボンに表示される項目の数を調整する

文書ウィンドウが小さくなると、リボンに表示される項目数も変わります。 たとえば、表示されるサムネイルの数が減り、スクロール ギャラリーがボタンに代わります。 この動作の例を確認するには、次の手順に従います。

  1. [ホーム] タブの [書式] で、表示される書式設定のサムネイルの数を確認します。

    [ホーム] タブの [書式] グループ

  2. ウィンドウのサイズを変更して小さくします。

  3. [ホーム] タブの [書式] で、サムネイルが [スタイル] になります。

    Excel の [書式] グループのサイズ変更

リボンをオフにする

  1. リボンの右側にある アクション ポップアップ メニュー をクリックし、[リボンの環境設定] をクリックします。

  2. [全般] で、[リボンを表示する] チェック ボックスをオフにします。

関連項目

リボンとツールバーをカスタマイズします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×