リファレンス: Excel 2003 のコマンドに対応する Excel 2007 のコマンド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、リボンと新しいMicrosoft Office Fluent user interfaceの他のコンポーネントを紹介します。一部の Microsoft Office Excel 2003 のコマンドの一覧を表示し、これらのコマンドがMicrosoft Office Excel 2007に存在する場所を示しています。

重要: この記事は、クイック リファレンスとしての使用のみを目的としたもので、トレーニングや学習には適していません。

この記事の内容

新しいインターフェイスの概要

クイック アクセス ツールバーにコマンドを追加します。

新しいインターフェイスの紹介

Office Excel 2007 では、以前のバージョンの Excel のメニュー、ツールバー、および大部分の作業ウィンドウが、新しい Office Fluent user interfaceに統合され、簡単に操作できるようになりました。Office Fluent user interfaceでは、Excel での作業効率を向上し、作業に必要な機能や新しい機能を簡単に見つけて、生産性を高めることができます。

この記事は、ヘルプ デスクのスタッフ、IT プロフェッショナルなど、Excel 2003 のインターフェイスを使い慣れている上級ユーザーを対象とし、Office Excel 2007 でよく使われるコマンドの場所を簡単に見つけるための情報を提供します。

Office Fluent user interface

Office Excel 2007のメニューとツールバーにおける最大の変更点は、Office Fluent user interfaceのコンポーネントであるリボンです。簡単に検索できるように、リボンには特定のシナリオや目的に沿って構成されたタブがあります。さらに、それぞれのタブのコントロールは、いくつかのグループに分類されています。リボンにはボタン、ギャラリー、ダイアログ ボックスなどのコンテンツが、メニューやツールバーより豊富に用意されています。

リボンの UI

1. タブはタスク別に構成されています。

2. 各タブ内のグループによって、タスクは複数のサブタスクに分けられます。

3. 各グループ内のコマンド ボタンは、コマンドを実行するかコマンド メニューを表示します。

必要な場合にのみ表示されるタブ

Office Excel 2007 の起動時に常に Office Fluent のリボンに表示される標準のタブの他に、実行中の作業の内容に応じてリボンでの表示/非表示が切り替わるタブが 2 種類あります。

コンテクスチャル ツール     表、図、描画など、ページ上で選択したオブジェクトを操作できるようにします。オブジェクトをクリックすると、そのオブジェクトに関連するコンテクスチャル タブのセットが標準のタブの横に強調色で表示されます。

コンテキスト タブ セット

1. ドキュメント内の任意のアイテムを選択します。

2. 適切なコンテクスチャル ツールの名前が強調色で表示され、標準のタブ セットの横にコンテクスチャル タブが表示されます。

3. コンテクスチャル タブには、選択したアイテムを操作するためのコントロールが配置されています。

プログラム タブ     印刷プレビューなど特定の作成モードや表示モードに切り替えると、標準のタブ セットがプログラム タブに置き換わります。

印刷プレビュー

メニュー、ツールバー、その他の使い慣れた要素

タブ、グループ、およびコマンド、に加えてOffice Excel 2007も、作業を行うためのパスを指定したその他の要素を使用します。次の要素はメニューやツールバーから以前のバージョンの Excel で使い慣れたされているようにします。

Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像     このボタンは、Excel ウィンドウの左上隅にあるし、次のメニューを開きます。

[ファイル] メニュー

クイック アクセス ツールバー    クイック アクセス ツールバーは、既定では、Excel ウィンドウの上部にあるし、頻繁に使用するツールへのすばやいアクセスを提供します。クイック アクセス ツールバーをカスタマイズするには、コマンドを追加します。

クイック アクセス ツールバー

ダイアログ ボックス起動ツール     ダイアログ ボックス起動ツールは、特定のグループ内に表示される小さなアイコンです。ダイアログ ボックス起動ツールをクリックすると、関連するダイアログ ボックスや作業ウィンドウが開き、そのグループに関連する追加オプションが表示されます。

ダイアログ ボックス起動ツール

クイック アクセス ツールバーにコマンドを追加する

この記事の最後の表に記載されているように、Excel 2003 のいくつかのコマンドは、Office Excel 2007 の [Excel のオプション] ダイアログ ボックスにある全コマンドのリストでしか見つかりません。Office Excel 2007 でこれらのコマンドを使用するには、あらかじめ次の手順に従って、クイック アクセス ツールバーにコマンドを追加します。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

  2. 左側の一覧の [ユーザー設定] をクリックします。

  3. [コマンドの選択] ボックスの一覧の [すべてのコマンド] をクリックします。

    [Excel のオプション]、[ユーザー設定]、[すべてのコマンド]

  4. [クイック アクセス ツール バーのカスタマイズ] ボックスの [すべてのドキュメントに適用 (既定)] または任意の文書を選択します。

  5. 追加するコマンドをクリックし、[追加] をクリックします。

    さらに追加するコマンドがある場合は、コマンドごとに同じ操作を繰り返します。

  6. [上へ移動] または [下へ移動] をクリックして、クイック アクセス ツールバーに表示する順序にコマンドを配置します。

  7. [OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×