リッチ テキスト ボックスをカスタマイズする方法

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フォーム テンプレート上のリッチ テキスト ボックスを挿入した後は、そのプロパティおよびリッチ テキスト ボックスのプロパティ] ダイアログ ボックスで設定を変更することでカスタマイズできます。このダイアログ ボックスで、フォーム テンプレートを開くには、リッチ テキスト ボックスのプロパティを変更するをダブルクリックします。

次の表は、いくつかのリッチ テキスト ボックスをカスタマイズする方法について説明および理由が行うです。リッチ テキスト ボックスのプロパティ] ダイアログ ボックスのオプションの詳細な手順に関する情報を提供するテーブルはありません] がそのは比べた場合に使用できるオプションの範囲のします。

注: 

  • のブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合は、[リッチ テキスト ボックスのプロパティ] ダイアログ ボックスで特定の機能は利用できません。たとえば、文字の書式や段落区切りなど、リッチ テキスト書式設定オプションを選択して指定できません。

  • フォーム テンプレートは、データベース、スキーマ、またはその他の既存のデータ ソースに基づいて、コントロールのすべての機能をカスタマイズすることができないことがあります。たとえば、ことができます、そのフィールドまたはグループ名ではなく、コントロールのサイズを変更するのには、既存のデータ ソースから派生しました。

タブ

作業

詳細

データ

関連するフィールド名を変更します。

新しい、空白のフォーム テンプレートをデザインする際に、既定のフィールドを変更またはデータ ソースを操作するときに識別しやすいものにコントロールの名前をグループ化できます。たとえば、「会議メモ」という名前のフィールドは「フィールド 1」という名前のフィールドよりわかりやすく

注: フィールド名を変更しても、リッチ テキスト ボックスとデータ ソース内のフィールド間のバインドも変更されません。リッチ テキスト ボックスを別のフィールドにバインドする必要がある場合は、リッチ テキスト ボックスを右クリックし、ショートカット メニューの [変更のバインド] をクリックします。

データ

既定値を指定します。

既定のテキストをユーザーが最初に、フォームを開いたときにコントロール内に表示する場合は、[] ボックスでテキストを入力できます。コントロールのデータ ソースの既定値として別のフィールドの値を使用することもします。既定値とは異なります (これは、この記事の後半で説明されている) プレース ホルダーのテキストを常にフォーム (.xml) ファイル内のデータとして保存されます。

データ

データの入力規則を追加します。

コントロールのデータの入力規則を指定するのには、データの入力規則] をクリックします。たとえば、部品番号を特定の形式で入力する必要がある場合: 3 つの数値、ダッシュし、[2 桁の数値-ユーザーがこのパターンに準拠していることを確認するデータの入力規則を使用することができます。

表示

段落区切りを有効にします。

既定では、段落区切りはリッチ テキスト ボックスに対して有効にできるように、ユーザーは、[リッチ テキスト] ボックスに情報の段落を入力することができます。これを実行できないようにするには、段落区切り] チェック ボックスをオフにします。ブラウザー互換フォーム テンプレートでは、リッチ テキスト ボックス内の段落区切りを有効にすることはできません。

表示

文字書式を有効にします。

既定では、文字の書式設定が有効でリッチ テキスト ボックスのユーザーがリッチ テキスト ボックスに入力するテキストの書式を設定できるようにします。これを実行できないようにするには、文字の書式設定する] チェック ボックスをオフにします。ブラウザー互換フォーム テンプレートでは、リッチ テキスト ボックスの [書式の有効化の文字はサポートされていません。

表示

完全なリッチ テキストを有効にします。

既定では、完全なリッチ テキスト (画像、表など) ] チェック ボックスをオンはリッチ テキスト ボックスのプロパティ] ダイアログ ボックスで選択したできるように、ユーザーは、画像、およびリッチ テキスト ボックス内のテーブルを挿入できます。ユーザーがフォームで、実際の画像データを保存すると、基になるフォーム (.xml) ファイル、画像を埋め込むまたはイメージをリンクして、画像を参照するハイパーリンク .xml ファイルに保存できるを指定できます。一部の設定は、リッチ テキスト ボックスのリンクの画像の有効化などのブラウザー互換フォーム テンプレートではサポートされません。

表示

プレース ホルダーのテキストを表示します。

リッチ テキスト ボックスに入力するには、どのようなデータについてユーザーにガイダンスを提供する場合は、プレース ホルダー ] ボックスで、操作方法のテキストを入力できます。たとえば、ユーザーがリッチ テキスト] ボックスに入力する方法をお勧めがある場合は、手順について説明するのにプレース ホルダーのテキストを使用することができます。

プレース ホルダーのテキストは、既定値] のようなユーザーが最初にフォームを開いたときにテキスト エントリのコントロールに表示されます。ただし、プレース ホルダーのテキストは、次の 3 つの方法で既定値とは異なります。

  • プレース ホルダーのテキストは、フォーム (.xml) ファイル内のデータは保存されません。

  • コントロール内の通常のテキストとして表示され、既定値] とは異なりプレース ホルダーのテキストは常に淡色表示されます。

  • プレース ホルダーのテキストは、既定値] とは異なり、ブラウザー互換フォーム テンプレートでサポートされていません。

表示

リッチ テキスト ボックスに、読み取り専用

ユーザーがコントロールの内容を変更することを防ぐには、選択、読み取り専用] チェック ボックス。たとえば、1 つのビューでは、ユーザーがリッチ テキスト ボックス内のデータを入力可能性があります。2 番目のサマリー ビューのリッチ テキスト ボックスの読み取り専用バージョンで入力したユーザーを可能性があります確認します。読み取り専用のリッチ テキスト ボックスが表示されないフォーム上で淡色表示されているのではユーザーがされなくなりますリッチ テキスト ボックスに情報を入力します。

表示

スペル チェックをオフにします。

リッチ テキスト ボックス内のテキストのスペル チェックされないようにする場合は、[スペル チェックを有効にする] チェック ボックスが既定で選択されているがオフにします。たとえば、適切な名前が表示されるリッチ テキスト ボックスのスペル チェックを無効にすることができます。

表示

テキストの折り返しされないようにします。

既定では、リッチ テキスト ボックスのテキストの折り返しを有効にします。テキストの折り返しされないようにする場合は、文字列を折り返す] チェック ボックスをオフにします。文字列の折り返しが有効な場合は、スクロールボックスの一覧でスクロール オプションを選択できます。たとえば、スクロール バーをユーザーが、リッチ テキスト ボックスは既定で表示できる数より多くのテキストを入力すると、リッチ テキスト ボックスに表示を行うことができます。正常に動作するオプションをスクロールするには、リッチ テキスト ボックスは固定の高さと幅である必要があります。

表示

条件付き書式を追加します。

条件付き書式を、条件付き書式] ダイアログ ボックスを開き、ユーザーがフォームに入力した値に基づいて、その表示設定を含む、コントロールの外観を変更することができます] をクリックします。たとえば、条件付き書式を使って特定のチェック ボックスをオンにしない限り、リッチ テキスト ボックスを非表示にします。

サイズ

サイズ、間隔、余白を調整します。

高さのボックスに値を入力して、コントロールのサイズを手動で指定することができます。コントロールの境界線と周囲のテキストの間の間隔であるコントロールの内容の配列を周囲の余白の量は、スペース、または、余白を変更することによって、コントロールの内外の間隔を絞り込むことも、またはフォーム テンプレート上のコントロール。

サイズ

リッチ テキスト ボックスをラベルに揃える

ラベルにリッチ テキスト ボックス内のテキストに合わせる] に、[整列] ボタンをクリックします。リッチ テキスト ボックスを配置するには、Microsoft Office InfoPath は自動的に [高さ] ボックスで既存の値を変更します。これにより、内部のテキスト周囲のテキストに揃えてできるように、リッチ テキスト ボックスの高さが減少します。InfoPath では、必要に応じて内のスペースと余白の設定も変更されます。

上級

ヒントを指定します。

説明時のメモをユーザーがコントロールの上にポインターを移動するときに表示するには、[ヒント] ボックスで必要なテキストを入力します。画面などのユーザー補助機能を確認することを画面に表示されるユーティリティ合成音声または点字ディスプレイ、として利用可能な情報は、多くの場合、ユーザーの情報を解釈するためにこのようなヒントに依存します。

上級

タブの [索引の順序を変更します。

フォーム テンプレートの全体的なタブ オーダーのコントロールの位置を変更することができます。タブ オーダーは、順をフォーカスがフォームに 1 つのフィールドまたはオブジェクトからに次のユーザーは、TAB または SHIFT + TAB キーを押して、です。フォーム テンプレート内のすべてのコントロールの既定のタブの [インデックス設定は 0 ですが、タブ オーダーは 1 から始まります。つまり、いずれのコントロールに] タブの [インデックス] ボックスに 1 がする表示済み: 最初ときに、ユーザーは、TAB キーを押します。いずれのコントロールに] タブの [索引ボックスで、2 は、次に、その訪問がします。0 ] タブの [インデックス] ボックスに、コントロールをタブ オーダーの最後に取得されます。タブ オーダーのコントロールをスキップする場合は、 -1] タブの [インデックス] ボックスに入力します。

上級

ショートカット キーを割り当てる

キーボード ショートカットを指定するアクセス キー ] ボックスで、文字や番号を入力できます。ショートカット キーは、マウスを移動してではなく、キーの組み合わせを押して、コントロールに移動するユーザーを有効にします。フォーム テンプレートのショートカット キーを使用する場合は、必要があります連絡するユーザーに、ショートカットが存在します。たとえば、営業担当者のテキスト ボックスのショートカット キーがあることをユーザーに知らせるには、テキスト ボックスのラベルの後に(alt キーを押しながら S)を入力することがあります。

上級

指定して、マージ操作をカスタマイズします。

いくつかのフォームを結合されている場合にユーザーがコントロールに入力したデータの表示方法を指定するのには、結合の設定] をクリックします。たとえば、特定の語、リッチ テキスト ボックスの一覧には、各アイテムの前または各項目をセミコロンで区切ることができます。

上級

リッチ テキスト ボックスの ViewContext 識別子を取得します。

コード内でコントロールを識別するのに ViewContext の値を使用することができます。たとえば、ViewContext の値がわかっている場合、ビューのオブジェクトの ExecuteAction メソッドを使用してその値を使用できますプログラムを使用して、コントロールにバインドされている XML データを編集アクションを実行します。

上級

指定して、入力値の種類をカスタマイズします。

コントロールは、対象ユーザーの入力の種類を指定するのには、入力範囲] をクリックします。これにより、手書きとコントロールの入力音声認識を向上させることができます。たとえば、コントロールのIS_URL入力スコープを使用している場合、単語間のスペースを無視するように InfoPath が認識しています。

ブラウザー フォーム

サーバーにデータを投稿するための設定をカスタマイズします。

[ブラウザー フォーム] タブでは、ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合のみが表示されます。リッチ テキスト ボックス内のデータが変更されたときに、データがサーバーに送信されるかどうかを制御できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×