リッチ テキスト ボックスでの完全なリッチ テキスト書式を有効または無効にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

リッチ テキスト ボックスのリッチ テキスト書式を有効にすると、ユーザーはさまざまなオプションを使用して、コントロールに入力するテキストの書式を設定できます。たとえば、リッチ テキスト ボックス内のテキストに別のフォントや文字スタイルを適用したり、リッチ テキスト ボックスに表を挿入したりすることもできます。

選択したオプションに応じて、ユーザーはリッチ テキスト ボックスで画像へのリンクを設定したり、画像を埋め込んだりすることもできます。画像を埋め込むと、画像はフォームの一部として保存され、ユーザーが画像を更新する必要がない場合に適しています。画像へのリンクを設定すると、画像はフォームとは別に保存され、ユーザーがリンクされた画像を更新する必要がある場合や、入力されたフォームのファイル サイズを小さくする場合に適しています。ユーザーが画像へのリンクを設定する場合は、画像のソース ファイルの保存場所にアクセスできる必要があります。アクセスできない場合は、リッチ テキスト ボックスに画像が表示されません。

  1. 完全なリッチ テキスト書式を有効または無効にするリッチ テキスト ボックスをマウスの右ボタンでクリックし、ショートカット メニューの [リッチ テキスト ボックスのプロパティ] をクリックします。

  2. [表示] タブをクリックします。

  3. 選択したリッチ テキスト ボックスの完全なリッチ テキスト書式を有効にするには、[イメージや表などの完全なリッチ テキスト] チェック ボックスをオンにし、次のいずれかの操作を行います。

    • ユーザーがリッチ テキスト ボックス内に画像を埋め込むことができるようにするには、[埋め込み画像] チェック ボックスをオンにします。

    • ユーザーがリッチ テキスト ボックスから画像へのリンクを設定できるようにするには、[リンク画像] チェック ボックスをオンにします。

    • ユーザーがリッチ テキスト ボックスに画像を挿入できないようにするには、[埋め込み画像] チェック ボックスと [リンク画像] チェック ボックスの両方をオフにします。

  4. 選択したリッチ テキスト ボックスの完全なリッチ テキスト書式を無効にするには、[イメージや表などの完全なリッチ テキスト] チェック ボックスをオフにします。

注: ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインしている場合は、部分的なリッチ テキスト書式や埋め込み画像はサポートされません。[デザイン チェック] 作業ウィンドウに、互換性のないリッチ テキストの設定に関するエラーが表示された場合は、[リッチ テキスト ボックスのプロパティ] ダイアログ ボックスの [ブラウザ互換の設定のみを有効にする] チェック ボックスをオンにします。これによって、適切なリッチ テキストの設定が自動的に選択されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×