リソース割り当ての平準化

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プロジェクトのメンバーに、一時点で割り当てられている作業が多すぎる場合は、割り当てを自動的に平準化することができます。割り当てが自動的に調整されて、タイムラインがより現実的なものになります。[リソース]、[すべて平準化] の順にクリックします。

平準化を詳細にコントロールしたい場合は、特定の割り当てや個人を選んで平準化することもできます。

  • リソースが割り当て超過状態となっているタスクを選んで、[リソース]、[選択範囲の平準化] の順にクリックします。どのタスクに割り当て超過状態のリソースがあるかを知るには、[状況説明マーク] 列を見てください。
    リソース平準化のコマンド

  • 全員ではなく特定のメンバーの作業負荷を平準化するには、[リソースの平準化] をクリックします。

この画像は、平準化の前後の効果を表しています。

平準化の前と後

平準化を行うときのヒント

ヒント

できること

平準化のたびに平準化を解除する

プロジェクトを平準化するたびに、前回の平準化の効果はクリアされます。この動作を変更するには、[リソース]、[平準化のオプション] の順にクリックします。

どのタスクが平準化されるかを知る

平準化によってタスクがどのように変更されるかを知るには、[ガント チャート (平準化)] ビューを使います。[表示]、[その他のビュー]、[その他のビュー] の順にクリックします。

どのタスクを平準化するかを指定する

場合によっては、あるタスクはまったく移動せず、他のタスクだけを平準化することが必要になります。たとえば、タスクの終了日がクリティカルであるときです。タスクの移動を防ぐには、リソースの平準化のためのタスク優先度を設定します

特定の期間内で平準化する

[リソース]、[平準化のオプション] の順にクリックしてから、[開始日] と [終了日] に入力します。

手動スケジュール タスクを平準化しない

通常は、すべてのタスク タイプが平準化されます。この動作を変更するには、[リソース]、[平準化のオプション] の順にクリックします。

プロジェクトの終了日を変更することなく平準化する

[リソース]、[平準化のオプション] の順にクリックしてから、[利用可能な余裕期間内で平準化する] チェック ボックスをオンにします。

注: このチェック ボックスをオンにすると、プロジェクト全体のプロジェクトを平準化することができないというエラー メッセージが表示ことがあります。いない十分な余裕期間] にあります課題を移動する、プロジェクトの終了日を変更せずにスケジュールします。

割り当て超過を手動で解決する

平準化以外の方法でも、割り当て超過を解決できる可能性があります。

  • リソースを、その時点で作業可能な別のリソースで置き換えます。

  • プロジェクトの早い時期のクリティカルなタスクには、より能力の高いリソースを割り当てます。リソースの能力が高ければ、同じ作業を短い時間で完了できる可能性があります。

  • いくつかのタスクが同時に始まるようにタスク リンクを変更します

  • スケジュールの範囲を縮小するために、いくつかのタスクを除去します。

  • 作業負荷を分散させるために、割り当て超過状態のリソースのあるタスクの期間を延ばします。

  • 作業負荷を減らすために、タスク完了に必要な作業の量を減らします。

  • リソースの稼働時間を変更することによって、タスクの期間を短縮します。

  • タスクの期間を短縮します。特に、タスクがクリティカル タスクであり、プロジェクトの終了日に直接影響を持つ場合です。

  • 稼働時間以外にリソースが作業するようになっていないことを確認します。リソースが作業する時間が通常の稼働時間内ならば、Project の画面にはそのリソースが割り当て超過と表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×