リソース共有元を作成、共有する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

複数のプロジェクトに関わっている場合、自分のプロジェクトを手伝ってもらうための空いている人材を把握するのは困難です。

同じ人物を複数のプロジェクトに割り当てたり、共有リソースをプロジェクトで使ったりする場合は、すべてのリソース情報をリソース プールという 1 つのファイルに集めることをお勧めします。リソース共有元は、割り当ての競合を特定したり、各プロジェクトに割り当てられた時間を表示したりする場合にも便利です。

リソース共有元を作成する

注: Project Professional 2013 を使っていて、組織のリソース共有元にリソースがまとまっている場合は、リソース共有元をさらに作成する必要はありません。

  1. Project 2013 を開き、[空のプロジェクト> [リソース] タブ。

  2. [チーム プランナー] の横にある矢印をクリックし、[リソース シート] をクリックします。

  3. [リソースの追加] をクリックし、既存のリソース情報をインポートします。

新しい人材情報を入力するには、[時間単価型リソース] をクリックし、リソース名と詳細情報を追加します。

新しい人のリソースを追加する

注: Project Server に Project Professional を使っている場合は、エンタープライズ リソースへのアクセスがあります。プロジェクトのバージョンの詳細については、 Project Professional 2013 バージョンの比較を参照してください。エンタープライズ リソースの一覧は、通常、管理者によって管理されているし、各プロジェクト マネージャーは、以下のリソースから、プロジェクトに追加できます。

共有のリソース共有元を作成すると、各共有プロジェクトの情報がこのリソース共有元から送られます。割り当て、単価、空き状況などのあらゆる情報はすべてこの中央の場所にあります。

リソース共有元を使用する

  1. リソース共有元プロジェクトを開きます。

  2. プロジェクト] をクリックして、プールからリソースを共有しますを開き、 リソース>リソース共有元>リソースを共有します。

リソース プールから [リソースの共有] を開く

  1. [指定のプロジェクトからリソースを共有する] をクリックし、[共有元] ボックスで、手順 1 で開いたリソース共有元プロジェクトをクリックします。

[リソースの共有] ダイアログ ボックスのオプション

  1. 自分の (共有先) プロジェクトの情報が競合したときに、リソース共有元の情報を優先させたい場合は、[共有元のリソース情報を優先する] をクリックします。

または

リソース共有元の情報と競合したときに、プロジェクトの情報を優先させたい場合は、[共有先のリソース情報を優先する] をクリックします。

  1. [OK] をクリックします。

これで、プロジェクトのためにリソースを使えます。プロジェクト内のすべてのリソースは自動的に共有元に追加されます。

  1. 共有リソースの一覧を表示するには、[タスク]、[ガント チャート]、[リソース シート] の順にクリックします。

リソース シート

リソース配分状況の情報を扱う

リソース プール ファイルは、現在のプロジェクト (共有先ファイル) ファイルから表示、更新できます。リソースを定期的に更新、表示して、リソースの配分状況とプロジェクトへの影響についての最新情報を確認することをお勧めします。

注:  リソース共有元ファイルを直接編集するには、そのファイルの読み取りと書き込みを行うためのアクセス権が必要です。 それがない場合は、リソース配分状況の表示と、自分のプロジェクトのリソースへの変更のみ行えます。

  1. プロジェクト (共有先ファイル) ファイルを開きます。

  2. 表示されるボックスで [すべてのリソース共有先にある割り当てを確認できるように、リソース共有元を開く] をクリックします。これで、リソース共有元が読み取り専用ファイルとして開かれます。

  3. リソース共有元を共有するプロジェクト間の割り当て状況を確認するには、[タスク]、[ガント チャート]、[リソース配分状況] の順にクリックします。

リソース配分状況を表示する

ヒント: 赤字で表示されているリソース名は、割り当て超過状態のリソースを示しています。

新しいリソース、予定合計時間、作業情報を更新できます。タスクへのリソース割り当ての詳細をご覧ください。

  1. 更新を行ったら、[リソース]、[リソース共有元]、[リソース共有元に変更を反映] をクリックします。

共有先ファイルのリソースを編集した後で、リソース プールを更新する

ヒント: プロジェクトから [リソース共有元に変更を反映] を使用できない場合は、リソース共有元ファイルを読み取り/書き込みモードで開いている可能性があります。リソース共有元を閉じ、閲覧モードでもう一度開いてください。

次の手順

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×