リソース共有元を作成、共有する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

複数のプロジェクトに関わっている場合、プロジェクトの作業に空いている人材を把握するの困難手伝ってます。

複数のプロジェクトに同じ人を割り当てるか、プロジェクト内で共有リソースを使用した場合は、すべてのリソース情報をリソース プールと呼ばれる中央のファイルを 1 つを結合するのに役立ちます。 リソース共有元も、割り当ての競合を特定し、各プロジェクトの時間の割り当てを表示するために役立ちます。

リソース共有元を作成します。

注: Project Professional を使用する組織のエンタープライズ リソース共有元にリソースが存在しない場合は、他のリソース共有元を作成するのには必要ありません。 詳細については、エンタープライズ リソース共有元にリソースを追加を参照してください。

  1. プロジェクトを開く] を空のプロジェクト_gtリソース] タブをクリックします。

  2. チーム プランナー]の横の矢印をクリックし、[リソース シート] をクリックします。

  3. [リソースの追加] をクリックし、[既存のリソース情報をインポートします。

新しいユーザー情報を入力するには、時間単価型リソースをクリックし、リソース名と詳細情報を追加します。

新しい人のリソースを追加する

注: Project Server に Project Professional を使っている場合は、エンタープライズ リソースへのアクセスがあります。 プロジェクトのバージョンの詳細については、プロジェクトのバージョンの比較を参照してください。 エンタープライズ リソースの一覧は、通常、管理者によって管理されているし、各プロジェクト マネージャーは、以下のリソースから、プロジェクトに追加できます。

リソース共有元を作成した後は、共有各プロジェクトの情報は、このリソース プールと、割り当てのコスト単価などのすべての情報と空き時間情報は、この 1 か所でします。

リソース プールを使用します。

  1. リソース共有元プロジェクトを開きます。

  2. プロジェクトを開き、プールからリソースを共有してリソース_gtリソース共有元_gtリソースの共有] をクリックします。

    リソース プールから [リソースの共有] を開く

  3. リソースの使用] をクリックし、[から] ボックスに、手順 1 で開いたリソース共有元プロジェクトをクリックします。

    [リソースの共有] ダイアログ ボックスのオプション

  4. (共有先) プロジェクトの情報と競合を上書きするためのリソース共有元の情報が必要な場合は、[共有元の優先] をクリックします。

    または

    リソース共有元から情報と競合するプロジェクトの情報が必要な場合は、[共有の優先] をクリックします。

  5. [OK] をクリックします。

    プロジェクトのリソースを使えるようになりました。 プロジェクトのすべてのリソース プールに自動的に追加します。

  6. 共有リソースの一覧を表示するには、タスク_gtガント チャート_gtリソース シート] をクリックします。

    リソース シート

リソース配分状況] の情報を操作します。

表示し、(共有先ファイル) 現在のプロジェクトからリソース共有元のファイルを更新できます。 定期的に更新して、割り当てに関する最新情報と、プロジェクトへの影響を取得するためのリソースを表示することをお勧めします。

注: リソース共有元ファイルを直接編集するには、するされます必要がある読み取り/書き込みのアクセスをファイルにします。 それ以外の場合のみを表示できますリソース配分状況と、プロジェクトのリソースを変更します。

  1. 共有先ファイルプロジェクトを開きます。

  2. ボックスが表示されたら、[リソース共有元開くすべての共有先ファイル間で割り当てを表示する] をクリックします。 これは、読み取り専用ファイルとリソース共有元を開きます。

  3. リソース共有元を共有するプロジェクト間での割り当てを表示するには、タスク_gtガント チャート_gtリソース配分状況]をクリックします。 

    リソース配分状況を表示する

    ヒント: 赤で表示されているリソース名は、割り当ての上にリソースを示します。

    新しいリソースには、スケジュールされている場合、合計と、作業時間の情報を更新します。 についてタスクに人を割り当てるします

  4. 更新を加えた後は、リソース_gtリソース共有元_gt更新リソース共有元をクリックします。 

    共有先ファイルのリソースを編集した後で、リソース プールを更新する

    ヒント: プロジェクトからリソース共有元の更新プログラムを使えない場合は、読み取り/書き込みモードで、リソース共有元のファイルを開いている可能性があります。 読み取りモードで [リソース共有元を閉じてから。

リソースの共有を停止します。

プロジェクトでは、リソース共有元とは別のプロジェクト ファイルからリソースを共有する場合は、その他のファイルから切断することができます。 リソース、プロジェクト ファイルには、リソース共有元またはその他のプロジェクト ファイルからのファイルが切断されていますが、リソース共有元またはその他のファイルから他のリソースは廃止されました後に、プロジェクトに残ります。

注: 通常、タスクの割り当て共有先ファイルを切断した後に、 リソース プール内で保持する必要はありません。 ただし、リソース プールからリソース共有元が表示されていないときに、共有先ファイルを切断する場合、または共有先ファイルを切断した後は、リソース共有元を保存しない場合は、割り当てが保持されます。 プールから保持されている割り当てを削除するには、リソース共有元のファイル、およびすべてのタスクの割り当て情報内から共有先ファイルを切断して、は、共有先ファイルに影響を与えずにリソース共有元から削除されます。 リソース プールに残っているタスクが既に場合、は、リソース共有元を共有先ファイルを再接続し、もう一度接続または切断します。

リソース共有元からアクティブな共有ファイルを切断します。

リソース共有元またはに接続されているその他のファイルを使用してリソースを共有すると、作業中のプロジェクト ファイルを切断することができます。

  1. 共有するリソースが含まれるリソース共有元を開きます。

  2. リソース共有元を開く] ダイアログ ボックスで、開いているリソース共有元のリソース情報を変更することの読み取り/書き込み] をクリックします。 保持する点をプールの読み取り/書き込みのアクセス許可が他のユーザーから開いたプールを新しい情報で更新します。

  3. プロジェクトを開きます。

  4. リソース_gtリソース共有元_gtリソースの共有] を選びます。 

  5. 独自のリソースを使用する] をクリックし、[ OK] をクリックします。

  6. 両方のプロジェクト ファイルを保存します。

リソース プールについてください。

リソース共有元を簡単にすると、ユーザーまたは複数のプロジェクト ファイル内のタスクに割り当てられている機器を管理できます。 リソース共有元は、リソースについては、リソース名、予定表の使用、リソースの単位数、およびコスト単価表などを使います。

リソース プールからリソースを使用する各プロジェクトの共有先ファイルが呼び出されます。

ヒント: リソース情報を専用の新しい (個別) のプロジェクト ファイルを作成します。 これにより、簡単にリソース情報と共有先ファイルとリソース共有元のタスクの割り当てを管理できます。

リソース プールを作成する前と後

ボタン イメージ リソース共有元を作成する前に、各プロジェクトには、独自のリソース情報が含まれています。 重複または他のプロジェクトで使用される同じリソースに関する情報も競合この情報の一部可能性があります。

ボタン イメージ リソース共有元を作成すると、各プロジェクトのリソース情報、1 つのリソース プールから取得します。 割り当てについては、コスト単価、およびすべてのリソースの利用可能時間は、1 つの場所に存在します。

ボタン イメージ 複数のプロジェクト間での割り当てが競合する原因リソースの割り当て超過をわかりやすくもできます。

次の手順

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×