リソースを Project Web App に追加する

リソースを Project Web App に追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Project Web App サイトをユーザーと共有すると、そのユーザーをリソースとして追加できるようになります。リソースとは、プロジェクトを完了するために必要な人材、資材、コストです。

リソースを Project Web App のリソース プールに追加するには:

  1. サイド リンク バーで [リソース] をクリックします。

  2. [リソース]、[新規] の順にクリックします。

  3. 新しいリソースの [種類] を次から選びます。

    • [時間単位型] リソースは、プロジェクトのタスクを完了する人材です。

    • [数量単位型] リソースは、プロジェクトを完了するために必要な資材です。 これには、自動車、コンピューター、会議室などが含まれます。

    • [コスト型] リソースは、プロジェクトに関連する費用です。 宿泊費や航空運賃などが含まれます。

  4. プロジェクトの予算管理に組み込むリソースを追加する場合は、[予算] チェック ボックスをオンにします。

  5. 開発業者や請負業者など、総体的なリソース カテゴリを表すリソースを追加する場合は、[標準リソース] チェック ボックスを選択します。

  6. Project Web App でリソースのログオンおよびタイムシートの提出、タスクの進捗状況の入力、またはプロジェクトの表示を許可するには、[ID 情報] セクションで [リソースは Project Web App にログオン可能] チェック ボックスをオンにします。通常これは時間単位型リソースのみに適用されます。

  7. 次のいずれかの操作を行います。

    • [リソースは Project Web App にログオン可能] チェック ボックスをオンにした場合、 [ユーザー認証] セクションで、リソースの名前またはメール アドレスを [ユーザーのログオン アカウント] ボックスに入力します。

    • [リソースは Project Web App にログオン可能] チェック ボックスをオフにした場合、リソースの表示名を [表示名] に入力して、必要に応じて [電子メール アドレス]、[RBS] 識別子、[頭文字] を入力します。

  8. リソースに適した [割り当ての属性] を選択します。使用する属性がわからない場合

  9. 該当する場合は [リソースの部署] を選びます。

  10. [グループ フィールド] セクションで、必要に応じて [グループ]、[コード]、[コスト センター]、[コストの種類] に値を入力します。

  11. [チームの詳細] セクションでは、組織で Project Web App のチームを使っている場合、このリソースに最も適したオプションを選択します。

  12. [保存] をクリックします。

割り当ての属性の詳細について

それぞれのリソースにはさまざまな詳細があり、[割り当ての属性] の下に設定されます。

属性

説明

すべてのプロジェクトの割り当てでリソースの承認が必要 (Project Online と Project Server 2016 のみ)

リソース マネージャーが厳密にこのリソースの時間を管理するには、このチェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスをオンにすると、タスクにリソースを割り当てるには、リソース マネージャーに契約要求を送信して承認を受ける必要がある、という警告がプロジェクト マネージャーに表示されます。

リソースは平準化可能

リソースの作業時間を、プロジェクト全体を通して均一に割り当てる場合、このチェック ボックスをオンにします。

基本カレンダー

このリソースのスケジュールを最も正確に表している予定表を選びます。

既定の予約の種類

リソースがタスクに割り当てられるときにプロジェクトに対して [本予約] されるか、タスクへの割り当てリソースとして [仮予約] されるかを選択します。

タイムシート マネージャー

このリソースのタイムシートを承認する人を選びます。

既定の割り当て所有者

このリソースの割り当てを管理する人を選びます。

最早利用可能日

このリソースをタスクに割り当てることができる最も早い日付を入力します。

最遅利用可能日

このリソースがタスクで作業できる最も遅い日付を入力します。

標準単価

このリソースの標準作業の支払い単価を入力します。

超過単価

このリソースの超過作業の支払い単価を入力します。

現在の最大単位数 (%)

リソースの作業時間のうち、プロジェクトで作業可能な時間の割合の最大値 (%) を入力します。たとえば、各週で 20 時間のみ作業できるリソースがあるとします。この場合、リソースの [現在の最大単位数 (%)] として 50% と入力します。

導入コスト

このリソースに、すべての割り当てに関連付けられたコストが存在する場合、その値をボックスに入力します。たとえば、リソースとして車を追加する場合、この車を使用するごとに支払われる、車に関連した固定のレンタル料金が発生します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×