リソースを割り当てたときに変更された期間または作業時間の値

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

現象

タスクの期間、作業時間、リソースの割り当ては、連結されています。リソースをタスクに割り当てると、 Projectは、そのリソースの使用を完了するためにタスクが実行されるまでの時間を計算します。複数のリソースを同時に割り当てると、 期間は元の見積もりから変更されません。ただし、既に割り当てが設定されているタスクのリソース数を変更した場合、 Projectはこれらのリソースでどのくらいの時間がかかるかを計算し、タスクの種類に基づいてタスクの期間の値または作業値を増減します。 これは残存作業時間を優先するスケジュール方法として知られています。

たとえば、4日間の期間が設定されているタスクが2つのリソースに割り当てられている場合、期間は4日間にとどまり、各リソースに割り当てられたタスクの作業時間は4日です。ただし、2つのリソースを追加した場合、期間は2倍のリソースとして半分になることが予想されるため、継続時間は二日に短縮されます。

リソースが割り当てられていて、残存作業時間に基づくスケジュールを使用する固定期間タスクに追加のリソースを割り当てると、 Projectによって作業値が調整されます。タスクに指定した時間がかかる必要があり、そのタスクに別のリソースを追加した場合、各リソースには作業の合計数が割り当てられません。

タスクの種類の動作については、次の表で説明します。

タスクの種類

単位数を変更した場合

期間を変更した場合

作業時間を変更した場合

単位数固定

期間が再計算されます

作業時間が再計算されます

期間が再計算されます

作業時間固定

期間が再計算されます

単位数が再計算されます

期間が再計算されます

期間固定

作業時間が再計算されます

作業時間が再計算されます

単位数が再計算されます

解決策

期間を以前の値にリセットする

  1. 変更するタスクを選びます。

  2. [リソース] タブで、[リソースの割り当て] を選びます。

    (Project 2007 で、ツールバーの [リソースの割り当て [リソースの割り当て] ボタンの画像 ] を選びます。

  3. [リソース名] 列で、最初に割り当てられたリソースに追加したリソースを選び、[削除] を選択します。

個々のタスクの残存作業時間を優先するスケジュールを無効にする

  1. 変更するタスクを選びます。

  2. [タスク] タブで、[情報] を選びます。

    (Project 2007 では、ツールバーの [タスク情報 ボタンの画像 ] を選択します)。

  3. [詳細設定] タブで、[残存作業の優先] チェックボックスをオフにします。

すべての新しいタスクについて、残存作業時間を優先するスケジュールを無効にする

  1. [ファイル]、[オプション]、[スケジュール] の順に選びます。

    (Project 2007 では、[ツール]、[オプションスケジュール] の順に選びます。

  2. [新しいタスクの作業を行う] チェックボックスをオフにします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×